ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェネシック・ガオガイガー


ヨミ: ジェネシックガオガイガー
掲示板をミル!
125カキコ!

が名はG(ジェネシック)』

 

それは、最強破壊神・・・。

それは、勇気の究極なる姿・・・。

々が辿り着いた、大いなる遺産・・・。

 

その名は・・・勇者王・・・ジェネシック・・・ガオガイガー!!

 

ジェネシック・ガオガイガー

 

ジェネシック・ガオガイガーとは、OVA勇者王ガオガイガーFINAL」に登場した ジェネシックメカノイドであり、究極の破壊神である。


 概要


 「勇者王ガオガイガーFINAL」第6話『が名はG(ジェネシック)』にて登場したジェネシックメカノイドで、ガオフイガーの後継機のように思えるがガイガー(ギャレオン)が本来のガオーマシン合体して、本来の姿に戻っただけである(しかし、登場順で言えばガオガイガースターガオガイガー→ガオフイガー→ジェネシック・ガオガイガーではあるが)。

その性スターガオガイガー(ガオフイガー)をかに上回り、攻撃面では圧倒的な破壊を誇るゴルディオンネイル、ジェネシックボルトウィルナイフ、ブロウクンマグナムを有し、防御面では圧倒的な堅固さを誇るプロテクトシェードやジェネシックアーマー、ジェネシックオーラを有する。
そこに本当の勇気を身につけた凱が搭乗することで、まさに究極なる破壊神と呼ぶに相応しき機体となる。

特に注すべきは触れるもの全てをに変えるゴルディオクラッシャーである(ただし、ジェネシック専用というわけではない)。
その驚異的な大きさと防御を一切視した攻撃はほぼ全てをと化す。このときの檜山氏の熱のこもったは見る者、聞く者全てを熱くさせる。
双方に圧倒的な性が備わり、尚且つ獅子王凱の勇気で「勇者王ガオガイガーシリーズを通しても屈の性を誇る。

よく「ジェネシックガオガイガー」となっているが、公式には間に“・”が入るので注意。


再生の力を止めるもの・・・それは破壊の力


3重連太陽系が機界昇した際に、導者カインは最後の希望を託し、ギャレオン地球へと送る。
そのギャレオンは、ゾンダー(原種)と対抗することが出来る情報サーキットであるGストーンと、ゾンダー核を浄解して取り込まれた人間を救うことが出来るラティオ地球に託したのだ。
しかしギャレオンは本来、ソール11遊星による3重連太陽系再生プログラムに対してのアンチプログラムであり、ゾンダーや原種との戦いでは本来の用途とは違う使い方をしていた。
戦いは終わり、地球立った護とギャレオンは、ソール11遊星が活動を開始していることを知る。そして、動き出したソール11遊星と立ち向かうため、護はソルダートJと共に戦い、そしてギャレオンはGクリスタルの中でジェネシックオーラを充填し、そして勇気を持つもの・・・すなわち獅子王凱を待っていたのである。

ジェネシック・ガオガイガーは地球でのガオガイガーおよびガオフイガーの元になった機体であり、本来のガオガイガーはジェネシックガイガーと五体のジェネシックマシンとが合体する、この機体の事をす。
なので、TV版に出て来るガオガイガーはギャレオンの中に残されていたジェネシックマシンデータを元に製作された三機のガオーマシン合体している。
また、ジェネシック・ガオガイガーの尾部が変形するガジェットツール地球上の技術では小化することが不可能だったため、ガオガイガーハイパーツールとして製作されることとなる。

そのは、Gクリスタルにてジェネシックオーラを充填してこそ発揮され、そのエネルギー理論限。
再生」と「創造」を繰り返すソール11遊星に対し、ジェネシック・ガオガイガーは「」の「破壊」で対抗するのだ。

ちなみに、ジェネシックはあくまで対遊星を想定して開発された機体であり、突発的に誕生したゾンダーに対してはどれほど有効だったのかは不明となっており、一部ではジェネシック状態ではゾンダー相手には致命的に相性が悪いという仮説も立てられていたが、後に脚本家より「そのような設定はない」と否定されている。

推測するにジェネシックはあまりに破壊が高く、ゾンダクリスタルごと破壊してしまうという欠点が存在するため使われなかったというのが正しいだろう。ゾンダクリスタルを破壊すればZマスターが出現することはくなるが、ゾンダーを一斉停止させる術も失うため大量のゾンダーとの消耗戦を制する他なく、幾らジェネシックと言えど戦局を好転させるのは難しい。
これらの事実から、機界昇対策自体はジェネシックマシン含め間に合わせたもののデチューンまでする余裕がく、ジェネシックの戦線投入が出来ない状況に追い込まれてしまった可性が高いと思われる。
実際ファイナルでは、ギャレオンはGクリスタルによる調整を施されているのに対しジェネシックマシンを調整するシーンは一切く、ジェネシック本来の性を維持してることが伺える。


ジェネシック・ファイナルフュージョン


 ジェネシック・ガオガイガーは五機のジェネシックマシン合体する。その合体のことをジェネシック・ファイナルフュージョンといい、BGMは「ジェネシック・ファイナルフュージョン」で、「ファイナルフュージョン」のアレンジとなっている。

ロウクンガオーならびプロテクトガオーがライナーガオーの元になり、スパイラルガオーならびにストレイトガオーがドリルガオーの元となり、 ガジェットガオーがステルスガオーの元となっている。


パーソナルデータ


 完成勇者王ジェネシックガオガイガー 

 通称:『破壊神』『悪魔

 分類 Give me a break.Beyond human knowledge a word "GENESIC"
  訳)破壊をその手に。人知をえた言葉、ジェネシック

 形式 ジェネシックメカノイド
  全高 31.48m
  全長 34.6845.48m(ガジェットフェザー収納時~最大展開時)
  全幅 37.4864.08m(ガジェットフェザー収納時~最大展開時)
  総重量 684.68


 基本装備  


 ジェネシック・ガオガイガーで特筆すべきはその圧倒的な破壊にある。
 に、ガオガイガー必殺技ツールの原となった。


ジェネシック ヘル・アンド・ヘブン


ジェネシック・ガオガイガーの必殺技である。その破壊ガオガイガーではない。
正しくは「ヘルアンド・ヘブン・アンリテッド」である。

ガジェットツールグローブを装着し、左右の腕の「攻撃」と「防御」のエネルギー融合することにより、相手を拘束する電磁竜巻を発生させ、その勢いのまま突撃する技である。
勇気の感情から生まれる限波動ジェネシックオーラエネルギーとするジェネシック・ガオガイガーが放つ必殺技であり、その破壊勇気がある限り限に拡大するチート技。しかしその際に、マントルの中でも活動可で機体を常時保護しているジェネシックアーマーが一部消失する(そこをパルパレーパに狙われる)。

自身の攻撃の衝撃から身を守るためにガジェットツールグローブを装着。右腕に『攻撃』左腕に『防御』のエネルギーを集中。ちなみにこの技は『対全なる破壊』が的なので右腕、つまり『地獄』から発する。これはガオフイガーが初使用した(キレた)時にも確認できる(そんなに護をころs・・・ゲフンゲフン)。
エネルギー融合、つまり両手を結合させた際に電磁竜巻を発生、相手を全に拘束し、突撃する。この電磁竜巻ミラーコーティングでもしない限り外からは侵入できない。破壊の仕方としてはまず相手の装甲を粉砕、相手の体内(傷口)から両腕の限をえるエネルギーを開放し内部から全に破壊する非常にグロい技である。


次へ»
最終更新日: 18/12/06 01:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ