ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェレミー・クラークソン


ヨミ: ジェレミークラークソン
掲示板をミル!
220カキコ!

ジェレミー・クラークソンとは、V12からやって来た情熱に突き動かされているパワー厨である。

概要

フルネームジェレミーチャールズロバートクラークソン(Jeremy Charles Robert Clarkson )は熱き情熱を持ったパワー厨の一面もあるが本業は自動車歴史メインとしているジャーナリストテレビ番組会である。BBCTopGearメイン会として内外において非常に有名である。

1960年4月11日生まれ。身長は6フィート5インチ(195cm)の偉丈夫。体重は16.7ストーン、もとい約106キロ(Clarkson:the Italian Job収録当時)。私生活はマネージャーだったさんと3人の子供がいる。

称はJezzaか単純に苗字クラークソン。

に限らず政府や芸人、マイノリティなどにに衣着せぬ物言いで人気がある一方、彼の言動をよく思っていない集団も多い(特に環境活動家)。ある調では首相になってほしい著名人1位だったりする。

あと番組のチャレンジでよくポリス沙汰に・・・

TopGear以外では英Times誌で自動車レビュー記事(Jeremy's Review)の執筆も行っている。関連項目リンク先から閲覧することができ(有料化されました)、一部は日本語訳されたものが動画としてアップロードされている。
また、このレビュー記事を集めた書籍「Driven to Distraction」は日本Amazonでも1000円程度で購入可次があって探しやすい。

2007年にはNational Television Awardの特別賞を受賞していたり、芸雑誌で変人大賞を受賞していたりと本業以外でも色々忙しく、注されているようである。

TopGearシーズン22の放送期間中にプロデューサーへの暴行により停職処分に。同BBCとの契約を打ち切られTopGearから降ろされることになった。この騒動の差中、TopGearへの復帰をめるオンライン署名に100万人以上が署名した。

そして2016年Amazonプライムビデオにて、「The Grand Tour」がスタートリチャード・ハモンドジェームズ・メイも一緒である。なお、日本語字幕版、吹き替え版ともに視聴可である。


彼とTopGearの関わり


初代トップギア1977年から始まっているが、彼が番組に参加したのは1988年からである。参加と同時にカーグラフィックがお手本にしたであろう普通紹介番組から現行のTopGearフォーマットに近づいていったのは言うまでもない。そしてそのおかげで初代は民的人気を博した。

しかし、他の分野でも経験が積みたいということで1999年に降すると視聴率ががた落ちしてしまい、これが原因で初代は長かった番組生命を終えてしまうことになる。また、番組終了前後のごたごたがFifth Gearの誕生の切掛けでもあった。

そして色々なドキュメンタリー番組の会や文筆業でを付け、2002年現在TopGearメイン会として復帰、2015年まで会を務めた。


パワー厨たる所以と車の嗜好


のいいところは褒め、悪いところはの破壊をもってして示すというちょっぴり過ツンデレでかつある程度は視点でのの批評ができる彼ではあるが、大で速いがないらしく、「番組らしくたまにはスーパーカー以外の大衆の批評をしろ」とプロデューサーから言われてもまったく視してスポーツカーを引っり出してそっちの批評ばっかりしてしまうことも多々ある。

そして運転中、の性奮すると”POWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRR!!!!!!”とよく叫ぶ。

ただ、なぜか嗜好に合っているにもかかわらずRRのポルシェは認められないらしいが、FRポルシェは絶賛しているし、自著のランキングでは911の9962位に推していたりするので実にツンデレおっさんである。

ハイブリッドカーに対してかなり懐疑的かつ嫌悪感を持っており、ことあるごとにトヨタプリウスをけちょんけちょんに貶すことが多い。初代は50口径機関銃文字通りの巣にしてしまい、二代BMW M3とのエコラン競争で敗北させている。ただし、同じハイブリッドCR-Zそれなりに評価しているところから見て、本当に嫌っているのはエセエコロジーとそれにともなう偽善のようである。
また、環境問題をる時には、どのに乗るかということも大事だが、どうを運転するかと言う事もまた重要なのだと折りにつれ触れている。

についても、ブリティッシュ・レイランド暗黒時代クソミソに貶す一方、ジャガーロータスをけなしつつもホメてしまうあたりツンデレ本質が見え隠れする。
ディーゼルエンジンにもそれほど好意的ではなかったが、最近はディーゼル耐久レースバーゼルからブラックプールまでディーゼルで行くチャレンジを経て、やや考えをめた模様である。

自動車行政に限って言えば、自由義者と呼んでも差し支えないだろう。スピードカメラを実現した政治家を褒めたり、交通安全のための間外出禁止を出した政治家スターリン呼ばわりしたりしている。自動運転や種々の環境保護運動に対しても、運転者の自由を奪う動きとして嫌悪を隠さない。ブリティッシュ・レイランドや共産圏の自動車を一切褒めないのは、移動の自由を保する具である乗用車を、移動の自由を制限したがる者達が作ったことへの憎悪でもある…と御託を並べるまでもブリティッシュ・レイランドはクs(略


メーカー毎の評価傾向


ジェレミーの会社・ブランドイメージ全体に対する印50音順で要約。番組内またはJeremy's reviewの評価や反応から読み取ったものなので例外や不一致がある可性があります。そういった点や未記載メーカーに対する具体的な評価を見つけたら加筆修正して下さい。

アウディBMWの対抗。但し同クラスだとBMWに次いで2番手になりがち
アストンマーティン若干遅いが、文句ふつくしい。しかし価格がね
アルファロメオ:すぐ故障したり動かなくなったりするが、そんな細な事はどうでもいいほど素晴らしい
起亜:安かろう悪かろう。最近は見ただけマシになった
シトロエン:乗り心地は流石。ただしフランス製だからUncool
ジャガー:これもサルーングランドアラーの中では乗り心地が良い。最近は見たも良くなった
ダチアNice!(棒)
TVRおそロシア
日本全般:高品質で値段に対して得るものが多く、走りも悪くない。が、内装とデザインは最悪
BMW:価格、性、操作性のバランスが高く押し並べて高評価。でもSUVrubbish
ヒュンダイ:ハッ(笑)
フェラーリ:最近のは電子制御を前面に押し出しすぎ。もっと昔の情熱が欲しい
フォルクスワーゲンエンジンヒトラー以外はイイネ
プジョーm9(^Д^)プジョー!
ブリティッシュ・レイランドrubbish
ポルシェデザインがどれもこれも気に食わない。RRに拘るのも気に入らない
ボルボ:さすがボルボだ、何ともないぜ
メルセデス・ベンツ:大排気量の楽しさはピカ一。POWWWWEEERRRR!! 
ランチア:どれも迷だったが、どれも名だった
ランドローバー:もっとにしろ
ランボルギーニスーパーカーズ・スタンダード。欲しくはないが、かくあるべき
ルノー殺人鬼が乗る(キリッ
レクサスエンジニアリングはともかく、見たがダサい。BMWの方がいい


豆知識



関連動画



■sm5073206[ニコ動]

■sm5073883[ニコ動]
■sm5006472[ニコ動]
■sm5315358[ニコ動]


関連商品


■az0563388714
■az1860513409
■az0563387300

関連項目



最終更新日: 19/08/10 10:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ