ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079


ヨミ: ジオニックフロントキドウセンシガンダムダブルオーセブンティナイン
掲示板をミル!
94カキコ!

ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』は2001年9月6日バンダイより発売されたプレイステーション2ソフト
ジャンルリアルタイムストラテジー

ニコニコ動画タグとしてはジオニックフロント[動]が用いられる。


概要


二次降下作戦0079.3.11)~終戦0080.1.1)にかけて戦場を渡り歩く闇夜のフェンリル隊』を通して、一年戦争におけるジオン軍の前線を描く。

非常に難易度が高いことで知られる。特に木との遭遇戦では、彼の者が『白い悪魔』と呼ばれる所以をまざまざと思い知らされることとなる。

開発はBEC(ベック)の開発チームの一つ、後の『チームアカネコ』が担当。
チームは後にGCゲームソフト機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』を開発している。


センサーを用いた戦闘


異なる特徴を持つ複数のセンサーを使い分け、敵の位置や状態を把握し、戦闘を優位に展開させていくことが重要となる。索敵結果はMSDマルチセンサーディスプレイ)、簡易MAPに表示される。ターゲットとして捕捉できるのはセンサーに反応する対のみ。センサーに引っかからない対ターゲットが表示されず、攻撃することはできない。


登場人物



パイロットごとのMS仕様



ザクⅠ系(初期型、陸戦型、後期型)


マット

鬼軍曹ことマットザクⅠは、何でもありの魔改造機。最終仕様ではジャイアンバズジムシールドヒートサーベルを装備し、強化された装甲はビーム兵器に耐えることが可。各種グレネイドも充実し、一対一の戦闘において類の強さを発揮する。

リィ・スワガー

出渕デザインジオン軍ヘビシールドを装備し、旧ザクとしては不釣り合いなまでに重厚な装甲を備える。一方で火器はマシンガンショットガンのみであり、中~遠距離戦闘への対応は難しい。マゼラアタック支援要請が可支援要請直後にスモークグレネイドを投擲することで、敵の動きを封じつつ一掃することができる。バージョンアップ条件は自機の撃沈という、自己犠牲甚だしい機体。

マニング

リロード革命ライフルに加え、常時センサーを妨する各種ハインドを搭載。更には音・熱抑制装置を備え、ステルス性が非常に高いスナイパー仕様。グレネイド系が一切い為、戦術面にやや制限がある。敵を誘導できるダミーポッドをどこまで使いこなせるかが鍵。

 


ザクⅡ系(F型、陸戦型、後期型)


ル・ローア

アサルトライフル以外に特徴めいたものは伺えない機体。スモークグレネイド持ちだが、煙幕を展開して後ろに回り込むのであれば、マシンガンの方が戦い易いかもしれない。そしてマシンガンを使うのであれば、ル・ローアである必要性は薄い。可もなく不可もなくといった標準仕様

ニッキ・ロベルト

ハインド系があるため、使いこなせば十分エースの素養あり。シールドい為、防御の面でやや不安が残る。最高位の火力を誇るドップ支援要請を使える点も、戦術を広げる要素となるか。ダミーポッド、スモークグレネイド持ち。パイロット自身のは低いものの、機体の汎用性は高い。

シャルロッテ・ヘープナー

一の陸戦止まりだがセンサー強化、センサーポッド、スモークグレネイドと基本は抑えている。それぞれのサポート装備の使用回数も多く、色々と戦術の幅は広い。索敵及びサポート体の機体。実は、機体右側の装甲値がジオン軍MSの中で最も高い。

サンドラ

ザクⅡであるにも関わらず、ビームライフル(試作)を扱うことができる。一方でサポート装備は不足気味。戦としてトロペンとはべるべくもないが、隠密性を図れる点では悪くない。

 


グフ系(先行量産型、B型、カスタム)


ル・ローア

バックステップ距離が長く、視点移動はジオン量産MS中最速。車両の火器程度であれば効化する装甲に加え、切り・突き刺し格闘を使うことができる。基本性は高いグフ系。それでも、火器・サポート装備の不遇により、活躍の場は非常に狭い。ル・ローアグフアサルトライフルが特徴。また、グフ系専用のヒートロッドの使い方次第では、かなりの立ち回りを期待することができる。スモークグレネイド持ち。ハインド系による広域センサーは、別チームとの連携を前提としているといえる。

マニング

武装の関係でとは言い難い、使いの難しい機体。とはいえ、サポート装備はザクⅠに準じて悪くはない。ハインドは広範囲に影し、他チームを隠匿するのに役立つといえる。パイロットの戦術技は高く、ミサイルランチャーの命中精度に期待を残す。

レンチェフ

装甲強化をとする戦闘特化サポート装備は最上位のものが少なく、それぞれの使用回数は多いとはいえない。その為、それぞれのサポート装備の使い分けと、臨機応変の戦術が重要になる。装甲の厚さを利用し、時として押しに頼る戦い方も選択の一つか。防衛的で配置するのであれば、効果範囲の広いフィンガーバルカンも悪くないといえる。

 


ドム系(量産型、フュンフ、トローペン)


リィ・スワガー

ドム系の標準仕様。ホバーによる高機動とスプレッドビームによるスタン効果は、様々な戦況をゴリ押しで突破可。火器がバズーカに限定される為、戦術面では制限がある。ドム系としては足回りが遅く、予備チームの意味合いが強い。ドム特性である移動しながらのバズーカと高速移動を活かし、サポート装備のマゼラ支援と絡めた戦い方をできないこともない。

ソフィ・フラン

マシンガンアサルトライフルバズーカミサイルランチャーと武装は充実している。機としては十分の部類に入る機体。設定にあるMS空手はできないが、突き刺し格闘があるので狙ってみるのも良いかもしれない。あまり気付かないが、索敵がニッキと同等であり、視の視野範囲が狭く、側面や背面の敵に対して反応が弱い。自ら操作するならともかく、操作をせずに置いておくと、簡単に落ちてしまうことがある。持ち前の足の速さから、ダミーポッドで敵を誘導し、素く敵の背後に位置取るといった芸当も可

サンドラ

バー移動にスプレッドビームビームライフルという悪な組み合わせ。突撃は全機体中トップ未装備である点が残念といえば残念。しいて欠点を上げるなら、ユニットが高く、隠密性に欠く辺りか。

 


ザクⅠ(ゲラート・シュマイザー専用)


ゲラート・シュマイザー

シミュレーションでのみ使用可ゲスト機体。火器、サポート装備共に充実しているが、レーダーやスモークがい等、肝心な部分にを残した機体といえる。マットとマニングの中間機的存在。

 


ザクⅡ(シャア・アズナブル専用)



次へ»
最終更新日: 14/04/10 13:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ