ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジオン・ズム・ダイクン


ヨミ: ジオンズムダイクン
掲示板をミル!
63カキコ!

ジオン・ズム・ダイクンとは、アニメ機動戦士ガンダム」と「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の登場人物。

CV津田英三機動戦士ガンダム THE ORIGIN版)


パーソナル


サイド3における独立運動導者であり、内での立場は終始ハトとされ、軍備増強もデギン導したものであり、最期はそのデギンによる暗殺で生涯の幕を閉じた。

外見は年相応。立ひげを生やしており、威厳をもった人物として描かれている。アニメ版におけるシャア回想シーンでは、死を前にしていることを強調するためか白髪である。

庭的には妻トア・ダイクンとの間に二子あり。長男キャスバル・レム・ダイクン、言うまでもなく宇宙世紀もう一人の主人公であるシャア・アズナブルである。長女はアルテイシア・ソム・ダイクン、つまりセイラ・マスである。


略歴


生年は宇宙世紀0009年とされる。幼少~成年に至るまでの経緯は不明だが、少なくとも0040年代には地球連邦議会の評議員に就任していたようだ。諸説あるが、連邦議会に選出されるのは地球に居住権がある者だけであり、政治的にはエリート階級であった可性が高い。

彼が政治生活を始めた時代にはすでにコロニーに移住した人々と地球に残った人々の対立が先鋭化しており、こうした世情背景に0046年にコントリズムと呼ばれる政治思想を発表。これは後述するが宇宙移民者による国家の建設をうたう思想であり、画一的な宇宙移民の支配を連邦政府と議会多数には受け入れられず議会内で孤立化する。0052年に自らの思想を実践に移すべくサイド3に移住し、翌年には首相に就任している。

ここからの彼の主観的描写はアニメ版と安彦良和の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」版で差違があるが、共通した事実として0058年に独立を宣言。ジオン共和名乗り防隊を発足させる。ちなみに、この時に連邦軍駐留部隊の切り崩しに活躍したのが盟友転じて政敵でありのちにジオン公国王になるデギン・ソド・ザビである。

これら一連の行動は連邦の警を呼び起こし、翌年には経済制裁が発動され宇宙艦隊を中心にした軍拡が開始される。0062年には防隊がジオン共和軍に変され、もはや両の関係は修復不可能な段階へと突入する。

軍事的緊経済制裁による大不況(一説には生産が半分近くにまで落ち込んだとされる)、さらには0067年の連邦議会によるコロニー自治権整備法案の案により、ジオン共和内ではダイクンとデギンを二軸に内ゲバが頻発。余波を受けてか0068年にダイクンは急死(暗殺説あり)。2代目首相として後を継いだデギンにより0069年に王制が敷かれ、この体制が作中年代における勢図へとつながって行く。


ジオニズム


ジオンダイクンは、宇宙世紀において最も影を与えたジオニズムの提唱者である。

ジオニズムコントリズムエレニズムの二つで構成された思想である

コントリズムは大きく分けて宇宙移民者による国家の建設を謳う思想である。ジオンとその後継者であるデギンによるコロニー国家建設、サイド3を連邦から接収しザビジオンの復を掲げたハマーン・カーンがその代表例である。Vガンダムにおける宇宙戦国時代にも、宇宙移民者の間で自治権要運動が再燃しているが、それは連邦が以前よりもコロニーの動向に対して関心な事とコロニー間での経済格差によるサイド国家主義からコロニー義へと変遷した結果であり、あまりジオニズムとの関連性は強調されない。

エレニズムは、全人類が宇宙へと移民して地球環境の保全を図るべきとする思想である。ギレン・ザビジャミトフ・ハイマンダイクンの息子であるキャスバル・レム・ダイクンシャア・アズナブル)、マフティー(ハサウェイ・ノア)、ロナ一党、マリア・ピァ・アーモニア、ダーゴル、宇宙世紀物語においての組織の首が掲げる理想にはほぼ必ずエレニズムが関与している。

ジオニズムは、宇宙世紀0105年のマフティー動乱が鎮圧された際に、スペースノイドを対とした思想統制で全てアングラ化したとされる。

ジオン系列の組織は、0093年のシャアの反乱、0096のラプラス紛争、0100年のジオン共和解体と自治権放棄以後は立った活動は鳴りを潜め、0120年代のオールズモビル戦役を最後に確認されなくなる。


ニュータイプ論


ジオンダイクンはニュータイプ論を提唱した。これは棄民政策で宇宙に捨てられた人類の中からその厳しい環境に適用した優れた資質を持つ者が現れると言う予言である。確認された最初のニュータイプジオンのシャリア・ブルだが、連邦側についた多くの主人公パイロット達も幾度の宇宙戦争でこのの一端を覚醒させている。

ジオン本人のは作中ではほとんど伝えられていない。ただし、スニーカー文庫小説では演説や論文と言う形でいくつかの断片が示されている。ニュータイプ論を表した『新人類たちへ』では宇宙開発とその結果がもたらすであろうニュータイプと言う恩恵を「第三のルネッサンス」(第一はから人へ、第二は中世から近代へ)と評し、宇宙移民たちの希望を煽っている。一方、Zガンダム小説版では近代まで「環境が苛酷であるばかりに、人は、一人の権を認めるよりも先に、あらゆる経済的、物質的なものを環境保全に投入し、その余剰を持って個人の保に振り向けるという構造をとった。生きる環境を保全することが第一であって、生き残った上で、個人の権を考慮するという構造」であったとし、環境保全のための宇宙移民をその延長線に捉えると言う。見ようによってジオンの思想にははかなり過全体主義思想も混ざっていると言える。

いずれにせよその思想は宇宙移民を人類社会の中心としたものであり、地球を独占し既得権を保持したままで宇宙を管理しようとしている特権階級の人間、いわゆるアースノイドからすれば到底受け入れられないものであった。

ジオン共和がザビの独裁によってジオン公国となり、ギレンジオンNT論を自分にとって都合の良い思想へとすり替えた結果、NT論はスペースノイドにとっての選民意識の苗床ともなり、ジオン公国やその残党組織によるコロニー落とし等の虐殺行為を正当化する理由になった。

そんなニュータイプ論だが、宇宙世紀0105年以降にジオニズムアングラ化したのと同時に、「ニュータイプ」研究が一時途絶した。

それから18年後の宇宙世紀0123年では、一般市民シーブック、リィズ兄妹の会話ではニュータイプとはパイロット特性のある人だという伝わり方をされていることが分かる。

それから30年後の宇宙世紀0153Vガンダムの時代。ニュータイプは人類の進化すべき形であるとられていたり、やはりF91の時代のように極度にパイロット適性がある人だとも考えられていた。地球生まれ・地球育ちの若干12際の少年ウッソ・エヴィンはリガ・ミリティアの老人たちとの会話でニュータイプ論を以下のように表現している。

ニュータイプ論などは、宇宙移民せざるを得なくなった人類が、自分たちのやっていることを正当化しようとして捏造した考え方だと理解しているのが、ウッソ

環境がちがえば、生物がその環境に適応しようとするのは当然でも、宇宙に進出して年程度で、一つの種が宇宙という環境に適応できるようになることなどありえない

人が持っている大皮質の使われていない部分が、宇宙に出たことによって刺されを拡大して、人はより善きものに転化していくのではないか、そんなロマンチックな発想に支えられたニュータイプ論は結構持て囃されたものだ

機動戦士Vガンダムウッソ・エヴィン  より 18 ウッソの夢から)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 版では


こちらのジオンダイクンは、安彦良和氏の思想を反映して、ギン以上の過激派かつタカとなっている。軍備増強も連邦との対決路線も彼自身が導したものとされる。

頭髪黒髪である。こちらでは0053年のサイド3では議長である。

オリジンではキャスバルを産ませたトア・ダイクンはアトライアという名前がと愛人だったいう設定に変更され、キャスバル出産にはデギンの計らいがあった。

ダイクン暗殺に関する真実も異なっており、あまりの自己陶酔や自己肯定の反動から来る精衰弱であることが匂しており、アニメ版のような人君子像はっ向から否定されている。


関連動画



■sm6431060[ニコ動]

■sm25543907[ニコ動]


関連人物


デギン・ソド・ザビ

ダイクンの心であったがのちに対立。上述のように作品によってその関係の描かれ方は違っている。ただし、どの作品でもジオンと言う国家を守ると言う姿勢は一貫しており、ジオニズムのうちコントリズムには忠実であったともとれる。

オリジンでは「ダイクンの思想だけでも守りたい」と言う心情を吐露する一方、ギレンを晩年のダイクンの狂気と重ね合わせて「ダイクンの亡霊が乗り移った」と評するなど複雑な思いを抱いている様子がうかがえる。

富野由悠季による劇場版シナリオを基にした小説『密会~アムロとララァ』では、デギンダイクンを暗殺したと描写されていて、「この小説ファーストガンダムの”原作”とされるようになるだろう」といった旨があとがきに記されている。とは言え劇場版から時間が経ってから執筆された後付作品なので…

ギレン・ザビ

ギン息子ジオニズムを(コントリズムを前世紀のナショナリズム並に、エレニズムを選民による地球の管理運営に)相当捻じ曲げた上ではあるが実践した人物の一人。
幾人かいる後継者のうちでも最大の大物であり、ダイクンを差し置いてジオニズムの代表者とされる場合も多い。
実際にはジオニズムですら人口削減の具に過ぎず、彼自身は特に思想的なこだわりは有していなかったともされる。

ジンバ・ラル

ギンと並んで心の一人。ランバ・ラル父親である。ダイクンの死後、幼い二人の忘れ形見を連れて地球へと亡命した。ジオニズムシャアに教えたのも彼であるらしい。

オリジンではアニメ版と相当異なった描かれ方がなされており、政権を握ったデギンやザビへの憎しみに凝り固まった人物となっている。デギンによるダイクン暗殺説も彼が遠因とされ、一連の事件の経緯については安氏が直接インタビューで言及している。

キャスバル・レム・ダイクン

長男。のちのシャア・アズナブル。後継者の一人であり、シャアの反乱における将兵への演説ダイクンの名をもって締めくくっている。
ただし、実行に移した行動そのものは痛批判したザビギレンと同じであり、ハトであったダイクンとは逆である。

アルテイシア・ソム・ダイクン

長女。シャア。生来の悲観的性格や自分がニュータイプのなり損ないだと自覚している部分もあってか、ほど積極的に組織の中枢に入り込む姿勢は見られなかった。
であるシャアの過な言動には終始(ファーストからZ、ZZの時代まで)批判的で彼の死を願ってまでいる。


関連商品


■azB001D2CA52
■azB001DDST74


関連コミュニティ


■co223


関連項目



最終更新日: 19/06/07 01:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ