ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジム・カスタム


ヨミ: ジムカスタム
掲示板をミル!
42カキコ!

ジム・カスタム(RGM-79N GM Custom)とは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する人型機動兵器モビルスーツMS)の1機種である。


概要


一年戦争後に開発された、RGM-79ジムの性向上
ノーマルタイプジムが所謂ファーストガンダム量産型であるのに対し、こちらはガンダムNT-1の構造を多分に取り入れており、バックパックや胴体の構造にその名残が見える。
宇宙世紀0083当時の機であるジム改に対し、こちらはエースパイロットに対し配備された。
ジェネレーター出ガンダムに匹敵するだけでなく、スラスター推ジムの倍に達するなど、デラーズ紛争当時の連邦軍の量産型MSの中では最高クラスの性を持つ機体ではある。
ただし、ジムの性向上の機体ということは、裏を返せば『性的に突出した面は少ない』ということでもある。それ故にコウ・ウラキからは『特長がいのが特徴』と評されている。ちなみに、『特徴いのが特徴』は誤り。
相応に量産機としては高コストな機体だったため生産数は多くはなかったが、発足当初のティターンズにおいては、本機のであるRGM-79Qジム・クゥエル機として運用されており、そちらはガンダムMk-ⅡガンダムTR-1といった機体へと生していくこととなる。


兵装


頭部60mmバルカン砲2門、ビームサーベル1振り、90mmマシンガン1挺と当時の連邦軍のMSとしては標準的な物を装備する。ジム・コマンド系と類似する曲面シールドも携行する。
ただし、マシンガンRGM-79Cジム改等で一般的に用いられていた短銃身のブルパップマシンガンではなく、より長身のアサルトライフル然としたものを用いる。ジムライフルとも呼ばれるこの火器はジム改のそれと機関部と弾薬を共通する構造となっているが、長故に高初速/高威が期待できた。
その威デラーズ・フリートが所有する旧MSであれば十分撃破可なもの。

なお、一年戦争当時のジムビームスプレーガンを装備していたにもかかわらず、ジムとして一年戦争中に配備、実践投入が行われているジム改や、戦後運用されているジム・カスタムが実弾武装を兵装としている理由については諸説ある。
この当時のビーム兵器の信頼性が低かったため、ベテランパイロットから実弾武器の方が好まれたとも、ビーム兵器を本格的に運用するために必要な艦内設備の整備が遅れていたためとも言われる。

劇中、ジムライフルセミオート(単発)射撃による牽制と、10発前後のフルオート(連射)射撃による確実な損傷を与えることで多数のMSを撃墜している。予備マガジンを2つシールド裏に装備する。

パイロットであるバニングの戦闘技術に依存するものだが、宇宙空間での脚部スラスターの噴射を浴びせることでビームサーベルりかかったシーマの専用ゲルググMを押し返している(小説版)


劇中での活躍


ガンダム試作2号機奪還のため、追撃部隊として編成されたアルオン隊に3機が配備される。この3機は全身をほぼブルーグレーの単色で塗装されており、通常のジムよりも視認性の低いものとなっている。
それぞれサウス・バニングアルファ・A・ベイトベルナルド・モンシアの乗機となるが、バニング機はシーマ・ガラハウゲルググMとの戦闘中に受けた損傷が原因で帰還途中に大破(小説版ではケーブルの損傷によるスパークが推進剤に着火したことに起因する事故と描かれている。バニングはほぼ即死)

ベイト機、モンシア機はそれぞれ損傷するもののデラーズ戦役を生き延びている。

また、搭乗者不明で登場シーンも僅かではあるが、劇場版Zガンダムにおいてもエゥーゴにより運用される機体の姿が見られる。こちらはカラーリング0083に登場したものとは異なっており、グレーを基調としつつ、胴体の装甲がグリーン塗装されている。


関連動画



■sm2715221[ニコ動]


関連商品


■azB004ANBDG8


関連項目



最終更新日: 14/11/15 14:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ