ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジム・ホール


ヨミ: ジムホール
掲示板をミル!
2カキコ!

ジム・ホール(Jim Hall)とは以下の人物をす。

曖昧さ回避

1.ジェームズ・スタンリー・ホール - アメリカジャズギタリスト

2.ジェームズエリスホール - アメリカエンジニアレーサーシャパラル・カーズの創始者。

3.ジム・ホール - 1872~1875年にブルックリンアトラティックスでプレイしていたメジャーリーガー。二塁手/外野手だったらしいが、時代のせいか出身地不明で投打(右投げ右打ち等)も不明とが多い。

本項では1.について記す。


概要


ジム・ホール(Jim Hall)とは、1930年12月4日アメリカ合衆国ニューヨークバッファローまれのジャズギタリストである。

都会的と称されるサウンドと落ち着いた独特の歌いまわしが特徴的なため、あまりそういうには感じないが、優れたタイム感から繰り出される自由度の高いインプロヴィゼーションや、時に見せるアヴァンギャルドな一面からもわかるように、かなり挑戦的で好奇心旺盛なギタリストである。

ハーブエリスタルファロウ、ウェス・モンゴメリーなどの出現に悩まされるなか、数多くの作品に参加、多くのミュージシャンと共演し影を受けながら、独自のスタイル確立させた。

後進のジャズギタリストに大きな影を与え、現代ジャズギターの原点とも呼べる存在である。

ジャズ専門誌「ダウンビート」の、ジャズ批評家投票ギター部門において第一位に14回も選出されるという最多受賞記録を持っている。


略歴 


1930年ジム・ホール誕生。

音楽一家の下に生まれ育ち、10歳の頃からプレゼントされギターしむようになる。
高校在籍時にはスクールオーケストラに所属し、高校卒業後はクリーブランド音楽院へと進学する。
音楽院ではギター行して、作曲編曲を中心とした音楽理論を学ぶが、
本格的にギタリストとして活動するため音楽院を中退ロサンゼルスへと進出する。
(実は、スクールオーケストラ在籍時からこの頃までベースプレイしていたらしい。)

1955年中古音楽店でアルバイトをしながらクラシックギターを学んでいたところ、
チコハミルトン直々の推薦チコハミルトン楽団に加入、ジャズの第一線で活動するようになる。

1957年初のリーダー作『Jazz Guitar』を録音。また、この頃ソニーロリンズと出会う。

1959年エラフィッツジェラルドの南ツアーに参加、”ボサノヴァ”と呼ばれる音楽と出会う。

1960年エラフィッツジェラルドのライブ名盤『Ella In Berlin』の録音に参加。

1961年兼ねてから交流のあったジョンルイスの仲介でソニーロリンズの作品『Bridge』の録音に参加。

1962年ビル・エヴァンスとのデュオ、名盤『Undercurrent』を録音。
またこの頃、ボサノヴァを知っている関係でサイドメンとしての活動がさらに活発化、
ポールデスモンドソニーロリンズ、アート・ファーマーの作品に参加。

1964年結婚。このため、を長い間けられなくなり長期のツアーをしばらく休止するようになる。
スタジオでの仕事が中心となり、3年半ほどテレビ局トークショーバックバンドに参加する。

1969年実に12年ぶり、第二作リーダー作となる『It's Nice To Be With You - Jim Hall In Berlin』を録音。

1972年ロンカーターとのデュオ『Alone Together』録音。

1975年最も有名なリーダー作『Concierto』を録音。世界的にヒットする。
この頃から、多くのリーダー作品を残し始める。

1980年代に入ってからは、再びロンカータとのデュオで82年『Live At Village West』、84年『Telephone』を発表。
また、ミシェル・ペトルチアーニとウェイン・ショーターとのトリオで86年『Power Of Three』を発表したりと
さまざまな編成で活動する。

そして、1989年All Across The City』でエフェクターシンセサイザーを導入。
それまでのジムスタイルからエフェクターの使用は考えられなかったが、トロンボーン奏者の友人に曲を書いてもらったときに、
楽譜と一緒にエフェクターを使ってくれと言った旨のコメントが付いてきたのがきっかけで使うようになったと本人はっている。

以降1990年代から現在に至るまで、1993年ソロギター作品『Dedications and Inspirations』、
96年新地『Textures』など、新しい試みを盛り込んだ意欲作が多く見られるようになり、若手らとの共演も増え、
老いてなお盛んな姿を見せていた。

2013年12月4日、83歳の誕生日を迎えるが、それから約1週間後の12月10日マンハッタンの自宅アパートでその生涯を終えた。


現代ジャズ・ギターの原点たる要因


ジム・ホール自身が現代・ジャズギタースタイルを作り上げた、現代・ジャズギターの開祖と呼べる確固たる存在であるから

・・・というわけではなく、現代・ジャズギターの代表格であるパット・メセニージョン・スコフィールドらのスタイルにジム・ホールの影が大きく見られ、また、パット・メセニーらがそのことを言していることが、ジム・ホールが現代ジャズギターの原点たる要因といえる。


作品紹介


   ■azB00005M6I6

JAZZ GUITAR

データ

1957年作品 

ジム・ホール(g)、カール・パーキンス(p)、レッド・ミッシェル(ba)   

概要 

ジム・ホール初のリーダー作。

チャーリー・クリスチャンからの影が見て取れる作品。

当時、ジム・ホールは27歳・・・この頃から頭を使って演奏していたことがわかる(アルバムアートワークから)。

  

「Undercurrent

データ

1962年作品

ビル・エヴァンス(p)、ジム・ホール(g)

概要

ジム・ホールが参加した作品の中で有名なものの一つ。

のちにジムは「(ビルには)まるで、私がプレイすることが、すべて予測できているかのようだった、彼は頭の中に私を住まわせているんじゃないか、そんな感じがしたね。」とっている。

   

    ■azB00004VOLQ

   ■azB000056451

IT'S NICE TO BE WITH YOU

データ

1967年作品

ジム・ホール(g)、ジミー・ウッド(ba)、ダニエル・ユメールds

概要

初のリーダー作から実に12年ぶり二枚目リーダー作。

12年の間、様々なセッションに参加し100以上の作品に参加したといわれるジム・ホールは、この作品ですでに独自のスタイル確立させている。

アルバムアートワークネタ性もGOOD!

ALONE TOGETHER」

データ

1972年作品

ジム・ホール(g)、ロンカーター(ba)

概要

2人とも得意とするジャズスタンダードを、相性バッチリに歌い上げた作品。

渋くて暗くて重い、なのにアグレッシブ

 

   

    ■azB000000YQ3

 ■azB000002AGY

アランフェス協奏曲」

データ

1975年作品

ジム・ホール(g)、チェット・ベイカー(tr)、ポールデスモンドas)、ロンカーター(ba)、スティーブガッド(ds)、ドン・セベスキーarr)

概要

参加メンバーがやたらなジム・ホールで最も有名な作品、世界的にも大ヒットした。

一応、ジム・ホールのリーダー作であるが、セベスキー編曲が全部持っていちゃった感じの作品で、イージーリスニング色が強く、ジャズ初心者にはおススメだが、ジム・ホールを聴きたいという方にはおススメできない。

LIVE!」

データ

1976年作品

ジム・ホール(g)、ドントンプソン(ba)、テリークラークdr

概要

ジム・ホールの魅溢れるライブアルバム

暗く美しくそして自由演奏アバーク・ロンビーに通ずるものを感じる。

ジム・ホールをはじめて聴くという方におススメの一枚。

 

   ■azB000BR2OOC

  ■azB00008WI9A

ALL ACROSS THE CITY」

データ

1989年作品

ジム・ホール(g)、ギルゴールドステイン(keyb)、スティーブ・ラ・スパイナ(ba)、テリークラークds

概要

1930年生まれのジムホールが、なんとエフェクターを使用しシンセを起用した驚くべき作品。

これで味をしめたのか、ジムはこれ以降新たな方向性を模索し始める。

     


関連動画



■sm2787643[ニコ動]


最終更新日: 21/08/13 12:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ