ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャイガー


ヨミ: ジャイガー
掲示板をミル!
7カキコ!

「ジャイガー」とは、1970年開された大映の特撮映画ガメラ対大魔獣ジャイガー」に登場し、ガメラを産みつけて孵化させた事と、アンバランスな程に大きな頭部に定評がある怪獣

当初は「怪獣X」と呼ばれ、募により「ジャイガー」と名づけられた。

通称は「大魔獣」。

魔獣:ジャイガー
登場作品 ガメラ対大魔獣ジャイガー
開年 1970
体長/全長 80メートル
体重 200トン
出身地 ウエスター

概要


古代ムー帝国において「悪魔」と呼ばれる石像により封印されていた。

アンバランスな程に大きな頭をもつ四脚で、頭頂部の一本から人間時に化させる高周波「マグネチュー(高周波なのに線とはこれいかに)」を放ち、鼻の両からも正面方向へとのびる二本のからは、唾液を固めた針状のミサイルを発射する。

また、頭部のエラからジェット噴射することで中を高速で移動し、磁を帯びた吸盤をもつ足を持っている。

※しかし着ぐるみ自体は歩く以外はできない程のものだったらしい。(着ぐるみの材質及び重心が頭にあって、後ろ足のひざをつけないようにした為と思われる)

大坂万博の玉としてジョンスンからゴモラの代わりにウエスターの秘宝とされる石像悪魔」が展示される事となり、現地人やガメラの忠告を視して石像を運び出した事から、封印されていたジャイガーが復活した。

ガメラと戦ったジャイガーは、針状のミサイルガメラの手足を貫き、ガメラをひっくり返して「悪魔」を追って日本へと向った。

大阪に上陸したジャイガーは、やっとのことで針を抜いてかけつけたガメラと戦い、尻尾の先にある輸管付きのトゲガメラに突き刺してを産みつけて倒すと言う前代未聞の決着を見た。(この時ガメラに頭をつっこんで身体がくなり、一部は透明化した)

自らを封じる鍵を握る「悪魔」をに投棄することに成功したジャイガーだったが、ここで痛恨のミスを犯してしまう。

ガメラに生みつけたからジャイガーの子供が誕生したのだが、この子供が、人間子供トランシーバーに撃退されたことから

と言うトンデモ理論を元に、高周波を武器とするジャイガーは低周波が弱点であることがばれてしまった。な、なんだってー!

ジャイガーの進撃をくいとめるために防衛隊が設置したスピーカーから低周波を流す作戦を実行しようとするが、ガメラを復活させようとする子供達が、ガメラの体内にはいりこんで大阪市一日分の電を使用した電気ショックを行った事から大規模停電が発生し、スピーカーが役にたたなくなるというコントな展開で、ジャイガーを倒すことは不可能かと思われた。

しかしジャイガーの前に、電気ショックで復活したガメラが現れ、万博会場で二匹は闘を開始した。

ジャイガーのマグネチュー線に苦しむガメラに対して、

の鼓膜をやられてしまう

と言う助言から、

と言う奇抜な手に出たガメラにより、ジャイガーが捨てた「悪魔」をから回収され、額に「悪魔」をつきたてられたジャイガーは倒され、ジャイガーの屍骸はガメラの手でウエスターへと運ばれた。 


関連動画



■sm8083401[ニコ動]


関連商品


■azB0024DGNIO
■azB000UABXI8
■azB00005H0JA
■ysotakaraitiba_GMR1113


関連項目



関連コミュニティ



関連リンク



最終更新日: 09/10/30 01:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ