ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャガーノート・マキシマム


ヨミ: ジャガーノートマキシマム
掲示板をミル!
7カキコ!

ジャガーノート・マキシマムとは、「カードファイト!! ヴァンガード」に登場するユニットカード)である。


スペック


ノーマルユニット
クランスパイクブラザーズ 種族ジャイアント  
グレー:3 パワー11000 クリティカル:1 シールド:なし
【V/R】:他のあなたの《スパイクブラザーズ》の、ヴァンガードリアガードがいないなら、
このユニットパワー-2000
【R】:[SB(1)]このユニットアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットパワー+5000し、そのバトルクローズステップ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

ブラッドボールチームスパイクブラザーズのディフェンシブタックル。
全身に筋強化の改造を施してサイボーグジャイアントとなった。
彼の前に立つ者は、弱者も強者も分け隔てなく粉砕されることだろう。

公式ポータルサイト「今日のカード」[外部]より引用

ヴァンガードカード全集Ⅰでは、「ブラッドボールチーム」が「ギャロウボールチーム」となっている。
後に今日カードで紹介されたスパイクブラザーズユニット設定文では「ギャロウボール」となっているため、褄合わせのために訂正したと思われる。


概要


スパイクブラザーズグレード3ユニット
パワー11000だが、他のスパイクブラザーズユニットがいなければパワーダウンしてしまう。基本的にスパイクブラザーズデッキは統一されるため特に問題ないが、仮にこのカードヴァンガードで、全体除去(あるいは呪縛)効果を受けた場合はパワー9000で相手の攻撃を受けなければならないため窮地に陥ってしまう。

リアガード時、アタックする時にソウルブラスト1枚でパワー5000上げるが、そのバトル終了時には山札に戻ってしまう。他のクランならせっかく場に出したリアガードが山札に帰ってしまうのでデメリットと思いがちだが、スパイクブラザーズリアガードのあいた場所にスペリオルコールする効果を使って連続攻撃するクランであるため、むしろメリットとなり得る。
山札からスペリオルコールする『ダッドリーダン』や、ドライブチェックグレード3が出ればいた場所にスペリオルコールする『将軍イフリート』と、初期でもこれだけのユニットが存在し十分にスパイクブラザーズの柱として活躍した。
6期時点でもライド事故を避けられるサポートカード自然と組みこめる「ライジング」名称のデッキや、Gユニットを利用する「バッドエンド」軸デッキで十二分に採用可。未だに現役のカードである。
注意点として、ヴァンガード時では効果を使えない。

アニメでは森川カツミメインに使用するユニットだが、うまく扱いきれていない。
アニメ第1話で作中に初めて登場したユニットなのだが、森川が使用しているためか、やられ役という非常に情けない活躍しかしていない。
第15話では他のスパイクブラザーズがいないため、パワー9000に下がってしまう描写がされた。
他のファイトでもこんな調子なのだろうか。
30話ではスパイクブラザーズの使い手矢作キョウが使用した。
ファイト開始直後に井崎ユウタ森川に対し「ジャガーノート・マキシマムの出番だな!」と普段まったく活躍できない森川に対し皮を言ったが、この時の森川は理解していなかったようだ。

・・・が、そんな彼も成長したのか、続編『カードファイト!! ヴァンガードG』においてはヴァンガードとこのカードの相乗効果できっちりと波状攻撃を仕掛ける森川が見られるようになった。グレー3馬鹿を貫きながらもこのカードを使いこなす森川の姿に視聴者驚愕した。


関連動画



■1294311657[ニコ動]

■1303456750[ニコ動]
■1312451383[ニコ動]
■1452832823[ニコ動]


関連商品


■azB004SSAXTI


関連項目



最終更新日: 16/01/23 08:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ