ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャッキー・チェン


ヨミ: ジャッキーチェン
掲示板をミル!
198カキコ!

ジャッキー・チェン(Jackie Chan成龍)とは、香港を代表する映画俳優監督スタントマンである。
代表作は『プロジェクトA』、『ポリス・ストーリーシリーズなど。


概要


1954年4月7日香港ヴィクトリア・ピークにて生まれる。
妻は台湾女優ジョアン・リン彼女結婚する前には歌手テレサ・テンと交際していた)、長男俳優ジェイシーチャン

日本語吹き替えを担当する声優どが石丸博也であり、本人役・パロ役問わず「ジャッキー石丸」と言う図式がほぼ定着している(しかもジャッキー本人認)。

監督スタントマンとして自前のスタントチームを編成している。近年ハリウッド流となっているSFXの類をあまり使用せず、リアルな生のアクションよりも映像を美しく魅せることに重点を置くなど、底したプロット作りにも定評がある
それ故にワイヤーや低速度撮影、ジャッキー映画ではおなじみのイス梯子などの小具なども頻繁に使う。ニコニコでは「ワイヤー使ってない」「低速度なワケないだろ」というようなコメが頻繁に流れるが、反論すると「だから何?」と返されるので相手にしないようにしよう。
どれだけ凄いのかはジャッキー・チェン・マイスタントアクションを見れば解かる。

詳しくは後述するが、SFXなんて使わずにスタントを敢行するため幾度とく大怪をし、死に掛けた事がある(というか、大半死んでもおかしくないスタントなのだが…)。

また、ジャッキー・チェンをる上で三菱自動車は外せない。どのジャッキー映画三菱自動車車両提供を行っており(作品によってはコンセプトカーが出てくる場合もある)、プライベートでもチャイナラリー三菱チーム監督をやったり、中国内でのイメージキャラクターになったりと関係は深い。


香港時代


7歳から約10年間、中国戯劇学院(当時はサモ・ハン・キンポーユン・ピョウも在籍)にて劇を学び、学院の閉鎖後、映画エキストラスタントマンを務める。

若手時代はブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』(原題:精武門)などのエキストラや重要なスタントマンとして活躍(ブルース・リー亡き後『ドラゴン怒りの鉄拳』の続編、『レッドドラゴン/新精武門』に役抜されるが日本では劇場非開。なお、この頃のジャッキーの顔はあまりジャッキー映画を知らない人から見ると「誰?」と思うかもしれない)。
その後、ブルース・リーの急逝により香港映画界には彼の二番煎じともいえるカンフー映画が乱発され、そういった中でジャッキーシリアスな役柄を演じることがあったが、大成功には至らなかった。

その反省を踏まえ、ジャッキーハロルドロイドバスターキートンのようなコミカルで明るく、そして自らのキャラを生かしたカンフーアクション制作側に注文し、現在ジャッキーの原ともいえる映画作りをす。これが『スネークモンキー 』など初期のヒット作の誕生に繋がる(余談だが、『~』とその次作『ドラクモキー 酔拳』の監督は、『グリーンデスティニー』『マトリックス』で武術導を担当したユエン・ウーピン)。
これらの作品は日本でも大ヒットし、当時の少年たちにとってはスーパーアイドルともいえる存在であった。そのため、現在30代~40代の男性の間では一種の共通言的に往年の出演作品が話のネタとしてられることが多い。

80年代初期には『バトルクリーク・ブロー』『キャノンボール』でハリウッド進出を果たそうとするが、評価は高まらなかった。
その後、子役(七小福)時代からの盟友、サモ・ハン・キンポーユン・ピョウと共演し、20数メートル時計台から命綱しで落ちるという決死のスタントを行った『プロジェクトA』、同じくサモ・ハンユン・ピョウと共演し、元全プロ空手世界王者ベニー・ユキーデとの対決シーンで有名な『スパルタンX』、暴走バス一本でぶら下がるなど全編ハードコミカルアクション満載の刑事物『ポリス・ストーリー/香港国際警察』などで、アジアだけでなく世界中でファンを増やしていく。

1993年にはなんと北条司の同名漫画原作とした『シティハンター』で冴羽䝤役を演じている。
ファンの間では「ジャッキー一の汚点映画」とも皮られており、作品中にはなぜかジャッキーを含む出演者がゲームストリートファイター』のコスプレで戦うという奇妙なシーンも存在する。

なお、この当時から日本の番組や舞台にも度々出演していた(1993年の「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」、1996年の「吉本新喜劇」など)。


ハリウッドでの活躍


1995年、3度ハリウッド進出をし、当時香港映画最大級の製作費を投じて製作したニューヨークのブロンクスを舞台とする『レッド・ブロンクス』が開されると、全行収入初登場第1位というアジア映画初の快挙を成し遂げ、米国中でジャッキー・チェンブームが巻き起こる。

その後、加山雄三と共演したレースアクションデッド・ヒート』や『WHO AM I?』などの香港映画出演を経て、ハリウッド本格進出作『ラッシュアワー』が開される。『ラッシュアワー』は米国だけで1億4000万ドルものヒットを記録し、ジャッキーハリウッドスターとしての地位を築きあげる。
その続編の『ラッシュアワー2』では前作を上回るヒットを記録。文字通り世界を代表する東洋人ハリウッドスターとなった。
この活躍は同じく香港映画界のスターで、現在ハリウッドで活躍するチョウユンファジェット・リーリー・リンチェイ)の足がかりになったともいえる。

続いてオーウェン・ウィルソンと共演した『シャンハイヌーン』がヒットハリウッドでの出演作が娯楽アクションばかりのため俳優としての評価はあまり高いとは言い難いが、それでもアジアを代表するトップスターであることには変わりはない。


現在のジャッキー


2008年にはジェット・リーとの初共演作品『ドラゴンキングダム』が開される。
また、同年のCGアニメ作品『カンフーパンダ』ではアフレコに挑戦し、往年のジャッキー映画を彷彿とさせるキャラクターを見事に演じている。

2009年の『新宿インシデント』では自身のアクション全封印。新宿歌舞伎町舞台にしているため、日本各地でロケを敢行し、竹中直人加藤也などの日本人俳優も多数出演した。
ヤクザなど裏社会を描いたバイオレンス映画であり、殺人シーンや人体破損シーンがあるため、ジャッキー映画としては初めて映倫によりR-15定の規制を受けた。

2012年、最後の「体をった本格アクション映画」と銘打った『ライジング・ドラゴン』が開される。

ちなみに『酔拳』の続編でジャッキーの後継ともいえるタイ俳優トニー・ジャーとの共演が噂されているが、2015年の時点で音沙汰はなく、どうなるかは不明。

近年では政治的な発言で問題になる事が多いが、それ込みにしても凄い事には変わりはない。


アクションでのエピソード


ジャッキー・チェンといえば身体をったアクションが特に有名である。50歳をえた現在でも自らスタントを行うなど、アクションには底しているのはまさにジャッキーらしいエピソード
また、冗談の類ではなく本当に死にかけたこともある。以下にいくつか紹介する。

また、EDで使われるNGシーンジャッキー映画の魅であるが、これは子供達にマネをしないでほしいためである。ジャッキー自身も、「自身スーパーマンじゃないから怪もする」とっている。

※良い子は真似をしてはいけない。それ以前にできるわけねぇだろ!


関連動画



■sm80142[ニコ動]

■sm9590842[ニコ動]

■sm1835998[ニコ動]
■sm2343864[ニコ動]

■sm30194664[ニコ動]
■sm2033555[ニコ動]


関連商品


■azB002HQOGXC


関連コミュニティ


ジャッキー・チェンに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/12/17 15:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ