ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャミトフ・ハイマン


ヨミ: ジャミトフハイマン
掲示板をミル!
68カキコ!

ジャミトフ・ハイマンとは、TVアニメまたは映画機動戦士Ζガンダム」に登場する人物。担当声優池田勝西村知道アニメ版)。


略歴


生年または前半生は不明であるが、外見上はかなりの高齢である。また、アナハイムエレクトロニクス社会長のメラニー・ヒュー・カーバインとは士官学校同期と言う設定もあり、彼がΖガンダム登場時67歳であることを考えると概ねそれに前後すると考えるのが妥当であろう。

一年戦争時の活躍は描かれていないが、士官学校卒で経済官僚(連邦では上記のカーバイン他、時代は下るがクロスボーンバンガードの隊員のように士官学校卒でも軍務に付かないことはしくない)であったと言う設定から官僚として辣腕を振るっていたと思われ、「C.D.A」では終戦後に対アクシズ政策を決定する会議導する立場であったことが描かれている。

映像時系列上の初登場時は宇宙世紀0083年であり、この時は准将と言う地位にあった。同年に起きたデラーズ紛争では、上ジーン・コリニーと共謀し、デラーズ・フリートシーマ艦隊を地球永住権を餌に買収することに成功。軍内部での権闘争にコロニー落としを利用し、政敵であったジョン・コーウェンを失脚させジオン軍残党狩り的とする特殊部隊ティターンズ」を設立する。この功により順次昇進を重ね、Ζガンダム本編開始時にまで大将に進んでいる。

宇宙世紀0085年、旗下のバスク・オム官がガスにより、反地球連邦政府デモを起こしていたサイド1・30バンチコロニーの住民を虐殺する事件を起こす。これは特にジャミトフの揮があった訳ではないが、事態を重く見た連邦内の反ティターンズレックスフォー准将スペースノイド寄りの連邦兵士を結集しエゥーゴを結成。
両者は同0087年のガンダムMk-II奪取事件を経て、なし崩し的に戦闘へと突入し、連邦は開闢以来初の軍閥同士の内戦(グリプス戦役)と言う事態に陥る。

当初は連邦議会の日和見的な議員や軍内勢を味方につけて「軍権の全権委譲」を受けるなど優位に立つ。しかし、ブレックスフォー准将の暗殺と、彼から後を継いだクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルによる演説首都カールにおける差別とも思える戦闘により民心はしだいにかい離。バスク・オムコロニー落としコロニーレーザー(グリプス2)を使った恫により情勢打開をはかり、この時はジャミトフも条件つきながら追認する。
だが、エゥーゴティターンズの紛争長期化による両者共倒れを狙う第三勢アクシズはグリプス2の発射を阻止(表向きは誤射による部分的破壊)。拠点があったゼダンの門ア・バオア・クー)も破壊され、軍事的衰退と政治的孤立を招いてしまう。

事態打開のためにジャミトフはパプテマス・シロッコら少数の部下を伴って、アクシズの首領であるハマーン・カーンの乗艦グワダンへと交渉に向かう。しかし、会議の席で両首人の暗殺を図ったクワトロ・バジーナと、それを阻止するためにグワダン内でモビルスーツによる戦闘行動を取ったサラ・ザビアロフにより混乱が生じ、その隙をついたシロッコによりハマーンの策略に見せかけて暗殺されてしまう。享年は不明。


人物


TV版では前線をバスクシロッコに委任しているため、思想的な背景まではあまり描かれていない。彼の思想は小説版において開示されている。

端的に彼の人物像や的を示した表現としては、政敵であるブレックスフォーラによる「第二のザビ論む男」と言う揶揄が挙げられる。
これは政治宣伝や単なる罵倒ではなく、実際に彼はギレン・ザビシンパ(もっとも心酔した訳ではなく、侮蔑や嫉妬を伴う同属嫌悪とも)であることを自覚しており、最終的な標は地球環境正常化のために「アースノイドを地球から全に一掃すること」であった。
ただし、ギレン戦争による直接的な人口削減とアースノイドの消滅を図ったのに対し、ジャミトフは戦争による経済的貧窮を地球にもたらし、餓死や宇宙への逃亡・移民を促すと言う方針であったとされる。
また、ギレンの野望においてはアースノイドとティターンズを順次強制移民追い込み、気付いた時にはすでにアースノイドが消滅していたと言うエンドも存在する。いずれも、経済官僚出身であり、連邦の予算権限の相当部分を握っていることを生かした戦術であると思われる。

これら思想と方便はギレン・ザビの影下にあるとはいえ、のちのガンダムUCにおけるフル・フロンタルコロニー間関税同盟による地球貧窮化計画にも通じる。また、コロニーではなく地球を重視する嗜好そのものはVガンダムにおける主人公サイド(つまりは製作サイド)やガイア・ギアにおける地球重視思想にも通じており、この点では時代的にも作品の制作年代的にも卓見であったとは言える。

ただし、経済官僚や政治家としてのの高さとべ、軍事的才と統率は伴っておらずバスクティターンズ過激派暴走を食い止めることが出来なかった。また、デラーズ紛争で見せたように本来は慎重にことを運ぶ人物であったが、部下人事については前述のバスクの他にも重用して自身の命取りとなったシロッコのように、妙に人を見るがなかった節もある。
加えて、敵対組織であるエゥーゴスペースノイドを敵と言うよりは、予算獲得と人口削減のための具として見ており、後半までやや危機感は薄かったようだ。


外見


もっとも若い時期に当たる0083時代から老齢。この時は連邦軍の軍服を規定通りに着込んでいた。頭は後退しているが、のように鋭く描かれている。身長203cmバスク・オムべると立たないが195cmもあり、これは作中でも巨として描かれているヘンケン・ベッケナーと同サイズである。


関連動画



■sm5240515[ニコ動]

■sm20076671[ニコ動]


関連コミュニティ


■co223


関連項目



最終更新日: 19/06/09 01:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ