ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャムカ


ヨミ: ジャムカ
掲示板をミル!
6カキコ!

曖昧さ回避


  1. ジャムカ(Jamuqa ?~1205) 実在した人物 本項で説明する。
  2. ジャムカ(ファイアーエムブレム) 1の人物の名前を拝借した架の人物。

 


概要


2世紀末から13世紀初頭にかけてモンゴル高原(以後、高原と明記)において氏族であるジャダラン氏の長を勤めていた人物(資料によっては『ジャムハ』とする場合もある)。同じモンゴル部でボルジギン氏族のテムジンチンギス・カン)とはアンダ(盟友)の仲であったが、テムジンの牧畜を盗もうとした親族(元秘史ではと明記)がテムジンの隷属配下の者に射殺される事件が起こり両者の仲はの物と化していった。


十三翼の戦い


テムジンと仲たがいしたジャムカはタイチウト氏などの諸勢を取り込み多大な軍勢を率いて圧倒的な武を持って戦った。資料によって勝敗が異なるがこの戦いはジャムカの勝利とする説が有視されている。

戦いに勝ったジャムカであったが戦後処理で捕虜にした将70数名を釜茹でにするという辛辣な対応をしており、それに引いてしまったタイチウト以外のジャムカ側の氏族は次第にテムジン側になびくようになったと言われている。(但し、当時においてこのような処罰ではさして特別でもないので戦利品の分配でジャダラン氏と他の氏族がこじれたからとする説もある)


その後


緒戦をモノにするが先述に記したとおりジャダラン氏の勢に陰りが見え始める。しかしここからがジャムカの本領発揮と言っていいかもしれない。

オン・ハン親子をけしかける

テムジンとの戦いでタイチウト族が滅んでしまい、後ろがなくなったジャムカはケレイト部のオンカン息子であるイルカ・セングンと密会するようになる。テムジンを快く思っていなかったイルカ・セングンはジャムカと意気投合しテムジンの暗殺計画を実行に移すものの看破されてしまう。するとイルカ・せングンはであるオンカンにはっぱをかけてテムジンとの盟約を破らせる。

一時的にテムジンの勢を退かせるのだが、勢を盛り返したモンゴル部に打ち倒されてケレイト部は滅亡してしまった。

タヤン・カンを突き動かす

それでも尚しぶとく反モンゴルを貫いたジャムカは高原西部の最有力部族であるナイマン部の長であるタヤン・カンに共にテムジンと戦うように突き動かす。モンゴル部の勢拡大を恐れたタヤン・カンは利の一致もあってそれを承諾した。

しかし、帰来の臆病者であったタヤン・カンは相手をよく知るジャムカを話を聞くたびに戦意を消失し判断ミスを犯して大敗してしまった。タヤン・カン自身も戦闘で負傷し、それが元で死亡してしまうこととなる。

余談であるがタヤン・カンは16世紀にモンゴル部の勢盛させたダヤン・ハーン(バト・モンケ)と名前が似ているので注意。

それでも尚

ジャムカはさらに高原の北部を支配するメルキト族に逃げ込み、そこでも協を取り付けるが既にケレイトやナイマンといった有数の部族を打ち倒し併合していったモンゴル部の敵ではなかった。


貴人のための……


ついにジャムカはテムジンに捕らえられ処刑された。元秘史によると褒美を期待した自身の部下達に裏切られてテムジン側へ引き渡されたとされる(なおその不忠っぷりにブチ切れたテムジンによって裏切り者達は褒美どころかその場で全員斬首された)。

その処刑方法が「袋詰めにしてそれをで上から踏みつけて殺す」という物で『人のための処刑法』と言われている(当然ミンチよりひでえや)。処刑する際に流れ出る血で大地を汚さない為らしい。

なお、テムジンはジャムカに帰順を訴えたがジャムカが断固として断った為、止むを得ず処刑したと史料に書かれている。


評価


テムジンに負け続けたジャムカであったが、十三の戦いでの勝利や特別な血筋でないにもかかわらず伸し上がった事などから歴史の評価は高く、今も尚テムジンライバルとしてり継がれている。


創作物におけるジャムカ



蒼き狼と白き牝鹿


コーエーから発売されている歴史戦略シミュレーションゲームにおいてテムジンライバルにふさわしい形で登場することが多い。史実どおりに打ち倒すもよし、逆にテムジンを倒すプレイもよし。

秘史 政治 統率 戦闘
ステータス 14

 

蒼き狼と白き牝鹿 政治 戦闘 智謀 歩兵
ステータス 72 83 93

戦闘:機動、突撃
内政:農耕、外交、登用

 


蒼き狼(テレビ朝日) 


いわゆる田中邦衛がボオルチュのアレ。演者は若林

 


蒼き狼 地果て海尽きるまで


いわゆる反町版チンギス。この作品でもジャムカはテムジンライバルとして登場する。演者は平山介。
(以下、ネタバレ防止の為反転処理)

この作品ではジャムカはテムジンの第一婦人となるボルテ幼馴染という設定で登場する。テムジンボルテを争う事となるがテムジンの腕がジャムカより上回りボルテテムジンの妻となるのである。


MONGOL(モンゴル)


いわゆる浅野版チンギス。演者はスン=ホンレイ(孫)。情報む。

 


関連動画


ジャムカに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


ジャムカに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ジャムカに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/04/30 23:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ