ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャムカ(ファイアーエムブレム)


ヨミ: キミガシヌマデウツノヲヤメナイ
掲示板をミル!
35カキコ!

ジャムカ(ファイアーエムブレム)とは、ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場キャラクターの一人である。

クラスボウファイタースナイパー


概要


CV.檜山修之(ファイアーエムブレムヒーローズ)

グランベル大陸西部に位置する蛮族ヴェルダンの第三王子であり、ヴェルダンに攻めてきた主人公シグルドの軍を迎撃する。しかしその本質は二人のけだものとは違い、平和を願う穏やかなものである。

額にあるホクロ?がチャームポイントイケメン

なおヴェルダン戦士したではないため、彼を含むヴェルダンには戦士の血は流れていない。


キャラクターとして


第1章にて初登場。によってさらわれた隣であるエーディンを逃がすといういかにもな『実は味方フラグ』を引っさげて登場する。

当然のごとくエーディンの説得により味方となり、祖国引くことになってしまう。実際にはその時既に父親は暗黒神ロプトウスを信仰するロプト教団の騙し討ちによっての息というご都合主義の為父親をとると言う展開になる。

その後もシグルド軍に付き従い、最後のバーハラの戦いにまで参戦する。その後の行方は不明。

会話があるキャラクターとしては初登場イベントで一緒に登場するエーディン・デューなど。
デューとの会話では若干ぁゃιぃ会話も存在している。
他、エーディンブリギッド人関係になった場合5章で会話イベントを見ることが出来る。


ユニットとして


成長率を見るならばHPが上がりやすく、技が上がりにくい。とは言え初期値で技をある程度持っている上、初期装備のキラーボウが「命中100」というぶっ飛んだ性(他は大体70~80)を誇りジャムカの技の低さを補っている為、その点に気づかないことすらある。

スキルには『追撃』『連続』『突撃』という攻撃回数を増やすスキルが豊富にそろっている。その上使う武器がであるという性質上、射程1の相手に対して射程2の攻撃を仕掛けることが多いため一方的に矢を撃ちまくるがよく見られる。「君がッ!!死ぬまでッ!!射つのをやめないッ!!」とか「自前流星とか言われたり。
手数を稼ぎやすいので闘技場でも非常に強く、アイラと並び安定して勝ち抜き易いユニットである。
うまくいかない場合は必殺が出ることに賭けて乱数調整しつつ何度もやり直すという手もあるが、前線で戦わせ続けていればそこまでする必要もいだろう。

ヴェルダンの神器「キラーボウ」

ジャムカる上で外せないのが初期装備である「キラーボウ」である。

この武器は「命中100」「追加スキル『必殺』」「の中で最軽量」というとんでもない性を誇る。この性のおかげでジャムカの弱点である技の低さ=命中率の低さが全にカバーされ、さらに必殺のスキルを『追撃』『連続』『突撃』と組み合わせることにより必殺を連発しながら敵が死ぬまで矢を射るのをやめないスナイパー完成する。

このぶっ壊れ性を評して、ヴェルダンを除く他のに伝わっている伝説の武器『器』になぞらえ、『キラーボウはヴェルダンと言われることもある。
エーディン人になっていた場合4章で「勇者の弓」を受け取るイベントがあるが、大半のプレイヤーキラーボウを使い込んでいるせいで若干見劣りするため他のユニットに譲ってしまうことが多いだろう。アーダンとかミデェールとか


父親として


HPの成長率が良い事と、『連続』『突撃』という良スキルを持つことから父親となってもそれなりに強い子供になる。
また息子エンディング後、ヴェルダン王位につくことになる。

ただ気をつけなければいけないのは、技の成長率が低いことと、「追撃」のスキルは兵種スキルの為、子供に継承できないことである。そのせいでキラーボウを引き継げない場合は命中率が低くなってしまい、さらに母親側のスキル子供の兵種で追撃スキルがもらえない場合は攻撃回数が安定しない事態が発生する。そうなると、子供の攻撃回数は『連続・突撃で攻撃しまくる』こともある一方で、『一発だけで終わる』可性も考えなくてはならない。
ただし、ジャムカの魔成長率は期待するだけ駄なレベルなため、魔法系の子供父親には向かない。

お勧めとしてはやはり公式ストーリーでお勧めするエーディン、およびそのブリギッドだろうか。
その他のカップリングではアイラがお勧めである。

エーディン
息子レスターが受け継がれ、ラナオウとなる。
レスターは最初の章から登場するため、武器を引き継いでおけばまだ戦っていない前半戦も楽に戦えることだろう。ただし、『追撃』の継承はできないため、レスターには『ついげきリング』が欲しい所。ラナオウは言うまでもく、ラナオウ
ブリギッド
息子ファバルはボウファイターであるため、ジャムカスキルを受け継ぐことで同じような運用が可になる。ジャムカファバル器を乱射する恐ろしいユニットになれるが、技が伸びにくくなるためレベルを上げる際注意。イチイバルは素の命中率が70%な上技も伸びないので終盤のボス相手には命中に不安が残ることも(スキルである程度は補えるが)。
パティは武器が引き継げなかったり追撃がかったりと最初のうちは辛いが、クラスチェンジで追撃が付与されステータスも上がるので、スキルも発動しやすくなり活躍できるようになるだろう。
余談だが、この場合ユングヴィのイチイバルファバルと共にヴェルダンへ渡ることになる。
アイラ
うまく成長率の弱点を補い合い、子供の成長率に隙がなくなる。また、息子スカサハにも連続スキルがつけられるためラクチェに劣らぬユニットになる。
スカサハに武器が引き継げないのがネックだが、スキルと相俟って一戦で仕留めるケースは多くなるだろう。

裏設定他


実はバトゥ王の実子ではなく、バトゥ王の世した長男息子、つまりは孫であるという設定がある。ジャムカ父親世したため血縁上は叔父に当たる二人のの地位がひとつずつ繰り上がり、立場が不安定になってしまったジャムカは祖の養子となったのである。

本来は二人と同じくクラス歩兵となるはずだった。しかし、製作者の思い入れが強くなってしまい、いつしかスキルも大量に追加され、戦士の血が流れていないにもかかわらず、アイラと並び、親世代の強ユニットされるほどの強化が施されている。


FETCG版について


機動歩兵とは大きな開きがある騎兵・飛行兵が強いバランスFETCGだったが、彼は飛行兵に対するメタカードとしての特性を持っていたため出番が多かった。
下級でも致命傷が狙え勇者の弓と組み合わせることで大きなアドバンテージが得られる連続・突撃を持つためそれなりに強いが、特効が強化されるクラスチェンジ後の性は驚異的で、通常攻撃で人気キャラマーニャアルテナも一撃で落とすことが出来た。
ただ、原作同様近接戦では理に前に出過ぎると再移動の踏み台となることも…。
そのため、迫ってきた敵を攻撃に最低限必要となるチップだけ載せて追い返すための使いきりユニットとして用いるプレイヤーも多かった。

ちなみに原作ライバルであるミデェールとの相性は非常に良く、突撃スキル勇者の弓を共有できるためデッキに組み込むのは容易。
同じく突撃が使える上級職、兵を一撃で倒せる火力叩き出せるスワンチカを使えるブリアンマスターナイトとしての他にあらゆる武器が持てるスコピオというライバルもいたが、こちらは汎用性が高い分多くのデッキ人気があったため同ユニットが場に出せないFETCGシステム上一長一短。
5弾以前のルールでは対効化するカード『壊れた武器』を以外受け付けなかったのも強みだった(使用者が多い以外はあまり使われていなかった)。


その他のFE作品



ファイアーエムブレム覚醒


英雄の魔符として登場。初期兵種はアーチャー。いつの間に通信の魔符でマップに呼び出して戦うこともできる他、DLCの「王対王」「対闇」でも敵対勢として登場(王対王 戦編のみ中立ユニット)。
男性ユニットでは通常習得できない「疾風」を持っているため、他の魔符ユニットよりも高い殲滅を誇る。他に魔符で疾風を習得している男性カミュジャファル異界セリスのみと非常に希少。
ちなみにその気になれば原作では扱えないイチイバルも使用可
なお、いつの間に通信の彼の部隊はアーチャー蛮族の混成部隊という、ある意味原作再現な構成。


ファイアーエムブレムヒーローズ


英雄として2018年9月に登場。兵種は歩兵
原作同様キラーボウ(の強化版であるキラーボウ鍛)を持って参戦。攻撃はユニット2位(タクミと同値。ただし錬成できるため上回ることも可)であるため、スキル「剛」及び義「流星」との相性は良い。
また、「相性相殺」を持つため、属性ユニット対策のド定番である相性化+〇〇レイヴンを持った魔道士に対しては多少強い(ただし本人の魔防がかなり低いためダメージは免れないことと、レイヴン対策なら同じ相性相殺持ちかつ魔防が高いヒーニアスという適任者がいるのが…)。


関連動画



■sm7830100[ニコ動]

■nm2894786[ニコ動]


関連商品


■azB000065V6S


関連コミュニティ


■co525


関連項目



最終更新日: 19/02/24 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ