ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャルジャル


ヨミ: ジャルジャル
掲示板をミル!
369カキコ!

ジャルジャルとは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ


メンバー


後藤淳平 (ごとう じゅんぺい)

福徳秀介 (ふくとく しゅうすけ)


略歴


出会いは関西大学第一高等学校ラグビー部。クラスへ帰る方向もポジションも違ったので、当初はど話す機会がかったが、高1のに福徳が合宿の練習試合中に鎖骨折し、監督に「お前一番ヒマそうだから付き添ってやれ」と促されて一緒に病院へ行く事に。合宿地はラグビーが盛んな地域で軽い野戦病院と化した待ち時間を埋めるかのように色々な駄話をする。福徳は喉がカラカラになり後藤に「が欲しいから持ってきて」と頼むが、後藤を探してるフリはしてるが、実際は終始その辺をウロウロし続け看護師もかけられず、いざ水道水を発見しても見て見ぬふりした結果、福徳は脱症状を起こしてしまうも、この出来事をキッカケに2人の距離は一気に縮まった。

お笑いを始めたキッカケは高校から大学までお互い友達どおらず(特に後藤無口な為友達作りや授業のグループ決めにもかなり苦心した)、休み時間は教室にいるのがしんどかった。高校では逃げるように保健室ヘ行っては2人だけで喋ってゲラゲラ笑い合ったり保健室の先生を笑わせる事が楽しくて仕方なくて「たちの職はお笑いなのでは?」と思い始めた事から(高校3年間でクラスは一度も同じにはならなかったが、常に行動を共にし前述の保健室ではベッドの上に座り話していたので周囲にBLなんじゃねぇか?と疑われたりもした)。高2の終わり頃から携帯メールで笑かし合いをしていく内に漫才の台本が出来上がりどちらが面いか競うよりになるが、共に部活漬けでテレビもほぼ見ていなかったが、お笑いで2人して一ハマったのが福徳が持っていたのを後藤に貸したふかわりょうの一言ネタ本だった(後藤は幼い頃から家族の影嘉門達夫が好きで、共にお笑い番組は『吉本新喜劇』も好きで若手時代に憧れの芸人として池乃めだかを挙げていた事もあったが、他の当時流行っていた番組含めてそこまではハマらず内容の意味も深くは理解していなかった)。ダウンタウンが頭を現して以降のお笑い芸人の中ではダウンタウンの影は受けていない異色のコンビでもあり『ダウンタウンのごっつええ感じ』についても「小学生の時に見ていたが当時は意味が分からなかった」と振り返っている。

2002年に共に関西大学へ内部進学と同時にNSC大阪校に25期生として入学コンビを結成。      コンビ名の由来はNSC入学願書を出す前日に福徳も泊まっていた実家後藤の部屋で適当き重視な流れで“ジャルジャル”と“ジョロジョロ”を思い付くが、どっちにしようか決めかねてる内に寝る事になって、寝ながらまだコンビ名を考えている時に「“ジャルジャル”でええか」と決まった(ちなみに2017年8月30日に放送された『水曜日のダウンタウン』にて若手芸200人を対としたアンケート調カッコイイと思うコンビベスト10」では第6位にランクインしている)。                                            NSC入学して半年ぐらいは漫才をしていたが、NSC在学中に出場したM-1グランプリでは1回戦で敗退。その翌日にはNSC内でネタ見せをしなくてはならなかったが、当時はちゃんとした漫才ネタが前述の1本しかないのに1回戦負けしたネタネタ見せするのは嫌だった為、即席で作ったコントを披露したところウケが良かったのをキッカケにコント作りへ傾倒するようになった。

2006年にほぼ名のダークホースとして出場した『オールザッツ漫才』で準優勝を果たし、一躍関西お笑いファンから注の的を集める(放送当時のネットでも話題になり、当時のネット検索ランキングで当時大流行だったノロウィルスのランキングを数時間だけ上回った)。


次へ»
最終更新日: 18/10/17 16:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ