ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャン=フィリップ・ラモー


ヨミ: ジャンフィリップラモー

ジャン=フィリップ・ラモー1683~1764)とは、後期バロック時代のフランスにおける最大の作曲である。


概要


前半生はアヴィニョン、リヨン、クレルモン=フェラン、パリ教会オルガニストを務め、「クラヴサン曲集」の作曲や18世紀のホモフォニック音楽の基礎となる『和論』、『音楽理論の新しい体系』といった著作を記した。

一方で後半生オペラのための音楽を手掛け、名を博す。1752年の「ブフォン論争」においてはイタリア側についた啓義者に対しフランスの旗頭となり、リュリ以来のフランスオペラの伝統を守ったとされる。

このように非常に多岐にわたる活動を行った彼は、クープラン同様近代フランス作曲たちに再び注されていくのであった。


関連動画



■sm9133116[ニコ動]

■nm12990549[ニコ動]
■sm26635664[ニコ動]


関連商品


■azB0000007EE
■azB00005HHVF


関連項目



最終更新日: 17/05/28 02:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ