ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジャン・キルシュタイン


ヨミ: ジャンキルシュタイン
掲示板をミル!
494カキコ!

概要 


 

ジャン!

あんた!自分の部屋ちゃんと掃除したの!?

ババァ!! ノックしろよッ!!







※本当の概要は↓に 


概要


ジャン・キルシュタインとは、「進撃の巨人」の登場人物で、主人公エレン・イェーガーライバル的な存在であり、
ヒロインミカサ・アッカーマンわぬ想いを抱く、思期こじらせて人との信頼を拭い去った少年である。
CV谷山紀章。 

出身はトロスト区。エレン幼馴染3人組と同期104期訓練兵団に入団し、兵士を志す。

立体機動に秀で、兵士としての実も高いが、利己的で独善的な性格。エレンアルミンと違い、「外界への憧れ」 や「人類の勝利」のために兵士になろうとしたわけでなく、憲兵団に入り、より安全な内地で暮らすために訓練兵になった。なおジャンの名誉のために付け加えておくが、本作中では内地勤務の憲兵団は駐屯兵団や調兵団よりも格段に待遇が良く、巨人の脅威からも遠いため、憲兵団入りを人間は少なくない。

感情任せな生き方、楽な生き方こそが至上と考えているため、調兵団に入ることを標としていたエレンに「死に急ぎ野郎」という渾名をつけて嘲っていた。そのためエレンとは事ある毎に衝突を繰り返していたが、意外に負けず嫌いであり、訓練兵時代はエレンライバル視して訓練に励んでいた。

なお、彼がやたらとエレンに食ってかかるのは、彼が想いを寄せているミカサと仲がいいことへの嫉妬も大きい模様。ちなみにミカサには美しい黒髪に一惚れした。

だが物語が進むに連れて、独善的で感情任せな生き方をしてきた彼も成長し、徐々に兵士としての責任・生き方を身につけつつある。また本人はあまり自覚がないが、同期マルコ・ボットからは「人の弱さを知っているジャン揮役に向いている」と評される。


余談



ネタバレ注意。


宿願だった憲兵団所属を前に控えたある日、トロスト区へ巨人の襲撃があり、その戦闘で彼と親しかったマルコが落命してしまう。惨に食い千切られ、ただの塊と化したマルコの遺体をの当たりにしたジャンは愕然とし、人類が置かれた状況、巨人と戦うことの恐怖を初めて思い知る。その後、ジャンは死んでいった同期たちを荼毘に付しながら、マルコの遺えこの世に残せなかった自分のを忸怩たる思いで噛み締める。と同時に、戦わなければならないことはわかっていても、どうしても覚悟できない自分の弱さを痛感する。

そんな彼のに、いつかのマルコの言葉が甦る。

ジャンは・・・」
「強い人ではないから 弱い人の気持ちがよく理解できる」
「それでいて現状を正しく認識することに長けているから」
「今 何をするべきかが明確に分かるだろ?」
「まぁ…もそうだし大半の人間が弱いと言えるけどさ それと同じ線で放たれた示なら」

「どんなに困難であっても 切実に届くと思うんだ」

マルコの言葉で、自分が今何をするべきかを思い出したジャン憲兵団へのを捨て、調兵団への配属を選んだ。

調兵団に配属となり、一皮むけたジャンは、今までの様な自己中心的で打算的な面は形を潜め、冷静な兵士としての面が強調されている。
思い人であるミカサに対しても、エレンへの甘さをバッサリと否定し、エレン本人へ「巨人」の重要性や危険性をめて自覚させるなど、再会したエレンが驚くほどの精性の違いを表した。
その後は外調に参加し、アルミンライナーとともに女型の巨人と接触し交戦。ちなみに、ここで交戦し女型の巨人を引き付ける判断を取ったのはジャンその人である。結果的に、この交戦時のやりとりから、女型の巨人の正体をあぶりだす糸口を掴み、王都での女型の巨人捕獲作戦につながったといえるだろう。


 


関連動画



■sm19536726[ニコ動]

■sm20968892[ニコ動]
■sm20807662[ニコ動]
■sm23292468?[ニコ動]


関連商品


■az4063842762
■az4063844692


関連コミュニティ


ジャン・キルシュタインに関するニコニコミュニティを紹介してください。
できれば綺麗な黒髪腹筋がスゴイ美少女のいるトコ。


関連項目



最終更新日: 14/04/10 22:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ