ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョニー(ギルティギア)


ヨミ: ジョニー
掲示板をミル!
26カキコ!

ジョニー(ギルティギア)とは、、格闘ゲームギルティギアシリーズに登場するキャラクターである。


プロフィール



設定



登場作品


GGXよりプレイアブルキャラとして参戦。

というテーマで組まれたキャラクターである。
また、く間に“J”を描くように切り付ける覚醒必殺技「それがの名だ」は見栄えが良く人気の技の一つ。


GUILTY GEAR X


アークシステムワークス世紀末の1ページ」と名高いGGX。その名に漏れず一番ぶっ壊れた性をしていた時代。
悪名高い“フォルトレスディフェンスキャンセル”の恩恵は少なかったのだが、それ以上に壊れた要素を持っており、

ハメ』はまさに本作のジョニーる性質と言える。
射程短い・弾速遅い・ダメージ飛び道具バッカスサイ)」を当てると、その直後の1度のみミストファイナーがガード不能技となるという性質がある。
これを起き上がりに重ねることが簡単に出来たため、1発コンボされてダウンされれば文字通り仕掛けた側がコンボミスらなければ即死する
後の作品では大幅に発生までの速度が落ちたため、状況次第で不可能になるのだが、本作では“ほぼすべてのコンボからが重ねられる”というとんでもない事態であった。

通常技性も本作の反を活かして弱体化されるほど軒並み威や判定が強く、最近の作品では重量級の味付けがされたジョニーだが、本作は「牽制キャラに即死コンボが内蔵されていた」のである。

それでもキャラランク2位1位ミリア・レイジはもっと起き攻めが壊れてたし、いっこ下のディズィー紗夢は見えない崩し+確定気絶コンボ持ちだったりとホントに世紀末だったのである。


GUILTY GEAR XX


流石にやんちゃの過ぎたGGXの反を踏まえてぶっ壊れた部分はかなり丸くなった。

の発生が遅くなり、すべてのコンボで重ねられることはなくなったものの、「穿牙」を1発だけ当てることでエリアルから確定ダウンが取れることからそのタイミング限定で重ねられる連携が開発されたりと、お手軽ではないが要素として残る。
また、前作から“構え”だけを必殺技キャンセルで発動させることで強攻撃の隙を大幅に軽減させる“構えキャン”も継承しているため、単品では大振りに見える攻撃も、使い手のコマンド速さと精度で大幅に硬直が縮小される。
FRCの実装によりガードバランスゲージが減ってないコンボ序盤に「ディバイブレイド」を当てることでコンボ難度は上がるが火力も相応に上昇する“ディバコン”が開発される。

それらを用いて、ゲージを作りながら立ち回り、一発したらば“ディバコン”を狙い、の「穿牙」からを重ねてマッチポイントを取ってしまうという火力・ガー不・リーチを備えた難解だがロマン溢れるキャラとしてファンを獲得してゆく。


GUILTY GEAR XX -ACCENT CORE-


ミストファイナー」のLv2以降の吹き飛び方が変更され、画面中央でのコンボ火力コンボ後状況が劇的に悪化。
その結果、が重ねられるタイミングが極めて少なくなり、封殺できる状況が減少。結果、キャラ本体のみの崩しの低さに苦しむこととなる。
コンボ火力も新実装キラージョーカー」のFRCを組み込むエリアルでそこそこ善されたものの“ディバコン”ほどの火力の伸びはなく、崩しの悪さゆえにゲージ依存も加速。
結果、ロマン要素を失ったジョニーとして、ロマン要素を愛していたジョニー使いを見限らせる結果となった。

AC+Rではコインの上投げなど、立ち回りにテコ入れが入り、先鋭化の進んだ他のキャラに対抗し得るキャラクターとなっている。


GUILTY GEAR Xrd -SIGN-


残念ながらプレイアブルキャラとしては未参戦となった。
プレイヤーキャラ最後の一スレイヤー紗夢と争っていたらしい。
だが、庭機版ストーリーモードにてまさかの登場。プレイアブル化より一足先にXrdの物語に関わることになる。


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-


Xrd-SIGN-から約一年半。
ついに発表された新作Xrd-REVELATOR-にてジョニーの参戦が確定。発表時にはいくつかの画像も一緒に出され、3Dでも男前な姿を見せた。なお、3Dモデルストーリーから流用できず、フルモデルチェンジして開発費がマッハになったらしい

相変わらずの鋭い通常技とコインによる中距離の強いタイプ
ミストファイナー、削除されたディバイブレイドキラージョーカー穿牙を兼ねる技「ツヴァイハンダー」やコインを増加させる覚醒必殺技トレジャーハント」といった新技の他、ステップをキャンセルしてジャンプ(その場合、慣性が乗る)ができるようになり、スマートに操作性が向上している。
大体の性GGXXに準じるが、PやKを始動に使ったコンボの補正が強めでダメージが伸び悩むようになった。
そのかわり遠SやHS系でのダメージは補正も緩いためで、構えキャンセルくなる高レベル状態でのコンボGGXX全盛期に劣らない。
バッカスサイ」にロマンキャンセルができるようになり、必殺のガー不起き攻めもゲージ次第で可になるなど、まさにテクで伸びるロマンキャラクターが帰ってきた。


関連動画



■sm18792432[ニコ動]

■sm330084[ニコ動]
■sm23525760[ニコ動]
■sm27015662[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/08/03 00:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ