ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョルジュ・ビゼー


ヨミ: ジョルジュビゼー

ジョルジュ・ビゼー1838~1875)とは、19世紀に生きたオペラを中心とした作曲である。


概要


フランスパリに生まれ、両親ともに音楽関係者であったため音楽に親しんだ幼少期を送った。9歳でパリ音楽院に入学し、フランソワマルモンテルシャルル・グノージャックアレヴィらに学び優秀な成績を収めた。17歳にして交響曲作曲した彼は1850年代にイタリア様式のオペラでまずまずの評価を得、1863年「珠取り」でついに成功をおさめた。この後しばらくオペラから離れ、「子供の遊び」など器楽曲を作っていくが、やがて再びオペラに戻っていった。

そんな彼の代表曲がオペラカルメン」である。当時フランスには保守的でグランドオペラを中心に選曲するオペラ座、開放的でオペラコミックを中心的に選曲するオペラコミック座の二つがあった(この二つの違いはセリフにも旋をつけるか否かである)。ビゼーの「カルメン」はこのうちオペラコミック座で初演されたが、結果は酷評。しかしその後30回以上も上演され、ビゼーは33回の上演の際、心臓発作によって37歳で亡くなったのであった。

そしてこの後である。彼の「カルメン」は友人のギローによってグランドオペラ編曲され、大ヒットをおさめるのであった。こうしてビゼーは没後生前とべられないほど高く評価されることとなり、「アルルの女」などほかの曲も認知されていくのである。


関連動画



■sm1236665[ニコ動]

■sm3468386[ニコ動]


関連商品


■azB00N4477SC


関連項目



最終更新日: 17/07/23 16:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ