ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョーカー(バットマン)


ヨミ: ジョーカーバットマン
掲示板をミル!
831カキコ!

ジョーカー(バットマン)とは、DCコミックアメリカンコミックバットマン』に登場する代表的なヴィラン悪役)である。


概要


真っ白な皮膚にカラフルメイクを施したピエロのような顔に、引きつったような笑いを常に浮かべている狂人。代表的な装はスーツオレンジインナー。また、髪の毛緑色である。また、入れ歯であることが多い。 

知略・謀略に長けた鋭い頭と残さの持ちであり、幾度となくバットマンたちを苦しめる。一方で単純な戦闘力は低く、むしろ腕っ節の弱さに定評がある。もちろん常人よりは強いが、バットマンとまともに勝負した場合は大概フルボッコにされる。

原作では1940年(Batman #1)に初登場し、以降バットマンの最最悪の宿敵として同シリーズに君臨しつづける。

町を引っかき回すコミカル悪役から、人々の良心を嘲笑し、これに挑戦する哲学的な狂人まで、幅広い役を持つ。原作コミック映画シリーズなどで設定は一定していないが、外見と性格はほぼ同じ。


原作コミック


会社「エース・ケミカル」化学工場内にて、い筒に頭部を包んだ犯罪者レッドフードバットマンに追い詰められた末に品タンク内に落下。全身に浴びた化学品の影で皮膚が漂され、毛緑色に染まり、発狂した……というのが一応の始まりとされる。というのも、この事件の詳細も含めてそれ以前の出自はシリーズごとに異なり一定していないためで、現在では全に狂っているためジョーカー自身の記憶も曖昧で、もはやにもわからない」というのが定説である。

胸に着けたコサージュからガスを噴出したり、ビックリトランプなどのジョークグッズなどで相手を小ばかにするような戦いをする。手や足から仕込みナイフが飛び出すことも。

異常をきたしており、つまらない世界社会に自分なりのジョークを利かせることを的としている。彼にとって全ての犯罪ジョークであり、バットマンを苛立たせることもその一つ。彼の行動を「偽善」「独りよがり」として嘲笑し、ことあるごとに彼を怒らせる。
が、『バットマンキリンジョーク』では、重いトラウマを負った末、発狂するという「非常口」に逃げ込んだ自分と違い、同様の環境にありながらも精を正常に保ち続けるバットマンに、ある種の羨望の念を抱いている描写もあった。

敵を殺さないというバットマンの信条ゆえ、騒動を起こすたびにバットマンに捕らえられ、アーカムアサイラムに収監されるが、毎回脱走する。


実写版


2011年までに3人登場(2016年開予定の『スーサイド・スクワッド』も含めると4人)。いずれも、かっ飛んだキャラクター実写化するために、かっ飛んだ役者を起用している。

バットマン 66年度版

バットマン3度実写化作品で、テレビドラマコメディアンシーザーロメロが愉快な悪役を演じた。スーツは他のバットマン作品とは違い、赤色に近い明るいワイン色の紫色である。なお、この時ロメロは口ひげを蓄えていたが、特殊メイクによってその跡を隠している。よく顔を見ると、ドーランに塗り込められた口ひげ跡が見える。

名演として名高いニコルソンヒースの陰に隠れがちだが、ジョーカーの狂気とユニークさを非常にオーバーな演技で再現したことを高く評価するファンも多く、ロメロを含めた3人を、『3人のジョーカー』として称えることもある。なお、後に2008年ジョーカーに引き継がれる独特の引き笑いはロメロジョーカーが最初である。

AVGNもとりあげたが、最終話バットマンサーフィン対決を繰り広げる場面が有名。

バットマン(ティム・バートン版)

ゴッサムシティの有マフィアカール・グリソムの右腕であるジャック・ネイピアとして登場。

化学品工場でバットマンと対峙した際、跳弾が自分の顔に当たってしまった上、品で皮膚が漂されてしまう。
何とか生き延び、闇医者に駆け込んだものの、弾のダメージで顔の神経麻痺したことで、真っ白な皮膚で常に笑い続ける不気味な顔になってしまう。これをで見た彼は発狂し、ジャックであることを捨ててしまう。

その後、顔に件のメイクを施してジョーカー名乗りグリソムの前に出現。笑いながら彼を射殺し、さらには町のマフィアたちを残酷な手段で処刑したりしてあっという間に裏社会トップへ登り詰める。

自己顕示欲が強く、バットマンばかりが報道される現状に不満を持ち、"引きつった笑いを浮かべて"死んでしまう化粧品に混入して町にばら撒いた上、現を撒いて人々を引き寄せたところでガスを散布して大量殺人を働くなど、狂気じみた行動を繰り返して町を恐怖に陥れる。

また、バットマン=ブルース人であるヴィッキーをつけ、新たな伴侶として奪い取ろうともした。
最期は、時計の上でヴィッキーを人質に取りつつバットマンと対決。2人を追い詰め、自身はヘリで脱走を図るが、バットマンワイヤーで足と彫像をつながれ、必死梯子に捕まるものの、重さに耐え切れず墜落死した。

狂気を発した後も頭は冴え渡っており、また、芸術方面にも優れた才を持っていた。が、その価値観は独特であり、美術館古典的名画を片っ端から嫌悪した反面、現代美術には肯定的な態度を示した上、ヴィッキーの死体写真にも高い評価をしていた。

実写ジョーカーで、原作の「入れ歯」という設定を再現したのは今作のみ。口から出た途端、勝手にカタカタと笑い出す妙な逸品だった。

演じたのは名優ジャックニコルソンサイコ的な役が多い彼の役者人生の中でもとりわけ異様で、かつの入った怪演として有名。ニコルソン本人もこの熱演を気に入っており、2008年度版バットマンクランクインした際に応じたインタビューにおいて、ジョーカーをどのように演じたらいいか知っている。けれど、(新作バットマンについて)のところには何の話もなかった。単純に言えば怒っている」ライバル心丸出しのコメントをして話題になった。バットマンファンにとってもこのニコルソンの発言は頷けるものだったようで、ヒース・レジャージョーカーを演じると発表された際も、「どうせ彼には及ばないだろう」と半ば諦めかけられていたほど。AVGNも、彼のジョーカーが一番好きだとか。
日本語版の吹き替えデーモン小暮TBS版では大平透テレビ朝日版では内海賢二

月夜悪魔と踊ったことはあるか?」
「今は体中が燃えるような~、熱い思いでいっぱいだ~♪」
「笑いはの長なんだぜ?」 

ダークナイト

重いテーマを湛えた狂人として登場。

従来のジョーカーとはかなり設定が違い、紋・DNAの全てが一切記録されていないの人物で、顔も漂されてるわけではなく、ピエロのようなメイクを自分で(で直接) 施しただけである。がかった金髪である。
常に笑っているわけでもなく、代わりに口から元まで裂けた傷がある。 処刑しようとする相手にこの傷の由来を冗談交じりで教えるのがお決まりであり、「ちいさい頃に飲んだくれのに切り裂かれた」「顔を傷つけられた妻を喜ばせるために自分で切り裂いた」など、彼自身の記憶が錯綜しているために一定しない。

自己の行動に対する一切の善悪基準が欠落しており、全ての犯罪ジョークとして仕掛け、ゲーム感覚で恐怖に巻き込む。が、精異常をきたしているという明確な描写はなく、実際には高いプライドと洗練された頭の持ちである。本人も「イカレてるんじゃない。一歩先を言ってるだけだ」と臆面もなくいている。

非常に残で、自分を侮辱するものには容赦せず、部下も頻繁に使い捨てる上、それ以上に望む的がある限りにおいて自分の命にも全く執着していない。大胆かつ危険な作戦気で取り、正義を掲げるバットマンゴードンデントたちを翻弄する。 ナースコスプレをしたり、鉛筆を使った悪質な手品を披露したりと、悪趣味的なユーモアも持つ。 

しもが必ず抱えている心の闇を抉ることで人を動揺させ、口先三寸で先導したり怒りを煽ったりすることはお手の物。その巧みな手口の前にはさすがのバットマンを忘れて昂し、ハーヴィーデントも悪のへと転げ落ちた。

場当たり的に犯罪を犯しているように見えるが、的はひとつ。それはバットマンの登場により正義の心に覚めつつあるゴッサムシティの人々の心を揺さぶり、化けの皮を剥がすことで「人間しも本心においては利己的で邪悪な存在である」ということを明することである。彼にとってはそれこそが何にも勝る上の喜びなのであり、壊れきった彼の頭に残る一の的であった。その反面、その的とは関係ない銭絡みの犯罪等には一切の興味を示さず、手に入れた天文学的なカネのすべてをその場で焼却してしまうほどである。 

正義を信じるバットマンにとって「正義」の存在そのものを疑わせようとするジョーカーはまさに敵、悪魔そのものであった。事実、彼の度重なる脅迫によってバッドマンは心理的に極限まで追い詰められる。しかし、バットマンとのラストバトル中、彼はゴッサムの人々が正義の心によって自ら死を選ぶ間を撃する。極限状態においても揺るがない善の心を見せつけられた彼はしく動揺し、その隙を突かれてバットマン敗北した。

おこの際、ジョーカーバットマンあんたを殺さない。こんな面おもちゃ他にはいからな。あんたも、そのつまらない独りよがりの正義というのせいで、を殺せない。どうやらあんた永遠に戦う運命だ」と言い残している。 

演じたのはこの作品の完成後、睡眠薬の大量用によって急逝したヒース・レジャーである。この作品で彼はアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞 助演男優賞、英国アカデミー賞 助演男優賞など映画賞を総なめにした。故人のアカデミー賞受賞は、ピーターフィンチ以来32年ぶり2例となる。また、同助演男優賞の中では史上4番28歳と324日)の若さでの受賞となった。

なお、生前ヒースはこのジョーカー役を完成させるため、一かホテルの一室に閉じこもって役作りを行っており、今もなおファンの間ではこの狂気の役作りによる「役への没入」が彼を死に追いやったという説が然と述べられている。この常軌を逸しているとしか思えないヒースの怪演は彼の死後も世界中で大きな話題となり、2012年にはこの作品の完結編である『ダークナイト ライジング』の試写会会場に「ジョーカー」と名乗る男が乱入し、乱射によって多くの命が奪われる大惨事が発生した(オーロラ乱射事件)。この映画現実・虚実にかかわらず々の世界に有の影を残したのである。もともと『バットマン』は、ハリウッドでは「実写化すると必ずスタッフが死ぬ」と言い伝えられる不吉な作品(『バットマンの呪い』)であったが、今作ではよりにもよって演に近い役者が死んだことがこの伝説にありもあしない尾ひれをつける結果となった。

日本語吹き替え版の声優藤原啓治TV朝日版では大塚芳忠

"Why so serious?"
"Very poor choice of words!"(その言葉選びはまずいんじゃねえのか?)
"How about a magic trick?" (マジックはいかが?)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

直接登場はしないものの、ウェイン邸地下のバットケイブに「ただのジョークさ!HAHAHA!」との落書きのあるロビンコスチュームがあり、おそらく過去ロビンジョーカーの手によって殺されたのではないかと推測される。

スーサイド・スクワッド

ジャレッド・レトが扮してメインキャラとして登場予定。原作には同チームジョーカーは加わっていない為、続報がまたれる。

JOKER ジョーカー

本当の悪は笑顔の中にある

アキン・フェニックス演による、DCEUとはまた違ったジョーカー2019年映画で登場。孤独で心優しい男のアーサーが、如何にしてジョーカーへと変貌するのかを描く。

トッド・フィリップス監督とホアキンの怪演が発表当初から話題を呼び、ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門では金獅子賞を受賞するなど、非常に高い評価と行収入を獲得。くもアカデミー賞作品賞などのノミネートにも期待を寄せるが多い。

詳細は単独記事も参照。→ジョーカー(映画)


アニメ


バットマン・ジ・アニメイテッドシリーズ

過去にも数本のTVシリーズが存在しているが、ここではシリアスな作90年代カートゥーンシーンを席巻した本作(TAS)について述べる。バットマン映像化作品の中でも映画を含めて決定版とまで言われる本作において、ジョーカーもまた概ね原作の沿った優れた映像化が為されている。

原作コミックの様々シリーズや時代の入念な研究・再構築が行われた作品であるが、特に悪役としての役柄が広がっていたジョーカーは、エピソードごとに性質の異なった犯罪を行う異常という設定がなされた。
ある時は粗暴な略奪を行い、ある時は入念で抜け犯罪論み、ある時は仮装させた戦車で破壊しTVで放映する劇場犯罪を行い、自分の名を偽者拉致監禁し管怖がらせるなどその行は統一性がなく多岐にわたる。


次へ»
最終更新日: 19/12/10 16:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ