ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョーズ


ヨミ: ジョーズ
掲示板をミル!
22カキコ!

ジョーズとは

  1. "Jaws"=「」。"Jaw"では、の並んだ一つをす言葉であり、上と下が組み合わさったものは"Jaws"と呼ぶ。
  2. 上記単タイトルとした、ピーター・ベンチリー小説。1916年にニュージャージー州で発生、4名の犠牲者を出した「ニュージャージサメ襲撃事件」が元ネタとされている。
  3. 2.を原作とした、スティーブン・スピルバーグによる映画作品。
  4. 3.からはじまる一連の映画シリーズ
  5. 007シリーズに2度登場、その他ゲームにも登場した殺し屋(演:リチャードキール)。名の由来は何でも食いちぎる金属製の義。当初はジェームズ・ボンドの命を狙う悪役だったが、後に一人の少女に落ち、心してボンドを助けるなど、憎めない役どころと強ビジュアル人気となった。

本項では、3.と4.について述べる。


概要


平和海水浴場に現れた巨大なホオジロザメの恐怖と、それに立ち向かう人々の姿を描いた、海洋冒険、アクション、あるいはホラー映画
ホオジロザメ、ひいてはサメ全体のイメージを「恐怖」の徴として定着させてしまった作品と言ってよい。

作品序盤はビーチの客が一人また一人と殺されていくホラー作品として、中盤以降は巨大人食いザメに立ち向かう3人の男の冒険作品として展開する。

中から獲物を見つめるサメ視点背びれだけが上を進んでくる描写、そして無慈悲かつ快に食い殺される被害者達の様子と、サメの恐怖を煽りまくる演出が詰め込まれている。
ジョン・ウィリアムズによる人食いザメのテーマも、中からび寄るサメの恐怖を表現した処刑用BGMとして有名。を楽しく泳ぐ女性を下から巨大なサメが狙っている、というストレートなポスターも怖い。
また、スピルバーグ作品としてはしく、子供残に殺される描写がある。

監督を務めたスピルバーグは当時弱冠28歳であったが、『激突!』に続き、彼の優れた演出が遺憾なく発揮されており、現在も彼の代表作として知られる。
しかし、サメ模型が見るも残な出来であったり、若輩者のスピルバーグの言うことを出演が聞いてくれなかったり(スピルバーグと同年代のドレイファスだけは聞いてくれたらしい)、悲惨な制作状況の中で何とか完成した、難産な作品であったこともよく知られる。
とは言え模型が使えなかったせいでサメ背びれのみで表現した事でかえって恐怖感が増すなど、ラッキーな出来事もあった。

ちなみに、映画作品の方がベンチリー原作よりも圧倒的に知名度が高い。
ベンチリー小説にはあまり手な展開がなく、彼の書いた原作と脚本案の筋書きをスピルバーグが気に入らずに撤回したことで、両者の仲は大変なことになったと言われている。
しかし、ベンチリーは作中にTVレポート役でカメオ出演している。


あらすじ


美しい海水浴場と観光業で生計を立てている東海田舎町・アミティで、サメによる被害が続出する。
町の警察署で署長を務めるマーティン・ブロディ(ロイシャイダー)は、開きを中止すべきだと市長に進言するが、のビーチ観光の収入を失うわけにいかない市長はこれを却下した。
若い海洋学者のマットフーパー(リチャード・ドレイファス)と独自に調を進めるうち、ブロディは、アミティに現れたサメが大きなホオジロザメであることに気付き、より不安を強くする。

そして開きを行った日、とうとうビーチで子供青年が犠牲になる。
市長の頼みを受けたブロディは、フーパーと、凄腕のサメ漁師サム・クイントロバートショウ)と共にへ乗り出した。
しかし相手のサメは、クイントでさえ経験したことのない巨大な怪物であることが明らかになり、3人は次第に追い詰められていく。


シリーズ・類似品


あまりの人気ぶりにシリーズ化され、全3作の続編が作られた。
『2』はスピルバーグが降したものの、ロイシャイダーが引き続き出演、ジョンウィリアムスも楽曲を提供。何より出来が地味に良かったため、人気作品の続編としては異例の、当時でも衝撃的な大ヒットを記録した。
しかし『3』以降の評価と出来はまさに散々。また1作があまりにも偉大すぎたため、ヒットした『2』もそこまで知名度は高くない。ただし『2』の展開は、ユニバーサル・スタジオアトラクションに一部流用されていたりする。

またスピルバーグ製作揮を務めた映画バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2では、2015年世界『ジョーズ19』が作られている。なお監督息子マックススピルバーグ実在人物)となっている。
その後2015年ユニバーサルピクチャーが『バック・トゥ・ザ・フューチャー30周年を記念してニセ予告編制作開。架の5以降は割とやりたい放題な内容となっており、ジョーズがメカになったり家族が出来たり宇宙に行ったりニューヨークに行ったり、だいぶあれこれしていたようである。

本作以降、サメの恐怖を描いたパニックB級映画世界中でどんどん作られた。
サメにやってきたり、にやってきたりといったシチュエーションのほか、古代の巨大サメメガロドンが復活するといったものまでそのバリエーションは多種多様だったが、『ジョーズ』に並び立てる作品は一つもなかったといってよい。一、レニー・ハーリンディープ・ブルーは、新な設定もあって世界ヒットを飛ばし、日本においても知名度が高い。
しかし粗製乱造が続く中、シャークネードなど一周回ってカルト的な人気を博した作品もある。詳細はサメ映画を参照。


ユニバーサル・スタジオのアトラクション


USJをはじめとしたユニバーサル・スタジオには『ジョーズ』をモチーフにしたアトラクションがある。

アミティを回るクルーズに参加するという設定で、客はやけにノリのいいガイドと共にアミティ(※どうみても)へ乗り出すが、なんと人食いザメの襲撃を受ける。客とガイドを乗せたボートはガスタンクのそばや船の収容所などを逃げ惑うが、サメは容赦なくボートを襲いまくる……という内容。

クルーズの結末には『ジョーズ2』の展開が流用されている。


関連動画



■sm13226662[ニコ動]

■sm22693924[ニコ動]

■sm30458278[ニコ動]
■sm13779967[ニコ動]


関連商品


■azB00005LMDI

上記の商品はDVDだが、これではなく、同じ「コレクターズ・エディション」のBDこそが、この作品を楽しむうえではベストソフトである(ニコニコ市場に登録なし)。

「コレクターズ・エディション」のBD版は、画質が良いことに加えて、オリジナルモノラルも収録されている。DVD版などに収録された音は新録版で、特にクライマックスの船のきしむ音や、ブロディのキメ台詞Smile you son of a bitch!」の“bitch!”が消えていたりするため、オリジナルの方がより楽しめる。
また、吹替音も収録されている。

ほかに廉価版や通常版などが多数リリースされているが、吹替が入っていなかったりするので注意。


関連項目



最終更新日: 18/03/10 22:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ