ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジンオウガ


ヨミ: ジンオウガ
掲示板をミル!
1514カキコ!
モンスターハンターのモンスター一覧 > ジンオウガ

ジンオウガとは、カプコンゲームモンスターハンターシリーズに登場する牙種のボスモンスター
漢字表記は雷狼竜、略称はオウガ、ジンオウなど。別名「無双の狩人」。
テーマ曲は「なる

名前は恐らく速く、しいことを意味する「(じん)」に「王+牙」や人などを意味する「Ogre」が組み合わさったモノ
上位武器では名前に「王牙」の文字が付くが、ただ単に当て字の可性もある。

弱点は氷属性や火などもある程度有効。

ジンオウガ

概要

[画像を見る]
ジンオウガ
別名
原種 雷狼竜
亜種 獄狼竜
二つ名
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

モンスターハンターポータブル3rdを代表するモンスターで、パッケージにも描かれている。

元々は霊峰と呼ばれる地に住んでいたが、何らかの要因により移動。ユクモ村付近の渓流に出没するようになったため、村は湯治客の減少に悩まされ、ギルドハンター派遣を要請する。これがモンスターハンターポータブル3rdストーリーで、派遣されたハンターこそがゲーム主人公である。

クモ地方に訪れた多くのハンターがジンオウガに戦いを挑んだが圧倒的なパワースピードで、悉く返り討ちにされてしまった。この事から、一時は「人間の勝てる相手ではない」と言われ、無双の狩人という異名を持つようになった。

ジンオウガは強な放電や強に発達した四肢、尻尾などを武器にし、ハンターを攻撃してくる。
その放電はによるもので、戦闘中のようなものを集めているのはそれである。
を集め、帯電状態に、帯電状態からさらに集める事で全身に電気った帯電状態となり、素さや攻撃が格段に上昇、使う技も変化する。ちなみに、同じくを原理とするシビレに掛けると上記の動作と同じ処理がされているのか通常時、帯電状態では1段階進行し、帯電状態では全く利かない。

実はこの帯電状態中にジンオウガを転倒させると、あみを使って背中から活性化したであるが採取が出来る。
帯電状態は何度か攻撃を繰り返し、何度か怯ませると解除できる。

なお、牙種というのはMHシリーズ通じてもジンオウガのみであまり正体が分かっていないらしい。

部位破壊が出来るのは、、前足、背中尻尾は2段階破壊なので注意。また、背中は破壊は出来るが破壊報酬が存在しない。背中報酬は達がおいしくいただきました

全ての攻撃が発生がいが、判定も一でのため、しっかり回避して攻撃を繰り返すというハンターの基本を再認識させてくれる。

MH3G

MH3Gにも引き続き登場。今作では亜種(後述)も登場する。MHP3rdほどではないがシナリオ進行にも少し絡んでくる。村と港の上位・G級で戦う事が出来、下位には存在しない。G級では雷狼竜の玉より入手しづらい雷狼竜のが登場。G級のジンオウガ素材から作られる防具の製作や武器の最終強化で必ずと言って良いほど要されるため、全ハンターが血眼になって探す。

なお、MH3Gではチャージ時に首を大きく上に動かす事から頭を叩きづらくなっている。また、帯電状態のグラフィックが美しくなっている。

MH4

MH4にも登場。行動パターンが大幅に見直されており、頭突きから尻尾の振り下ろしに繋げるような連携攻撃を数多く行使してくるようになっている。何より前脚の連続叩きつけ攻撃のホーミング性はかなり増しており、さらにこれが上位個体となると前脚にもう一度エネルギーをチャージしてからその脚を叩きつけるという新たな戦法も追加されている。

MH4G

4Gに登場するG級個体はさらに叩きつけ攻撃の勢いがダイナミックなものになっている。ところが、それより恐ろしいのは4Gにて新登場したいわゆる“極限状態”のジンオウガであり、この状態だとジンオウガの攻撃と防御の度合いが大幅に変化。さらに弾の挙動と性質も通常とは異なっているなどめちゃくちゃ戦いにくい難敵と化している。

MHF-G

2015年5月8日にジンオウガが牙種というカテゴリごとMHFに導入されることが発表、同年のG8アップデート実装された。
一時の盛り上がりであったが、コンシューマ(以下CSモンスターMHFへの参戦は7年ぶりでプレイヤーを驚かせた。

挑めるランクHR5(旧100)となっており課金をし始めた人でもすぐに戦うことが出来るようになるが、G級ではクエスト受注にGR100が必要になっており、G級昇格からある程度クエストをこなす必要がある(実装当初はGR500から)。
インフレしいMHFではCS産のモンスターがそのまま登場しても地味立たない存在になってしまうことを鑑みて、一般のG級モンスターの頂点と肩を並べるほどの大幅なパワーアップがされてる。
また、本家MH2の分であることからターン制の伝統を残すFでは3以降のモンスターは敬遠されていた(海竜種についてもFオリジナルモンスターターン制アレンジされている)が、その点がイビルジョーを除き善されている。

MHFオリジナルフィールドである樹海に登場するが、このフィールドMHP2Gに登場したことでCSシリーズユーザーにも知られているだろう。
正式開前から絶対防御や根性、元気のみなもとを貫通してハンターを即死させるニフラム」と呼ばれる攻撃(元祖はガルバダオラ)がネットカフェ大会で開されていた。
この技は一定体25%)ごとに帯電状態である場合に使用し、ジャンプからの着地後に広範囲にを飛ばし本体を中心とした範囲内に大放電を行うというもの。
放電が始まった間に範囲内にいると打ち上げられ中でスリップダメージを受け上述のようになる。
対処としてはガード不能で判定が長いためフレーム回避も不可、緊急回避であれば躱せるもののタイミングはシビアということで範囲外に離脱するのが基本。
発動条件があり予備動作のジャンプは特有のモーションなのでG級のジンオウガ戦ではこの技を意識しつつ戦っていきたい。
このニフラムだけでなくほかにも2010年実装デュラガウア剛種からMHFモンスターが標準装備している、一撃ハンター麻痺させ二撃で追撃する根性潰しお手から生する打ち上げ根性貫通コンボを持つ。
その他にも数が大幅増加した弾やを発射しつつ行うタックルなどの既存技の強化、放電を伴うボディプレスキリン特異個体のような瞬間移動と見紛う速突進といったオリジナル技と多な攻撃を繰り出してくる。
CSのジンオウガに慣れれば慣れるほど苦戦するという全く別物の存在になっており、運営じきじき魔改造という言葉を使っているほどである。
前述の通りものによっては当たれば即死のしい連撃を繰り出しつつ、理不尽さはなく確実に対処することで反撃できるというMHFらしい仕上がりとなっている。

また、同時に属性やられも導入されており、対策では【大】、耐性10で【小】に軽減、20効化という段階があるが、気絶しやすくなるという効果は変わらない。
秘伝書の耐性UPやラスタを用いれば対策は容易。

HR5の時点ではCSの面影が残っているため倒しやすいが、元気のみなもとが使えない分人によっては剛種よりきついかもしれない。

武器は元のシリーズに存在する11種はそのまま導入されMHF-Gオリジナル武器種である穿龍棍オリジナル武器として追加、スラッシュアックスも後に実装されたオリジナル武器種のスラッシュアックスFとして実装されているので全武器種が存在。
武器というカテゴリに属し、シジルと装飾品をどちらも装着できるほか装備するだけで食い効果が発動する。
の方も他のG級武器に劣らない強属性武器となっており、ある意味有名なヘビィボウガンも実用的な性に調整されている。
防具はMHP3ノーマル及びSシリーズデザイン
こちらも遷防具のカテゴリに属し、1部位装備するだけで属性攻撃強化【大】が自動発動する。

ちなみにジンオウガの参戦でMHFMH3世代に新登場した格のモンスターが全て出うことになった。

極み吼えるジンオウガ

MHF-G9.1に実装されたジンオウガの強化個体。
2014年実装の至征伐戦以来MHF-Gではお染みとなる、G級最前線向けのやりこみモンスターという位置付けになる高難易度クエストとして「無双襲撃戦」というイベント2016/3/17から配信された。

2015年末にもイビルジョーの強化個体が同様の高難易度という位置付けで配信されており、そちらが2頭クエストだったのに対して1頭でも2頭と同等の難易度とされた。

リオレウス希少種のようなという見たになっており、最初から帯電状態で解除は一切されない。
また、これもMHFではお染みだが体50%を切ると覚醒状態に入り更に強化される。

このイベントではチールGシリーズという防具の素材を入手可であり、素材が非確定だが撃退で済む「静寂切り裂くは、霹靂鼓動」と、5部位分の素材が確定するが討伐定であり達成が非常に困難な「乱れ穿たれし、饗演の幕引き」、という2クエストが存在する。

攻撃面ではミドガロンのような瞬間移動を繰り返し怒濤の連続攻撃で保護スキルアイテムを貫いてくるのが特徴。
また、既存のG級個体から更に技の生が増えており、麻痺を含む攻撃も多い。
このため、スキル出の対策に加えて僅かな挙動から技の生を見切り対処、かつ反撃することがめられる。
とはいえ撃退クエストでは攻撃G級個体と大差ないため単発の被弾で即死することもほぼなく、撃退でいいので覚醒状態から少し削ればクリアとなり、制限時間も20分と余裕があるのでMHF-Gの最前線で戦ってきたG級ハンターであればそこまで難しくない。
(初回配信時は前週の不具合の補償で全ハンター狩人応援コースが付与されていたこともある)

問題は討伐クエストのほうであり、こちらは高い攻撃で繰り出される怒濤のコンボ攻撃に加えて、耐久がとても高いためクエストの成功率はかなり低いものとなった。
(このクエスト課金コースの効果や元気のみなもとが効)
具体的に言うと通常個体がHP27200/全体防御率0.4、撃退個体が27000/0.25のところを、27000/0.05である。
これを他のコンシューマシリーズMHでざっくりと表現すると、「MHP2GG級ラオシャンロンの14倍のタフネスと即死攻撃を備えた全で暴れ回るジンオウガを狩ってこい」という話になる。
更にクエスト時間は10分であるため手数が足りずに時間切れ、もしくは時間がかかるために集中が途切れてコンボに被弾し3というのが失敗パターンだったようだ。

モンスターの挙動自体は悪くなかったようで撃退クエストそれなりに好評を博したが、討伐クエストに関しては高難度の実現方法がイビルジョーと似たような方向であり、そちらの項に詳しいが同様に評判は芳しいとは言えないものとなった。
その後もこういった高難易度クエストは追加されており、それと同時にこの極ジンオウガのクエストも配信されている。
最初に述べたようにモーション自体は好評であったこと、ハンター側がこういった高難易度クエストに慣れアップデートを経て火力スキルが更に充実していっていることから現在はまた違った評価を受けている。

実装初期は「様子見しようと思ってエリアに入り、気が付いたら(自分が)死んでいた」「撃退だけは出来たが討伐は出来ない」というハンター諸氏でネ実本スレが溢れかえり、YouTubeに初の討伐動画アップロードされたのは実に実装から3日後のことであった。

雷光虫との関係について

前述の通り、ジンオウガはを使って自身のを飛躍的に高めているわけだが、なぜ自分とはまったく異なる種である生物を利用することが出来るのか。それはジンオウガととの間に相利共生(異なる生物同士が互いに生活することで、どちらも利益を得る共生のこと)の関係が築かれているためである。

は発電する性質を持ち、外敵に対してその発電を使って攻撃を行う。しかし彼らの敵であるガーグァはクチバシが絶縁体となっており、放電効化されてしまうため、一方的捕食されてしまうのだ。

そこで彼らは敵に襲われないために、逆にガーグァ敵であるジンオウガと共生することで自分の身を守っているのである。ジンオウガ自身もを身体にわせることでを強化出来るメリットがある。ジンオウガと共生している彼らは何らかの作用により活性化していて、通常のとは色も異なる。側の利益が大きすぎる気がしないでもないが、この2種の関係は現実生物学的に見ても相利共生といえる。


次へ»
最終更新日: 17/09/22 14:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ