ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジンバブエ


ヨミ: ジンバブエ
掲示板をミル!
109カキコ!
基本データ
正式名称 ジンバブエ共和国
Republic of Zimbabwe
国旗
国歌 ジンバブエの大地に祝福を[動]
公用語 英語
首都 ハラレ(Harare)
面積 390,757k世界61位)
人口 1380万人(世界72位)
通貨 RTGSドル

ジンバブエZimbabwe)とは、アフリカ南部、内陸部に位置する国家である。

概要

正式名称は「ジンバブエ共和国」。面積日本よりやや大きく、人口は東京都よりやや多い。

2000年代、長期間にわたった独裁政権により経済治安混乱し、前のハイパーインフレーションが発生した。一時期は一人当たりのGDPが1900ドル世界最低準、民の3割がHIVに感染していたことにより寿命もわずか36歳(2006年WHO世界保健報告)と世界最低であった(2019年現在は約62歳まで回復している)。

歴史

12世紀頃に東部にマプングウエ王が成立、その後13~14世紀にはグレート・ジンバブエという王が支配した。現在首都ハラレから南方300kmにグレート・ジンバブエ遺跡が残っており、世界遺産定されている。現在名もこの王と遺跡から取られている。

15世紀にはいるとグレート・ジンバブエは衰退し、代わってモノモタパ王・トルワ王という2つの王が栄えた。16~17世紀にはポルトガルによる侵略を受けるもこれを撃退。この頃には多くの地方首長が分立していた。

1888年にセシルローズによって南アフリカ会社の統治下におかれた後、第一次世界大戦後からイギリス植民地支配を受けた。戦後白人による支配が続き、1965年に成立したローデシア共和白人導のもと人種差別政策を推し進めた。

黒人による独立運動1960年代から起き、ローデシア政府ソ連中国支援する反政府の間で「ローデシア紛争」とよばれる独立紛争が起こるまでに発展。1979年に旧宗イギリスによって調停されるまで紛争は続いた。

1980年に調停に基づいて行われた総選挙の結果、ジンバブエ共和国が成立。独立解放運動導したカナーン・バナナロバート・ムガベがそれぞれ初代大統領首相に就任した。1987年大統領制に移行、首相職は止され、ムガベが第2代大統領の座に着いた。

当初は黒人白人の融和政策を推進し際的にも評価されていたムガベだったが、政権の長期化にしたがってコンゴ兵(1999)や白人農場強制収用(2000)など強権的な政策をとり始め、独裁色を強めていく。その結果としてジンバブエの経済治安はほぼ崩壊状態となり、「世界最悪の独裁国家」とよばれるまでになった。

2008年頃からは治安の悪化に伴う衛生環境の劣悪化からコレラが大流行。4000人以上がコレラ死亡する事態となった。また、いっとき失業率は推定94%民の半分以上が食糧不足の状態にまで陥った。

2008年9月ムガ大統領率いるジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)とモーガンリチャード・ツァンギライ率いる野党民主運動MDC-T)のあいだでジンバブエの危機的状況を解決するため連立政権を立する合意が交わされ、ツァンギライが首相に就任することが決定したが、閣僚メンバー与野党配分について合意に至らず、実際にツァンギライが首相に就任したのは2009年2月になってだった。しかもこの後もメディア規制・弾圧や不当逮捕などムガ大統領の独裁体制は維持され、合意事項の施行すら滞るなど連立政権は機不全に陥った。2010年12月頃まで、ムガベは「『西側の制裁』が解除されない限り、残り全ての民間企業を収容する」とのを続けている。

2010年にはアメリカの外交専門誌『フォーリン・ポリシー』が世界独裁者を特集、ムガベを「世界のひどい独裁者」第2位ランク付け(1位北朝鮮金正日書記)、「殺人暴君」と称した。

2013年に制定された新憲法のもと同年行われた大統領選挙では、ムガベが61%の得票率で再選。得票率が34%と伸び悩んだツァンギラ首相は与党側による暴力行為や脅迫おこなわれた不正選挙だと非難し、法廷での決着を。また民主運動が新政権に参加しないことを表明した。これにより再び単独政権となったムガベ政権は、公務員を倍増させるなど腐敗政治を強め、汚職や輸入規制がはびこり、失業率は80%えた。

2014年ムガベは齢90を迎えてなお独裁体制を維持し続け、2018年に予定されていた大統領選挙への立補も表明していた。しかし流石に高齢のため、後継補としてグレースムガ大統領夫人とムガベ第一の側近エマーソン・ムナンガグワが注されるようになった。2014年11月ムガ大統領夫人が与党女性局長推薦された一方、ムナンガグワは翌12月に第1副大統領名され、与党内を二分しての両者の対立が深まった。

大統領選を翌年に控えた2017年11月6日ムガベがムナンガグワを第1副大統領から解任。忠心に欠け信頼できないとの理由であったが、直前にムガベ夫人が大統領職を引き継ぐ用意があるとスピーチしていたことなどもあり、ムガベ夫人への権移譲の準備と見る向きが広まる。これにムナンガグワを支持していた防軍が反発。窮地のムナンガグワは中国に脱出したが、防軍トップチウェンガ官がムナンガグワ解任を受け入れないことを表明、場合によっては防軍が介入することも示唆した。

それから約一週間後の11月15日ムガベの私邸付近でが鳴りき、首都ハラレ内でも複数の爆発音が発生した。軍によるクーデターが囁かれたが、防軍が営放送局ジンバブエ放送(ZBC)を占拠し、「事態はクーデターではなく、大統領周辺の犯罪者達に対処する作戦」であると放送にて表明した(最も世界的には事実上のクーデターとみなされている)。国家権限を握した防軍によりムガベは自宅軟禁下におかれ、19日には与党代表を解任された。ムガベは翌年の選挙まで大統領の地位にとどまることをしたが、21日に議会で弾劾手続きが開始され、同日辞表を提出。37年間にわたる長期政権に幕を下ろすこととなった。なお、政権を追われたロバート・ムガベ2019年9月95歳で死去した。

後継の大統領にはムナンガグワが就任。チウェンガが第1副大統領防大臣に就任するなど軍関係者が重用された一方、野党関係者の入閣はなかった。

2018年、ムナンガグワはEU米国選挙監視団を受け入れておこなわれた大統領選挙50.8%の票を獲得して再選した。一方で同選挙では暴徒化した野党支持者に軍が発し6名が死亡選挙不正や虐殺はびこるムガベ政権下で長く要職にあったムナンガグワの政権下でも、ムガベ同様の強権政治が危惧されている。

ムガベ独裁とハイパーインフレーション

2008年7月16日、ジンバブエ中央銀行総裁は年間インフレ率が220%に達したと発表した。2008年10月現在には年間インフレ率が2億3100万と報じられ、1946年ハンガリーで起きた20桁以上のインフレーションを除けば第二次世界大戦後で最悪のインフレーションとなった。「ジンバブエ・ドル」の記事も参照。

何故このような事態になったのか、ムガ大統領就任以降、現在に至るまでの流れを以下に簡単に示す。

このように、ムガ大統領のとった過度な黒人重視政策や、経済悪化に際しての致命的な失策混乱を招いたといえる。こうした事態に、国連安保理で欧からジンバブエ政府非難および経済制裁、国連介入などが提案されたが、中国ロシアアフリカなどによって否決されている。

2009年2月与野党連立政権の立を機にIMF代表団による調を依頼。新政権首相で前最大野党所属のツァンギライ議長は「当面約50ドル経済再生に必要で、特に20億ドル早急な注入が肝要」と強調するも、3月25日、IMFに「健全な政策の提示および以前の債務済までは融資しない」と突っぱねられた。なお、そもそもその債務未返済により、ジンバブエはIMFから除名されている。

2009年2月からは外貨経済全移行、ドル南アフリカランドユーロ、英ポンド、ボツワナ・プラが法定通貨に制定された。2014年には人民元インド・ルピー、ドル日本円が追加されている。外貨経済移行後はジンバブエ・ドルの発行は全にストップ2015年にはついに止された。

2014年末、少額取引用の「ボンドコイン」を政府が発行開始。2016年にはボンドノートという小額紙幣の発行を開始した。当初はドル等価交換できるとされたが、通貨としての裏付けが薄く実際の市場ではドルより価値の低い扱いを受け、ボンドは実態に合わせた切り下げを余儀なくされた。2019年2月にはボンドを統合するかたちで暫定通貨RTGSドル」(通称ゾラ―:zollar)が導入され、6月に法定通貨に制定。これにともなってジンバブエ政府ドルなど外通貨の法貨としての利用を停止、ジンバブエの自通貨復活した。しかし、依然財政状況の良くないジンバブエ政府中央銀行が発行する通貨に対する不信感からRTGSドルは下落を続け、再びかつてのようなインフレが起きることが危惧されている。

関連動画


■sm6238106[ニコ動]

■sm4698401[ニコ動]
■sm4749663[ニコ動]
■sm33652955[ニコ動]

関連商品

■az4591021548
■%E8%9B%AE%E8%B3%8A%E3%81%A9%E3%82%82%20%28%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB%29

(左)独立直後のまだ希望にあふれていたジンバブエが舞台ノンフィクション作品。
(右)同様に独立直後のジンバブエを舞台として描いた小説

関連項目


次へ»
最終更新日: 21/01/16 20:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ