ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジークフリード・キルヒアイス


ヨミ: ジークフリードキルヒアイス
掲示板をミル!
284カキコ!

ジークフリード・キルヒアイスSiegfried Kircheis 帝国4671月14日帝国488年9月9日)とは、田中芳樹原作小説OVA銀河英雄伝説」に登場する帝国軍人であり、主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムの半身。そして「Mein Freund(が友)」。

ラインハルトに対する忠心」「帝国軍人としての功績」「個人戦闘」の全てに優れ、特に人格者としては作中最高レベルの人物ともが認める存在ながら、常にラインハルトを引き立て、時に諌め、弱者の視点を大事にし、明正大なままラインハルトの為に散った「正義の人」であり、帝国軍側の人物では主人公ラインハルトぐ一番人気キャラである。

ジーク、あなたはもっと自分を評価すべきですよ。にははあります。たぶん、ほかのにもない才が。でも、ジークはあなたほどおとなではありません。自分の脚の速さにおぼれて断崖から転落するのような、そんなところがあります。これはが生まれたときから知っているわたしだから言えることです」

「どうか、ジーク、お願いします。ラインハルトが断崖から足を踏みはずすことのないよう見まもってやって。もしそんなきざしが見えたら叱ってやって。はあなたの忠告ならうけいれるでしょう。もしあなたの言うこともきかなくなったら……そのときはも終わりです。どんなに才があったとしても、それにともなう器量がなかったのだとみずから明することになるでしょう

アンネローゼ・フォン・グリューネワルト

旗艦は「バルバロッサ」。

石黒監督アニメ銀河英雄伝説」での声優広中雅志(※「」のみ子安武人) 。
Die Neue These」での声優梅原裕一郎(幼少期は藍原ことみ)。

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

正義の人


を見ておいでですか、閣下

銀河英雄伝説主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとは、少年時代からの友人であり、

と評される程の温和で人当たりが良く、苛果敢で敵をつくりやすいラインハルトと周囲の調整役や、有事の護衛を担当し、ラインハルトは後に、

たとえ全宇宙が私の敵になろうとも、キルヒアイスは私に味方するだろう。

と言い切る程の刎頚の友な仲だった。

外見は、

と作中で記されている通りの赤毛と、ラインハルトよりも7cm高く副官として従うのに最適な190cm長身、そして温厚さを現すやかな顔が特徴的である。

ラインハルトへの忠心以外にも、

といった幼少時から実と人望を兼ね備えていたほか、

と言う公式チートを持っており、キルヒアイスのみが携帯をゆるされる場が多かったのも、射撃の腕前で幾度もラインハルト危機を救った事や信頼感からだったと言える。

ラインハルトの幕僚としても、明正大で清廉潔、弱者を救済し、失敗した者にはチャンスを与えるべきという(ビッテンフェルトミュラーは足を向けて眠れない程の)精的にも完璧超人であり、ラインハルトが特別扱いする事を、オーベルシュタインを除く幕僚全員が認めていた(と言うか気にしない)という扱いをうけていた。

では、ラインハルトさま。あなたが怒っておられるのは、ビッテンフェルトの失敗に対してですか。
私にはそうは思えません、ラインハルトさま、あなたのお怒りは、ほんとうはあなた自身にむけられています。ヤン提督に名をなさしめたご自身に。

また、オーベルシュタインなどラインハルトに意見・進言する人物は幕僚の中に何人もいたが、諫言出来る人物はジークフリード・キルヒアイスのみと言われた。「ヴェスターラントの惨劇」後には、知りながらも虐殺を止めず弱者を見殺しにしたラインハルトに対して正面からその行動を諌めた清廉潔さが、逆にパウル・フォン・オーベルシュタインの唱えたナンバー2不要論に火をつけてしまったとも言えるのは皮である。

温厚篤実さは、戦闘力を失った敵に降伏を促したり、自軍の兵卒にまで心を配り、被害を最小限におさえようとする等戦術にも垣間見え、逆にマクシミリアン・フォン・カストロプの様な「やってはいけない事をやってしまった」人物に対しては、苛な攻撃を加える「帝国軍一怒らせてはいけない人物」としても描かれている。

また、くから同盟軍のヤン・ウェンリーの実を見抜いており、ヤン・ウェンリーと会談した後(OVA版)には、 

正直、掴みかねております。
恐ろしいほど自然体で懐深く、恐らくは今回の作戦も見抜いているかと。  
いずれにせよ、敵としてこれほど恐ろしい相手を知りません。
しかし……友とできれば、これに勝るものはないかと。

ラインハルトにその評価をっている他、寡兵で戦うヤン・ウェンリーについて、

彼には彼の不満がありましょう。
何故自分は、ことの最初からローエンラム伯と対局できないのかと。 

とその遇に対する感情をっている。

ヤン・ウェンリーもまた

的にもラインハルトの分身である。

と高く評価していた。

こうした「覇者の最高の友」であったジークフリード・キルヒアイスだが、そのチートを発揮した期間が原作小説では2巻まで、OVAは第一期までであり、読者人気も高かったにもかかわらず序盤で死んでしまった事については作中の人物そして読者からも惜しむが大きく、原作田中芳樹も、本編最終巻の後書きで「く殺し過ぎた」と自らの失敗を認めている。

※但し、田中芳樹としてはヤン・ウェンリー同様途中で死ぬ事を決めていた人物であり、ウォルフガング・ミッターマイヤーナイトハルト・ミュラーダスティ・アッテンボローの様に最終回を迎えたり、フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトオリビエ・ポプランの様に田中芳樹の魔の手を逃れたりすることはかったと思われる。

尚、銀河英雄伝説ハンドブック(徳間デュアル文庫/2003年刊行)及び銀河英雄伝説辞典(創元SF文庫/2018年刊行)に収録されたインタビューでは、初代担当者の金城孝吉が田中芳樹に対して「2巻でキルヒアイスを殺してくれと頼んだ。理由は帝国側のラインハルトと同盟側のヤンのバランスを取るため」と述べている。


来歴  


というのは、消えた名もないぼしの涙なのかもしれませんね。

帝国4671月14日ゴールデンバウム王に勤める下級官吏のに生まれる。

ラインハルト・フォン・ローエングラムより4ヶ先に誕生している。

で善良なやごく一般的な家族と暮らしていたジークフリードに転機が訪れたのは、10歳の時に隣に引っ越して来た没落貴族ミューゼルアンネローゼ」と同い年のラインハルト」との出会いからだった。

初対面のラインハルトから

ジークフリードなんて、俗な名だ。
キルヒアイスという姓は的だ。

と言われた事から、ラインハルトに一生「キルヒアイス」と呼ばれる事になったジークフリード・キルヒアイスは、ラインハルト二の親友としてつきあっていたが、ある時、5歳年上でを感じていたアンネローゼが皇帝フリードリヒ4世に買われて後宮に入る事になる。ラインハルトからの奪還と宇宙を手に入れる決意を聞かされたジークフリード・キルヒアイスは、協を誓って共に帝国軍幼年学校へと進み、この時からラインハルトの事をそれまでの呼び捨てから「ラインハルトさま」と呼ぶようになった。

帝国軍幼年学校では、ラインハルトの傍らについて周囲から従関係にあるものと思われる程だった。

帝国482年、15歳帝国軍幼年学校卒業、准尉としてラインハルトと共に惑星カプチェランカに配属され、高い格闘と射撃による無双ラインハルト危機を救い続ける。帝国484年には17歳大尉となり、出向の形で憲兵隊に配属された。

その後は、

貴族の出であるラインハルトには劣るものの、ラインハルトの副官として戦場を共にしながら順調に昇進していく。元帥に昇進したラインハルト元帥府を開設すると、副官の任を離れて艦隊の官となり、帝国487年、帝国に反乱を起こしたマクシミリアン・フォン・カストロプの討伐に派遣された。

向性ゼッフル粒子を。

これまでに送られてきた討伐軍を撃退してきたカストロプ軍を、

し、カストロプ動乱と呼ばれる反乱を鎮圧して帰還したキルヒアイスは、中将に昇進して名実共にラインハルト元帥府のナンバー2となる。イゼルローン要塞ヤン・ウェンリーに奪われた後の自由惑星同盟軍によるアンドリュー・フォークの愚策帝国領侵攻作戦では、同盟軍側の戦線が伸びきったところでホーウッド率いる第7艦隊を敗退させ、ヤン・ウェンリーの第13艦隊と戦闘。続くアムリッツァ星域会戦では全軍の三割をひきいて別働隊を展開、同盟軍が敷設した機原を向性ゼッフル粒子で破壊して突破(公式記録上の向性ゼッフル粒子の実戦初使用)し、同盟軍の戦線を崩壊させてラインハルト勝利を決定づけた。ゼッフル

※その後、アムリッツァ星域会戦でドジを働いたフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトを処罰しようとしたラインハルトに対して、不問にふして機会を与えるべきだと諫言している。なんという理想の上司

アムリッツァの功績で中将から一気に上級大将に昇進したキルヒアイスは宇宙艦隊副長官に任命され、帝国488年、21歳の時に捕虜交換の為に赴いたイゼルローン要塞ヤン・ウェンリーと会談した。

その後に発生した貴族連合との戦いではアウグスト・ザムエル・ワーレンコルネリアス・ルッツの艦隊を率いて辺での60回におよぶ戦闘に全て勝利してその定に尽50000隻の艦艇とガルミッシュ要塞を擁するウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世とのキフォイザー星域の会戦では、敵の形の不備をついて戦線を崩壊させ、ガルミッシュ要塞へと逃げる際に味方の補給部隊を攻撃した事から人望を失ったリッテンハイムの自滅によりガルミッシュ要塞を血占拠、ラインハルト貴族連合の間に決定的な戦差を生み出した。

しかし、貴族連合との戦いの最中に、刎頚の友ラインハルトとの間に裂が入りかける事件が発生する。

貴族連合の盟オットー・フォン・ブラウンシュヴァイクが、反乱を起こした自領ヴェスターラントに対して、2000万人の領民を核攻撃で虐殺する事件が発生したのである。

事前に察知しておきながら、パウル・フォン・オーベルシュタインの進言を容れたラインハルトがあえて虐殺を止めなかったと聞いたキルヒアイスは、貴族連合を倒した後に、

だが、たしかめてどうする。虚報であれば、よそれでよい。しかし、もし真実だったらどうするのか。
これまで、ラインハルト正義はキルヒアイス自身の正義でもあった。それが一致しなくなる日がくるのだろうか。離反して、たがいに生きていける自分たちではないはずなのに……。

との思いを胸に秘めてラインハルトに面会し、ラインハルト貴族連合の権威失墜を狙ってヴェスターラントの虐殺を黙認した事が事実である事を聞かされると、

貴族たちが滅亡するのは、いわば歴史の必然、五〇〇年来のつけを清算するのですから、流血もやむをえないことです。ですが、民衆を犠牲になさってはいけません。あたらしい体制は、解放された民衆を基盤として確立されるのです。その民衆を犠牲になさるのは、ご自分の足もとの土を掘りくずすようなものではありませんか

と、「正義の人」らしい弱者の視点と深謀遠慮に基づく諫言を行った。
結果的にヴェスターラントの虐殺により貴族連合を倒すのがはやまったと返すラインハルトに対しては、

相手が大貴族どもであれば、ことは対等な権闘争、どんな策をおつかいになっても恥じることはありません。ですが、民衆を犠牲になされば、手は血に汚れ、どのような美辞麗句をもってしても、その汚れを洗いおとすことはできないでしょう。ラインハルトさまともあろうかたが、一時の利益のために、なぜご自分をおとしめられるのですか

と言い立てたが、パウル・フォン・オーベルシュタインナンバー2不要論を聞かされていたラインハルトは、説教はたくさんだと拒絶してしまう。


次へ»
最終更新日: 18/11/22 14:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ