ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スイフトセイダイ


ヨミ: スイフトセイダイ
掲示板をミル!
1カキコ!

スイフトセイダイとは、1986年まれの日本競走馬

同期グレートホープと共に1990年代岩手競馬黄金期を支えた「岩手の怪物」。
岩手だが南関東へ遠征し、ロジータダイコウガルダンを相手に闘を繰り広げた。
名前はスイフトスワローと、ネヴァーセイダイからの連想。

齢は現表記に統一


東北の英雄


スイフトスワローエンジョイBlakeneyという血統。スイフトスワローに反応した人、さてはダビスタやってたなオメー。

スイフトスワローノーザンダンサー産駒で、に英オークスという良血だが現役時代は怪が原因で未出走だった。種入りするとであるアリシドン譲りの重厚さを生かし、中長距離ダート路線を中心に活躍を送り出した。91年には地方リーディングを獲得している。
エンジョイは特に情報がない。ブレークニーはイギリスダービーで、キングジョージアスコット杯2着の実績。種としても活躍し、キングカメハメハとして日本に名を残している。

岩手競馬男厩舎に入厩し、7月の新戦でデビュー勝ちを収めると、一気に9連勝カウンテスアップボールドマックスに騎乗した岩手の名騎手清一が基本的に戦を勤めた。
翌年のスプリングCと4歳戦を2着に敗れるが、そこから更に6連勝最強3歳決定戦の不来方賞を生涯のライバルグレートホープを下し優勝、全交流競争のダービーグランプリを岩手として初めて優勝するなど、ここまで17戦15勝、2着2回という東北では無敵を誇った。

丁度、南関東には南関三冠を達成し、果敢に中央に殴り込むなど活躍したがいた。ロジータである。
営は岩手最強として東京大賞典(2800m)へ殴り込む。当時の東京大賞典南関東限定のレースであったので、スイフトセイダイは大井福永二三雄厩舎へ転厩。わざわざ転厩してまで殴り込みをかけた。
東京大賞典本番で1番人気に推されたのはスイフトセイダイの方で、ロジータは前走ジャパンカップで最下位に負けていた事もあり人気を落としていた。レースではスイフトセイダイが逃げを打ち、直線入口を先頭で迎え逃げ込みを図るが、ロジータがほとんど持ったまま交わし、3身付けられて敗戦。それでも2着を確保しており、岩手最強の意地を見せた。

翌年には岩手に帰り再び岩手すずらん賞とシアンモア記念を僅差で落としたものの連対記録は伸び続け、9月新潟東北サラブレッド大賞典に遠征し堂々勝利10月には再び大井へ渡る。しかし、引退したロジータに代わり栃木から上山、そして大井へやって来たダイコウガルダンが立ちふさがる。
大井移籍後は盃と大井記念を勝つが不安定な成績だったダイコウガルダンだが、スイフトセイダイがやって来ると一気に開。スイフトセイダイはグランドチャンピオン東京大賞典を共に僅差2着に敗れる。

1991年も相も変わらず。条件戦からみちのく大賞典や赤松杯、シアンモア記念と4連勝し、ここに来て果敢に中央に挑戦。文字通り地方が沢山やって来る頃のオールカマーに挑戦。初の芝コース若干手間取りつつも5着に入る。続いて札幌に遠征し、交流競走のブリーダーズゴールドカップに出たが、中央カミノクレッセに大差を付けられ2着に敗北。GⅠ3戦連続2着の印が強いカミノクレッセだが、実はダートでめちゃんこ強かった。

92年も岩手で快調に連勝するが、みちのく大賞典にてライバルグレートホープの他に、3歳モリユウプリンスの後を拝し3着に敗れ、地方での連対記録は33ストップ。おかしな事やっとる。
未だ健在なれども衰えもあり、シアンモア記念1着と北上大賞典2着を挟み、岩手競馬有馬記念こと賞に出走。今まで大井とかに遠征してた為か、賞は初出走である。ここではグレートホープにもモリユウプリンスにも、更にハルサンヒコーにも負け地方での複勝記録が38ストップした。

翌年以降も現役を続けたが、復帰戦の杯で勝ち、赤松杯とシアンモア記念2着を最後に連対する事はなくなった。岩手競馬は、赤松杯とシアンモア記念を勝ったモリユウプリンス、更にその同期であるトウケイニセイが覇を競い合う時代に突入し、94年の赤松杯を最後に重賞に挑戦する事はくなり、同年12月をもって引退。最終レースは8頭立て3着であった。

通算成績は51戦27勝、2着11回。うち中央が1戦0勝。
2歳時から岩手競馬にて無敵を誇り、大井に転厩してまで現地の強に戦いを挑んだ。まさに、「英雄東北から来た」。5年以上にわたり岩手競馬、ひいては地方競馬最強格として君臨していた。トウケイニセイ相手にはTNTNにやられていたが、そのときには衰えもあったので致し方なし。同期グレートホープとは良いライバル関係で、スイフトセイダイが大井に行っている中、南部杯賞に出走して岩手競馬を盛り上げており、両の対決は「SG対決」と呼ばれ岩手競馬の名物であった。ちなみに対戦成績は24戦してスイフトセイダイが15回先着と大いに勝ち越し、1度だけ両同着があった。

引退後は青森の牧場で種入りしたが、地方競馬で勝ちを挙げたが数頭いる程度に留まる。
現在は功労として生活を送っているらしい。

メイセイオペラフェブラリーステークスを制したとき、上の菅原勲は「全盛期トウケイニセイはもっと強い」と言った。トウケイニセイ岩手無敵を誇ったが遠征はしていないため実際の実は生で見た人しか知らない。しかし、老にあったとはいえ他地区でも実を見せつけたスイフトセイダイを破ったモリユウプリンスを蹴散らした事から、トウケイニセイの実に疑義を持つ事はいだろう。
前時代の英雄として後輩バトンを渡す。スイフトセイダイが岩手、ひいては地方競馬に果たした役割はその成績以上のものがあった。


関連動画



■sm3885689[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/08/22 14:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ