ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スウェーデン


ヨミ: スウェーデン
掲示板をミル!
412カキコ!
基本データ
正式名称 スウェーデン王国
Konungariket Sverige
国旗 スウェーデン国旗
国歌 古き自由な北の国[動]
セイヨウトネリ
クロウタドリ
公用語 スウェーデン語事実上)
首都 ストックホルム(Stockholm
面積 449,964k世界54位)
人口 900万人(世界84位)
通貨 スウェーデン・クローナ(SEK

スウェーデン英:Sweden)とは、北欧スカンディナヴィア半島にあるである。

概要

正式名称は「スウェーデン王国」。スウェーデン語ではスヴェーリエSverige、「スヴェーア族の」の意)という。漢字では瑞典と書かれ、略称1995年EUに加盟したが、ユーロはまだ導入されていない。

面積日本の約1.2倍、人口は神奈川県とほぼ同じ。

公用語事実スウェーデン語だが、ほとんどの人間英語を話せる。その英語英語を第一言にしないの中で世界一と言われるほどである。

社会制度が非常に整ったとして知られ、世界の注を浴びている。また時代の変化に合わせて簡単に法律・制度が変えられることから、「社会科学実験国家」とも呼ばれる。

毎年年末に注を浴びるノーベル賞はスウェーデンに本部を置くノーベル財団によって運営され、賞ごとにスウェーデン科学アカデミー物理学賞・化学賞・経済学賞)、カロリンスカ研究所(医学生理学賞)、スウェーデン・アカデミー文学賞)、ノルウェー国会平和賞)によって選出される。

歴史

スカンディナヴィア半島および対デンマークと共に、古くから独自の北欧文化・神話を発展させていった事で知られる。キリスト教が伝わったのも10世紀以降と遅く、独自文化を高める結果につながったと言える。内海であるバルトを中心に活発な交易活動を行っていた事から、陸軍軍(軍)ともに高く、各地で傭兵活動や植民活動に務めてきた。ヴァイキングである。

中世以降はスウェーデン・ノルウェーフィンランドデンマーク北欧覇権を争い、統合したり分離したりを繰り返す。1397年にデンマーク導のカルマル同盟の一員となるが、1523年に独立フィンランドを含む)。17世紀にはエストニアラトビアを領土に組み込み、デンマークノルウェー連合を従属下に置いて一大帝国を作り上げた(バルト帝国)。

しかし18世紀初頭、プロイセンロシアを中心としたスウェーデン包囲網の前に大敗して、バルト大帝国は瓦解する。1809年にフィンランド全にロシアに奪われ、1905年にノルウェー独立したことで、現在のスウェーデンに至る。近代以降は中立義を掲げており、第一次世界大戦第二次世界大戦ともに中立としての立場を保った。

余談ながら、21世紀現在のスウェーデンの王はベルナドッテ1818年~)である。王の初代であるジャン=バティスト・ジュール・ベルナドッテは元々ナポレオン配下のフランス人であったが、当時のスウェーデン議会は対露関係でフランスとの協調を狙っており、そのため欧州覇権を握っていたナポレオンに近い立場のベルナドッテにを付けたのである。

しかし当のナポレオンは自身のライバルとも言われたベルナドッテの擁立に乗り気ではなく、即位後のスウェーデンに対して私とも言える挑発行動を取ったため、本来親フランスであったスウェーデン世論は逆に反フランスへと傾いてしまい、ベルナドッテ(即位してカール14世)もあくまでスウェーデン王として、ナポレオンと対立するを選ぶ。こうした経緯もあって、ナポレオン失脚後にフランス衛星国家が悉く解体・旧体制に戻されていく中で、ほぼ一「ナポレオンの影下にある王」が生き残る事になった。

ヨーロッパの王は血統・血縁が重視され、新たに別の後継者を迎え入れる必要が起こった場合、基本的に各地の有貴族・諸侯が迎え入れられる。そんな中、普通弁護士の子として生まれ、一兵卒から元帥にまで上り詰めた末に国王に(そして子孫も繁栄)、というベルナドッテの経歴は欧州史上非常にしい。欧州一の出世頭かもしれない。

経済

機械製品、鋼・金属加工品、化学製品、森林業製品などの輸出産業を中心とする。

企業ではエリクソン(通信機器メーカー)が有名。携帯電話メーカーソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、日本ソニーとエリクソン社との合弁会社である。このほかにも、IKEAチェーン)、H&M(衣料チェーン)、ボルボ(商用、重工業)、ボルボカーズ(乗用車)、スカニア(商用)、SAAB(航空機)、サーブ・オートモービル(乗用車)エレクトロラックス(電)、ボフォース(重火器)、ノーベル(火)などが世界的に知られる。

スウェーデン最北の都市キルナは鉱石の産地として知られ、鋼業が盛ん。スウェーデン鋼と呼ばれる鋼材はノルウェーのナルヴィク港から世界中に輸出され、上質の鋼材として高い評価を得ている。

スウェーデングラスが世界的に人気で、コスタボーダ、オレフォスなどのメーカーがある。南東部の都市コスタはクリスタルガラスとも呼ばれ、グラス製作の中心地として栄えている。

公務員率が非常に高く、労働者全体の実に3分の1が的部門で働いている(日本は1割程度)。また女性の労働参加率も高く、特に福部門への参加が多い。ちなみに軍人は全員が士官で構成され、いわゆる「兵士」は存在しない。

文化


音楽


かつて世界第3位の音楽輸出大とも言われ、ABBAカーディガンズ、ヨーロッパなど日本でもよく知られるバンド世界を席捲した。メイヤパンドーラー、ナザム(NASUM)、ミレンリン、No Fun At Allなども有名。現在ではかつてほどの勢いはないが、Lost horizonなどのバンドが注を集めている。なお前述の通りほとんどの人が英語を話せるので「英語を第一言としない英語曲って発音大丈夫なのぉ~?」なんて日本人アーティストのなんちゃって英語ソングみたいな心配は用である。

空耳

キャラメルの「caramelldansen」(通称:ウッーウッーウマウマ(゚∀゚))や、After Darkの「(åh) NäR Ni Tar Saken I Egna HäNder」(通称:高らかにオナニー)などがニコニコ動画をはじめとする日本インターネット上で、空耳曲として人気になっている。いずれも日本語空耳との高い親和性を持つ。噂ではまだまだ眠っているスウェーデン空耳動画も多いとの話も。

かように日本では空耳ネタとして認識されることの多いスウェーデンの楽曲だが、その一方でスウェーデン発で世界を席捲した空耳もある。それが「Hatten」である。これは元はレバノンアラビア語楽曲だが、あるとき3人のスウェーデン人によってスウェーデン語空耳が作られFLASH動画として世界中に広まった。現在でもFLASH創成期の代表的作品として知られる。 

なお、「(åh) NäR Ni Tar Saken I Egna HäNder」は時折スウェーデン国歌などと(冗談で)言われるが、実際の国歌は「古き自由な北の」という歌である。ゆったりとした素晴らしい曲。


食文化


伝統的な料理形式として、1700年代に始まったスモーガスボードsmorgasbord、「サンドウィッチテーブル」の意)がある。これは日本で「バイキング料理」と呼ばれる形式で、数十種類もの料理が並ぶ。スウェーデンのスモーガスボード特有のマナーとして、一皿に一度にたくさんは盛らず、食器の再使用は行わず、使った皿の数が多いほどマナーが良いというものがある。

魚料理も多く、夏の風物詩ザリガニ料理やスモークサーモン、シタビラメ、ニシン漬けなどが食される。肉料理では大鹿ムース)やトナカイ料理などが特色がある。

菓子類

菓子ではキャンディー人気南部グレンナ(Gränna)というポルカグリース(Polkagris)という紅白のねじりハッカで知られる。また他の北欧同様、サルミアッキsalmiak)というリコリス菓子人気だが、日本などでは食欲をそそらないい色と「の味」「具の味」などと形容される独特の味により「世界一不味い」として知られる。

シュールストレミング

世界一臭い缶詰シュールストレミングSurströmming)でも知られる。これはニシン漬けにして缶の中で発酵させたもので、半年以上発酵させたものは生じた二酸化炭素などのガスで缶が丸く膨らんでパンパンになっている(しかも結構その状態で売られている)。開封の際にガスの勢いで汁が盛大に吹き出すので、屋外での開封が推奨されている。この臭さは、酪プロオン硫化水素などに起因する。くさやの6倍以上の臭気を放つとされ、最悪の場合失することもあるという。

なお、飛行中の気圧低下により内圧の高いシュールストレミング缶が爆発して他の荷物に悪臭が染みついてしまうおそれがあるため、多くの航空会社ではシュールストレミング缶の輸を禁止している。


文学


日本では「ニルスのふしぎな旅」のセルマ・ラーゲルレーヴや、「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」のアストリッド・リングレーン、「バイキングビッケ」のルーネル・ヨンソンなどの児童文学作家が知られる。またノーベル文学賞を受賞したペール・ラーゲルクヴィスト(代表作「バラバ」)も著名。

北欧神話舞台であり、13世紀にアイスランド人のスノッリ・ストゥルルソンが執筆した「ヘイムスクリングラ(heimskringla)」にはスウェーデンの伝説上の王ユンリングのことを記した「ユンリンガ・サガ(Ynglinga saga)」というサガがある。

著名な人物・グループ

アイウエオ順、記事のある人物・グループ太字


次へ»
最終更新日: 19/08/06 20:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ