ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スカンク


ヨミ: スカンク
掲示板をミル!
6カキコ!

スカンクとは、ネコスカンク科に属する哺乳類である。


概要


屁をこいて敵を撃退することで知られる動物カナダ人らの敵。
食性はやや食よりの雑食性。昆虫や小哺乳類鳥類などを狙う。非常に大食感で大量に食物を摂取し、排便もかなりの量。ちなみにスカンクの大便もかなりの悪臭である。

夜行性で、はそれほど良くない。基本的に嗅覚を頼っているらしい。性格はやや臆病。


スカンクの放屁の秘密


スカンクがから出すものは、厳密には放屁ではなく、肛門嚢の中にあるブチメルカブタンと呼ばれる黄色い分泌液である。この液を敵に向かってからスプレー状に散布するのである(もっと汚い気がする……)
放屁ではない、といってもその匂いは知られている通り強で、放屁以上の脅威である。なんとも表記しがたい悪臭は、スカンク臭と呼ばれ恐れられるほど。
人間衣服に付着すれば、まず全にとれることはなく、の破棄を余儀なくされる。しかもにかかれば失明の恐れすらある危険物質である。
異臭を弱める手はないことはないが、それでもやはりよく嗅ぐと残りがが残っているのがわかってしまうので、神経質な人にはとても耐えられない匂いである。

こんなものをかけられた野生動物はたまったものではない。下記の関連動画で出すが、これをかけられたは狂ったように地面へ鼻をこすりつけている。人間放屁をもろにかけられて死ぬ場合があるので、かけられた野生動物は死んでしまう可性もはらんでいる。

スカンクの特徴的な色は、「はテメエに『死んだほうがマシ』ってくらい臭い液をぶっかけられりるんだからな、襲ってきたら容赦なくぶっ放してやるぞ!」という警告であり、捕食者達もその恐ろしさを知っているのでスカンクを襲うことはまずない。しかし猛禽類などは嗅覚が弱く、スカンクの屁も通用せず捕食にされてしまいがち。
威嚇する時にしっぽを立てて前足を地面に叩きつける。日本人旅行先以外で出会うことはまずないだろうが、もしこういった行動に出くわしたら何もせずに逃げよう。 

悪臭放射ばかりが立つスカンクだが、人間にとってもっと恐ろしいのは狂犬病である。スカンクは近年、狂犬病の媒介者として知られており、畜などに感染させる害獣として人間を困らせてもいる。ちなみにの分泌液からの感染は確認されていない(ただしどの喰らえば地獄)。


ペットとしてのスカンク


かつて日本ではスカンクも輸入されており、皆肛門嚢を除去されたうえで販売されていた。それでもその毛深さから体臭はかなりキツめだった。

現在狂犬病の媒介者であることから輸入が制限されている。


関連動画



■sm17707777[ニコ動]

■sm8055020[ニコ動]


関連商品


■azB00000LKE6
■azB0018RC08E


関連項目



最終更新日: 14/05/03 11:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ