ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スカー・ウォリアー


ヨミ: スカーウォリアー
掲示板をミル!
2カキコ!

大地の痛みを知る傷だらけの戦士よ、その健在を示せ!!
スカー・ウォリアー、シンクロ召喚!!

スカー・ウォリアーとは、漫画遊☆戯☆王5D's」に登場するカードである。


概要


不動遊星が使用するレベル5シンクロモンスター。攻撃2100で、(1ターンに)1度だけ戦闘で破壊されない効果、相手がこのカード以外を攻撃できない効果を持つ。

初登場はVSジャック・アトラス
ジャンク・フォアード」と「ネジマキの見習い戦士」をシンクロ素材としてシンクロ召喚排水溝を利用してフィールを高め、「フレイムクライム」を攻撃して破壊したが、ジャック遊星フィールは通用しなかった。
その後、ジャックの「デーモンの枷」で攻撃レベルを下げられ、「天刑王 ブラック・ハイランダー」の攻撃を受けたが、効果で破壊は免れた。しかし、ジャックフィールによって遊星D・ホイールダメージを受けてしまう。

起死回生を狙った遊星は「クイックスパナイト」と共に「ライトニング・ウォリアー」のシンクロ召喚を狙うが、ブラックハイランダーの効果によって阻まれる。
ブラックハイランダーからこのカードへの攻撃の際、遊星は「シンクロンリフレクト」で攻撃を防ごうとしたが、先ほどジャックフィールによってダメージを受けていたD・ホイールの前輪部分が破損し、デュエルの続行が不可能となったためにそのまま攻撃を受け、遊星敗北した。


その後長い間出番がなかったが、VSクロウ・ホーガン戦で久々の再登場。
ミサイル・ナイト」と「ジャッキージャンパー」をシンクロ素材としてシンクロ召喚された。直後のクロウターンに、「BF-煌のグラム」と「BFT-漆黒ホークジョー」の攻撃を受けて破壊されたが、「シンクロライブラリー」の効果で除外されることで、「マイティ・ウォリアー」にを与えた。


最古、第六決闘宿での龍亞龍可との再戦でも登場。
ジャンク・フォアード」と「ネジマキの見習い戦士」をシンクロ素材としてシンクロ召喚。「忍者 バット」を攻撃しようとしたが、「騎士 ワンコ」の効果によって攻撃をそちらに移され、ワンコ戦闘破壊したが、その効果でこのカードの攻撃を下げられた。
その後「機械竜 パワー・ツール」の攻撃を受けたが効果で破壊を防ぎ、「クイックスパナイト」と共に「閃珖竜 スターダスト」のシンクロ素材となった。

さらに、龍可フィールド魔法Fairy Tale第三章 黄昏夕日」の効果を利用して守備表示で復活。スターダストが攻撃されそうになった際に、効果で攻撃をこちらに向けようとしたが、それをトリガーに「トリックバスター」を発動され、その効果で破壊された。しかし、この破壊によって「ディフェンド・ウォリアー」を発動し、結果としてスターダストを守ることができた。


攻撃名は「勇敢な短」(ブレイブダガー)。右手の短で攻撃する。

戦闘破壊耐性は、初登場時は「1度だけ」としか書かれていなかったが、再登場時以降はOCGに合わせたのか、「1ターンに1度」にめられた。

攻撃をこちらに向ける効果は、VS龍亞龍可戦での「トリックバスター」の発動条件(戦闘する相手モンスターが変わった時)から考えると、このカード以外を攻撃できないという効果ではなく、自身以外が攻撃対となったときにその対をこちらに変える効果であると思われる。

カード名にある「スカー」(scar,傷跡)の通り、からだ中には多くの傷跡があり、さらに右腕は手首から先がなく、包帯が巻かれ、短がくくりつけられている。また、右足も義足のようなものを装着していたり、見れば見るほど痛々しい姿。
VSジャック戦のラストや、VS龍亞龍可戦でスターダストから攻撃をそらした際などは、両手を大きく広げた姿で遊星スターダストを守る様子も見せている。

遊星によれば「不退転の戦士」。

VSムクロ戦で遊星が使用していた「ブレードウィング」のイラストで、ウィングを装着したこのカードの姿が描かれている。


OCG版


PREMIUM PACK 13」(2011年3月12日一般販売。ジャンプフェスタ2011会場で先行販売)でOCGに登場。

シンクロ・効果モンスター
5/地属性/戦士族/ATK 2100/DEF 1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は表側表示で存在する他の戦士モンスターを攻撃対に選択する事はできない。
また、 このカードは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。

※「PREMIUM PACK 13」収録のカードPP13-JP008)による

 攻撃から守れるのは戦士モンスターのみとなった。また、戦闘破壊耐性は1ターンに1度となっている。

素材縛りはないので、シンクロ召喚自体は難しくない。

しかし、レベル5シンクロモンスターとしては攻撃が低く、「フォトン・スラッシャー」と同じでしかない。一応戦闘破壊耐性は持っているが、いくら耐えられても倒せなければ意味がないし、相手が闇属性でなければ「A・O・J カタストル」で対処できてしまう。

攻撃をこのカードのみに制限する効果がある。戦闘破壊耐性と合わせれば、2回まで戦士モンスターを攻撃から守れる。同名モンスターも対になるため、このカードを複数並べれば相手は攻撃が不可能となる。ロックを狙う場合は、まったく同じ効果を持つ「切り込み隊長」と併用するのもいい。

素材縛りのないレベル5戦士シンクロモンスターの中では、「X-セイバー ウェイン」と並んで攻撃が最も高い(レベル5戦士族全体では「六武衆-シエン」の2500が最大)。そのため、「不死武士」を利用したシンクロデッキでは、「一族の結束」と併用することで低い攻撃を補いつつ、攻撃誘導の効果も生かせる。

レベル5シンクロモンスターには汎用性の高い効果を持ったものが多いため、なかなかこちらを優先することは少ないが、戦士シンクロデッキならば使いはある。


遊星ファンデッキを組む場合、素材縛りのないレベル5シンクロモンスターとして運用できる。「カタパルト・ウォリアー」もあるが、向こうは「ジャンク」のサポートカードであり、攻撃戦闘に堪えないほど低いため、用途は大きく異なってくる。
漫画版とアニメ版の区別をしないならば)「ジャンク・ウォリアー」もあるが、素材縛りの有差別化できる。高レベルシンクロへのつなぎなどに使うならば、縛りのないこちらのほうが使いやすい。


関連動画



■sm18999743[ニコ動]

■sm20596336[ニコ動]


関連商品


■azB004HD2KS6


関連項目



最終更新日: 16/05/18 22:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ