ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スコッチ・ウイスキー


ヨミ: スコッチウイスキー
掲示板をミル!
11カキコ!

スコッチ・ウイスキーとは、イギリススコットランド州で生産されるウイスキーの総称である。


概要


スコットランドで作られることはもちろんのこと、下記のような定義がある。

  1. スコットランドの蒸留所でもろみ(ウォッシュ)を醸造すること。
  2. 上記の通り醸造したもろみを蒸留すること。
  3. 蒸留した原アルコール度数が94.8度以下であること。
  4. 700L以下のオーク(カシやナラの仲間)で作られた木で熟成すること。
  5. スコットランドで3年以上熟成させること。
  6. イギリスの物品税倉庫もしくは許可された場所で熟成すること。
  7. カラメル着色料以外の添加物を入れないこと。
  8. トリング時にアルコール度数が40度以上であること。

スコットランドといえども、地域や蒸留所、さらには使用するモルトやによって香りも味が異なり、地域においては、ハイランドローランド、スペイサイドアイラアイランズ(アイラ以外の嶼群)、キャンベルタウンという地域ごとに、異なる傾向がある。

また、日本ウイスキージャパニーズ・ウイスキー)においても、ニッカウヰスキーの創設者でもある政孝がいくつかの蒸留所で学んだこともあり、スコッチ・ウイスキーの影を多大に受けている。


歴史


スコットランドではアイルランドからウイスキーの技術が伝搬し、二条大麦の醸造を蒸留して生産、飲されていた。当時はで熟成せず、蒸留したてのウイスキーを飲んでいた。ある意味ウォッカジンなどに近かった。

しかし、イングランドに吸収されて連合王になってからは多額の税が課せられたため、多くの蒸留所は密造を作り、発覚を恐れて倉庫に隠していた。

それによってからの成分が原に染み込んで熟成され、現在ウイスキーの姿の原となった。

19世紀前半に、時の国王ジョージ4世が、密造であったグレンベット飲したこともあり、酒税法が正されてウイスキーは再び表舞台に立つことになった。さらにはグレンベットを筆頭として、多くの蒸留所が政府認となった。

その後、従来の単式蒸留器(ポットスチル)とは異なる連続式蒸留器が発明され、トウモロコシなどを原料にしたグレーン・ウイスキーが製造されると、安定して大量に製造できる的で、従来のモルト・ウイスキーブレンドしたブレンデッド・ウイスキーが19世紀後半に誕生した。
このブレンデッドスコッチウイスキー世界中に普及していった。日本では岩倉具視の使節団を通じ、オールドパーが明治天皇に献上された。

しかし20世紀に入ると、大量生産を続けてきた蒸留所が、世界恐慌とアメリカ禁酒法によって大きな打撃を受け、ローランドやキャンベルタウンの蒸留所はほとんどが倒産するに至った。

その後第二次大戦になると、禁酒法止されたアメリカを中心にスコッチ・ウイスキーが輸出され、飲したアメリカ軍兵士を通じて再び盛することとなった。

20世紀後半からは、地の傾向が強いシングル・モルト・ウイスキーが着されるようになり、先をつけたグレンフィディックを発端に、世界中でシングルモルトが活況となっている。


主な地域


スコッチ・ウイスキーにおいては下記の地域が有名である。


関連動画


スコッチ・ウイスキーに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


スコッチ・ウイスキーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


スコッチ・ウイスキーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/11/01 19:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ