ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スタンリー・キューブリック


ヨミ: スタンリーキューブリック
掲示板をミル!
65カキコ!

スタンリー・キューブリックとは、アメリカ合衆国ニューヨークニューヨークロンクス生まれの映画監督である。代表作は『博士の異常な愛情』『2001年宇宙の旅』など。

1928年7月26日生まれ。1999年3月7日没。死因心臓発作とされるが、正式な死因は未だに明らかにされていないため、死因については現在も様々な憶測を呼んでいる。


略歴


大学中退し、カメラマンとして出版社に勤めていた。この頃、仕事の合間を縫って多数の映画を鑑賞し、『今活躍してる若いらよりは、自分の方がよっぽどうまく撮れるのではないか』と考え、出版社を退社。

親戚などから借をして、映画製作を始める。初期の頃は赤字つづきで、いまいちパっとしなかったが、徐々に頭を現し始める。特に、1957年制作戦争映画『突撃』は、当時ハリウッドで名の知れた俳優だったカーク・ダグラスに脚本の初期稿をえらく気に入られ、ダグラスバックアップを受け制作にこぎつけた(しかしクランクイン直前になって安易なオチ稿した結果、ダグラス逆鱗に触れ、結局最初のオチに戻されたが、これがきっかけでダグラスとは確執が生まれてしまう)。

その後もダグラス推薦で、大作『スパルタカス』の監督を任されるが、すべてスタジオダグラスに決定権があり、自分の意志で映画作りをできないことに窮屈感を覚え、以降アメリカ映画製作することはなかった。

その後イギリスに移住し、数多くの傑作を残す。

特に、『博士の異常な愛情』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』は世界的にも高く評価されており、この頃がキューブリックの絶頂期と言われている。

その後、制作期間を開けて数本の映画製作し、1999年イギリスの自宅で静かに息を引き取った。享年70歳。残念ながら代表作の『2001年宇宙の旅』の時代を生きたまま迎えることなく立った。


評価と人物


ユダヤ人庭に生まれ、幼少期は較的裕福だった。また、ユダヤ人としての人脈を生かし、初期の頃は映画を作る予算などもある程度容易に調達できたのではないか、と言われている。

極めて難解な作と、ただ見るだけではその良さが分からない深い考察が必要で、賛否の分かれる監督である。しかしハマる人はとことんハマる。

私生活に関してほとんどることがかったため、インターネットが普及した21世紀に入ってからはそのミステリアスな側面だけが強調され、気難しく人との付き合いを好まない天才(あるいは鬼才監督と言う評価が付きまとっている。しかし近しい人たちを中心に、彼に対する好意的な意見も多く、少し変人ではあるが気難しい人物ではなかったようである。死因が明かされていないため暗殺説が出たり、アポロ計画陰謀論に関わっていたなど都市伝説の対とされたり、死後も彼に対する様々な考察が行われている。

俳優にあれこれ導するタイプではなく、「自分で演技できる俳優」には較的自由に演技させていた。一方で、自分で演技できない俳優には尾辛辣に当たり、追い詰めて演技を引き出す演出も行っていた。テイクがかさむ事が多く、義者といわれていた。

映画フルメタル・ジャケット』でハートマン軍曹を演じたロナルド・リー・アーメイとはこの映画がきっかけで親しい間柄となり、プライベートでも友人となった。アーメイのことはかなり気に入っていたらしく、『今まで仕事をしてきた中で最高の俳優』と最上級の賛辞を送っている。また、スティーブン・スピルバーグとも仲が良く、『シンドラーリスト』を絶賛し自身が企画していたホロコースト映画制作を取りやめている。遺作アイズワイドシャット』の次作として企画していた『A.I.』も、もともとスピルバーグと共同で作る予定で、生前この映画の打ち合わせを頻繁に行っていたという。

高校時代成績は均以下だったが、IQ均以上あり、映画の撮影に入る前には膨大な資料をかき集めて読みふけり、専門並みの知識を付けていたという(小説版『2001年宇宙の旅』前書きより)。また、撮影の合間にも常に資料となる本を携えており、そのシーンにもっとも合った演出や画作りなどを検討していたという。

2001年宇宙の旅』や『バリー・リンドン』など、映画史に残るような鮮ビジュアル映画を手掛けており後の映画監督にも多大な影を与えている。しかし本人は、自身のビジュアルには頓着だったらしく、特にファッションセンスは壊滅的だった。映画の撮影風景を映した映像写真を見るに、初期の頃は常にスーツ、中期の頃はスーツにダボダボのパンツ、晩年はミリタリージャケットを好んで着用していた。おそらく同じを何着も所持していたのではいかともいわれており、実際に一緒に仕事をしたニコールキッドマンによると『毎日同じだったが特に臭わなかった』とのこと。

時計じかけのオレンジ開当時、行的には成功したがその内容の過さから賛否が分かれ、自宅に脅迫状が送りつけられたことがある。そのため、身の危険を感じて本イギリスでの上映を全面中止にしてしまい、ひどく落ち込んだという。その後、『バリー・リンドン』を製作。評判は上々で汚名は挽回したが行成績が芳しくなく、再び自信をくし落ち込んだという。結局そのあとに作った『シャイニング』(原作スティーブン・キング)で評価も行成績も挽回できたが、原作変しすぎた結果、原作者のキングの怒りを買い、しく罵倒されることとなった。

ステディカム(手持ち撮影の際にカメラがぶれないようにする機材)が一般的に普及する以前から手持ち撮影を好んで多用しており、移動撮影はキューブリック映画を代表する演出である。

友人を飛行機事故で亡くしており、そのため航空機恐怖症だった。海外ロケなどは行わず、イギリス内のスタジオで極撮影していた。アフリカ舞台にした『2001年宇宙の旅』冒頭シーンでは、現地にスタッフ派遣してその写真を撮影させ、広大サバンナ写真フロントプロジェクション(スクリーン背景投影する合成方法)でイギリス内のスタジオで人類の明けのシーンを撮影している。


逸話


病的なまでの義者として有名。いくつか例をあげると


フルメタル・ジャケットの監督


おそらくニコニコではこの作品が最も有名であると思われる。

詳しくは“フルメタル・ジャケット”ならびに“ハートマン軍曹”の記事を参照のこと。

 
■sm148790[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/08/25 03:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ