ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターウルフ


ヨミ: スターウルフ
掲示板をミル!
53カキコ!

スターウルフとは、

  1. 任天堂シューティングゲームスターフォックスシリーズに登場する遊撃隊
  2. 1967年1968年に発表されたエドモント・ハミルトンSF小説(のシリーズ名、および登場する種族)。またそれを原作として1978年に放送された特撮SFドラマ

このページでは両方について解説する。


1の概要


スターフォックスライバル的存在となる武装集団。
元々スーパーファミコンの『スターフォックス2』で登場する予定だったが開発中止となったため、『スターフォックス64』(以下、64版)が初出となっている。
64版においては、表向きはスターフォックスに対抗して結成された遊撃隊であるが、その実態はアンドルフ皇帝と仰ぐピグマがウルフを担ぎ上げて結成された、アンドルフ直属の精鋭部隊である。

ウルフフォックス(プレイヤー)を、アンドリューはスリッピーを、ピグマはペッピーを、レオンファルコを追跡する。普通に飛行していると、まず背後を取られて追跡される。他の仲間も後ろを取られ、フォックスに救援をめてくる(彼らは自で振り切る事はい)。左右に振るだけでは追跡を振り切れず、一方的に攻撃を受けてしまう。対抗策はブレーキをするか、宙返りをする事。こうする事で逆にウルフェンの背後を取る事ができる。フィチナでの戦闘宙返りをすると「なに!?」とウルフが驚く。
ちなみに宙返りはスターウルフも使用し、レーザーを当てると宙返りをして逃げられる。が、一時的に追跡を中断させる事が出来る。追跡を中断している時に仲間ウルフェンの背後を取る事があり、アーウィンに追い回される姿が時々見られる。

64版ではルート(≒一番簡単なルート)を進むとフィチナでコーネリア軍から奪い取った前線基地を自爆させるために時間稼ぎとして登場し、初心者に基地爆破による作戦終了(事実上の作戦失敗)を叩きつけるとなる。その後、フィチナで撃墜されていないメンバー(フィチナ未通過時は全員)が最終ステージ1つ前のボルスで、今度はボルスの爆破を阻止するために再登場する。ただし、この時はボルスコアを破壊すれば倒さなくてもよい。

また、の最終ステージではフィチナで倒したかどうかによらず全員が強化版となって登場し、アンドルフの前座として立ちはだかるが、異常な性を誇り事実上のラスボスとなる。

アンドルフ軍壊滅後はどこの組織にも属さないならず者集団となり、何の悪事をしたのかは不明だが、『コマンド』ではウルフを筆頭にメンバー全員懸賞が懸けられるに至った。また、アンドルフ軍壊滅時から『アサルト』までの8年の間にアンドルフ軍としての性質が強いオイッコニーとピグマの2人が抜け、新たにパンサーが加入している。

一応ならずものであり悪の組織ではあるのだが、『アサルト』では「お前を倒すのはこのだ」とスターフォックスを助け、『コマンド』ではルート次第ではのためにスターフォックスに組する場合があり、スターフォックスシリーズにおけるダークヒーロー的な立ち位置へ収まる事になる。
また、スターウルフはウルフ自体を慕う者が勝手についてきていると言う話が『スマブラX』で聴ける。


チーム構成員


ウルフ・オドネル
ウルフ・オドネル
スターウルフのリーダーパイロットとしての腕はライラット系で1、2を争うと言われる程の一流。
外見・中身共に根っからの悪党ではあるが、潔い性格で度量が広く、まさに親分肌を絵に描いたような人物。
もっとも、ピグマにいいように操られている事には気づいていなかったが。惑星ベノムでの戦いでフォックスに敗れて以降はフォックスライバルと認め、アンドルフ軍消滅後も度々フォックスと戦いを繰り広げた。
最近では『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも隠しキャラとして登場している。
メタルギア大佐が言うには集団行動は不得手な方らしい。
声優は、64版では江川央生、『アサルト』及び『スマブラX』では大場真人3DS版及び『ゼロ』では高口公介
地獄親父が待ってるそうだ!」「ば、馬鹿な、よりも上なのか…」
レオン・ポワルスキー
[画像を見る]
ウルフと同様、アンドルフ軍直属時代からのスターウルフ古参メンバー。それ故にチームではウルフとの信頼関係も厚い。血を見るのが何よりも好きという残酷な性格で、モラルや良心と呼べるものは持ち合わせていない。
一人称は「私」で、冷で感情がないような独特の抑揚で喋る。
64版の時に顔を機械化した際の傷を治していたようで、『アサルト』では跡が僅かにあったが、『コマンド』ではくなっている。
スナイパーを務めるだけあって、操縦技術はウルフに次ぐ実を持つ。出自については一切不明で、ライラット系内の何かしらの組織に属していたという経歴がないことから、他の恒星系からやって来た異民族ではないかと言われている。
コマンド』のみ大幅に性格が違うが、これは『スターフォックス2』の性格に近いようだ。
声優は、64版、『アサルト』及び『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは里内信夫3DS版及び『ゼロ』では大原崇
「ボウヤ、この新しいオモチャで遊んであげよう」「この私が、この私がぁぁぁぁ」
ニコニコ動画での彼については、「愛さレオン」も参照。
ピグマ・デンガー
[画像を見る]
スターウルフのメカニックエンジニアパイロット。かつてスターフォックスに所属していたが、自分の利益のためならば手段を選ばないという性格故に惑星ベノムチームを裏切ってジェームズを死に追いやった後、ウルフを唆してスターウルフを結成、影でスターウルフを操っていた。メカニックパイロットとしては有能だが、元々裏切りが多く、また底知れぬほどの強欲ぶりでメンバーからの信頼はく、64版~『アサルト』までの間にチーム解雇される。
アサルト』では敵である謎の生命体アパロイド」を操って一けしようとしていたが、先述の意思のさから逆にアパロイドに取り込まれてしまい、機械と一体化して敵ボスとして立ちはだかった。
声優は、64版及び『アサルト』では郷里大輔3DS版及び『ゼロ』では最上嗣生
「これはわてからの驕りや!受け取りや」「わての、わての賞が ブヒ~!」
アンドリュー・オイッコニー
[画像を見る]
名前が示す通りアンドルフの甥。甥と言っても取り立てて有能な訳でもなければ、操縦技術も未熟で、さらにアンドルフの権に威り散らしている為、軍の内部のみならずチーム内でも大層嫌われている。出来の悪い甥をピグマが押し付けられた形であるが、彼がいることでアンドルフから得られる経済的・軍事バックアップはかなり大きなものだった。アンドルフ軍壊滅後は、っ先にクビにされた。
アサルト』ではアンドルフ軍の残党を率いてライラット系に再び戦いを挑み、再びスターフォックスと対峙することに
…なったのだが、突如現れたアパロイドに襲撃され、あえなく前座で終わってしまった。
64版では「アンドリュー」表記だったが、『アサルト』及び『コマンド』では「オイッコニー」表記になっている。
また、64版でのボイス駄にカリスマ溢れているが、『アサルト』では小物になっている。
声優は、64版では阪口大助、『アサルト』では沼田祐介3DS版及び『ゼロ』では阿部敦
カエルは泳いでいればいいんだ!」「アンドルフおじさーん
パンサー・カルロッソ
[画像を見る]
アサルト』から登場した、スターウルフの新参メンバーキザで女たらしだがパイロットとしての技術は確かで、ウルフレオンにも遅れを取らないほど。常に飄々とした性格で思いのほか親切だったりする。
作品中ではクリスタルに一惚れし、口説きにかかる場面がうかがえる。
同様に、フォックスのことをライバルだと思っている。『アサルト』ではクリスタルに軽く流されていたが、『コマンド』を見ると全く勝ちがないわけではないようである。声優稲田徹
「ヒュ~ 噂どおり美しい… 君がクリスタルだね、私はパンサー・カルロッソ 運命の出会いに杯」
だまれトリ」「なんてこった…?!このが…?!」

装備


ウルフェン
アーウィンと同じく「高性全領域戦闘機」という肩書きを持つ、スターウルフの機。
アーウィンと同等あるいはそれ以上と言われるライラット系随一の性を誇る。
既製品ではなく、アンドルフとピグマによるカスタムメイトである。
カラー系(『アサルト』及び『コマンド』では)で、上下に2対の前進が配置されており(正面から見るとXに近い)、胴体は上下に2つをくっつけたような独特の形状(横から見るとコの字になっている)をしている。
重力制御用のグラビティプレートがアーウィンよりも多く、アーウィンよりも速度が速い。
64版の最後のみウルフェンIIとなり、ボム、チャージ弾効という恐ろしい性になる。
実は、64版時代には地形に接触すると一発で壊れてしまうという弱点があった。
アサルト』ではアーウィンより速いが旋回性とブレーキの効きが悪く、振り切られにくいが回り込まれやすい。
ゼロ』では各搭乗者ごとに特殊攻撃が備わっているほか、対地強襲用歩行形態「ハンター」に変形しのように地上を駆けることが可

2の概要


1967年1968年に発表されたエドモント・ハミルトンSF小説シリーズ小説でのスターウルフとは、ヴァルナ重力が過大であるために発達した敏捷性を武器に、宇宙ギャングとして悪名を馳せているヴァルナ人の別名。

ドラマは、1978年4月2日1978年9月24日まで読売テレビ日本テレビ系で放送された。
当時人気番組だった「びっくり日本新記録」を一度終了させてまで始めた番組であったが、視聴率が全く振るわず、日曜日19時という放送でありながらも一度も2桁(つまり10%以上)を記録することく、1年間の放送予定が半年に大幅縮小する形で打ち切られてしまった。

結局、同は「スターウルフ」打ち切り後に再び「びっくり日本新記録」を復活させる羽になった。

円谷プロ製作三洋電機一社提供番組

小説ハヤカワ文庫SFから3部作で、翻訳野田元帥。1作SFレーベルの通し番号「1番」である。初出時の昔懐かしいSFテイストの「銀色メカ」な表イラストのものと、2000年前後の再版以後の横山氏による「宇宙戦士横顔」という感じの表イラストのものがある。SFは絵だねぇ。


主な登場人物(以下、TVドラマ版の紹介)


拳(モーガンケン (演:東也)

この作品の主人公。ヴァルナに移住した地球人の宣教師息子で、両親の死後はハルカンに育てられ「スターウルフ」の異名を持つウルフアタッカーエースに成長する。両親の記憶はほとんどく、自分の事を純なヴァルナ人だと思い込んでいた。

地球襲撃の際に、自分と同じ名前の子供とその母親を撃つのをし、相棒のスサンダーを誤って射殺してしまった事から、ヴァルナから裏切り者として追われる事になる。逃亡の末に乗機が操縦不能になり、死を覚悟した刹那スペースコマンド宇宙バッカス世に救助された。宇宙をさすらう隕石山師と正体を偽って追及を逃れたが、キャプテンのジョウにウルフである事を見抜かれ、それを伏せたままスペースコマンドの一員に迎えられる。

当初は勝手な行動や不審な発言によって他のメンバーから疑惑を抱かれていたが、リュウを助けるために自ら正体を明かした事で真の仲間として認められた。更に後半では他の惑星の住人からスターウルフと呼ばれるシーンもあり、スターウルフの名前自体が宇宙的に信用を置かれるようになった模様。

の前で苦しむ人を放っておけない優しさを持つが頭に血が上りやすく、本編ではしょっちゅう逆上して兵士に殴りかかっていた。

 

キャプテン・ジョウ (演:宍戸錠)

地球人のエースパイロットで、傭兵集団スペースコマンド隊長。初登場の時点で任務を終え地球に帰還する最中で、これ最後に引退し、地球に残していた妻子との穏な暮らしを夢見ていたが、妻子がウルフアタッカーの攻撃で殺されチームに留まる決意をする。

ケンの並外れた身体を見てウルフである事に気づくが、それを隠し、命を握る状態で彼をメンバーに迎えた。

 

リュウ (演:高橋長英)

スペースコマンドリーダー格。ジョウの片腕で、「かみそりリュウ」の異名を持つ切れ者。ケンを信用しておらず、命違反を犯してまで監視するが、ササール地雷原で命を助けられて以来、強い友情で結ばれる。

 

ダン (演:湯川勉)

スペースコマンドの隊員。チームの三番手にあたり、ドラゴンでジョウとリュウが人質に取られた時は代わりにバッカス世の揮を執っていた(が途中からケンが仕切るようになった)彼女持ち。リア充爆発しろ

 

ビリ (演:立山博雄)


次へ»
最終更新日: 19/02/23 20:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ