ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターシステム


ヨミ: スターシステム
掲示板をミル!
86カキコ!

スターシステムとは、人物のキャラクター性に軸を置いた起用法の名称である。


概要


起用する人物が持つ魅、集客などを見込んで物事を企画・運用する方法で、演劇映画界が発祥。

  1. 起用した人物の集客をあてに企画・運用
  2. 起用した人物の魅キャラクター性)を他の企画でも流用

大まかに上記のような"二つの的(利点)"を有し、これを使うと企画・運用する人が色々楽になるらしい魔法システム大体運用される方は大変だけど。

現在、このシステム活用する分野は「映画演劇TV」と「スポーツ」、「マンガアニメ小説ゲーム」で、それぞれ先に記述した"2つの的(利点)"の重が異なる。

→    映画・演劇・TV分野のスターシステム
→         スポーツのスターシステム
→漫画・アニメ・小説・ゲームのスターシステム


映画・演劇・TV分野のスターシステム


起用するタレント(本来は含まれないが現在では時には監督や演出脚本家などスタッフの立場の人も該当する場合も)のもつ魅や集客スター性を当て込んで作品の企画や脚本、広報が組まれる。"2つの的(利点)"としては2よりも1に重がかかってる。

例として「東映時代劇日活ニューフェイス」「新宿コマ劇場の座長演や宝塚歌劇団の○組スター」「2時間サスペンスドラマ9」を思い浮かべるとどんな感じなのか分かると思う。

行を打つ側としてはある程度数字が読みやすく、しかも稼ぎやすい。時々大きく読み違えるけど。

18世紀のイギリス演劇界で、それまで王侯貴族に保護されていた演劇普通市民が見る娯楽へと変化し、より観客が魅了される『スター』が重要視されそのスターが映えるように=もっと観客を引き寄せられるように舞台の演出・脚本・広報が偏重化していったのが事の始まり。
1920年代からアメリカを中心として始まる映画盛でもこのシステムは流用され「チャップリン○○○チャールズ・チャップリン)」とか「ドーグラスの○○○ダグラス・フェアバンクス)」といった作品群のように"俳優ありき"の作品が多く作られた。
(この頃は俳優映画製作会社と専属契約を結んでおり、製作会社としても自社のスターを売り込む必要があった。この方式は日本映画界にも持ち込まれのちに所属俳優の自社以外の作品への出演を禁じる「五社協定」にも繋がる。)
専属契約体制が崩れてもスターの集客性の威れることはなく、TV制作現場もこのシステムを参考にドラマバラエティー番組(かつて多く作られた「クレイジーキャッツ○○○」「ドリフ○○○」といった番組タイトルに大きくタレント名が出た番組だけでなく、プロダクション会社がTV局と提携して自社の所属タレントメインパーソナリティにした情報系番組なども広い意味でスターシステムといえるだろう)がつくられる。

演劇界も綿々とスターシステムを伝え続けており、中小劇団などで集客が望める俳優がその劇団の中で大きなを持ち、役や重要な役を多くる状況はまさにスターシステムであると言えよう。


スポーツのスターシステム


その競技やチーム内の形選手を中心に据えたり持ち上げることにより注度や集客を高める起用法。"2つの的(利点)"の1をより過度に重視したものである。
プロレス野球サッカーなどTV中継がされるものに多く導入される傾向にある。近年ではオリンピック世界選手権などの世界大会が開かれるたびにマイナーな競技でもスターシステムが発動することがある。

競技団体やチームが率先してスター選手を中心に据える場合もあるが、マスコミ勝手に先行してスター祭りたてる場合が往々にある。

時々、注度や集客を重視するあまり、実が伴わなっかったり調子を落としたりした選手であっても起用せざるを得なく、全体の成績にいたり、マスコミ玉にあげられたりして問題になる事も。祭り上げたの自分らなのに…


漫画・アニメ・小説・ゲームのスターシステム


著作者が自身が生んだキャラクターを複数の作品に登場させることを、舞台のスターシステムになぞらえて呼ぶ。"2つの的(利点)"の2の重が大きい。
ただ、最大の的(利点)は『キャラクターデザインを流用することによる生みの苦労や労の軽減』にあるだろう。
そこ!「手抜き」とかわない!!ましてや「描きわけが出来ないだけ」とかわない!!

古くはウォルト・ディズニーハンナ&バーベラの作品に活用され、自身がデザインしたキャラクターをまさに『舞台俳優』という立場で作品ごとの役割を演じさせるという"舞台映画TV分野のスターシステム"と同じ運用がされた。
さらにマーベルコミックDCコミックに登場するスーパーキャラ達のように"同一性をたもちながらも他作品に登場するクロスオーバー的運用の仕方をするスターシステム"も登場した。
(これらはキャラクター商品としての価値が高く、したがって"2つの的(利点)"の1の重も高い。日本ではサンリオ関係や任天堂をはじめとするゲームキャラが同じ運用法か)

小説ではこの他に「シェアワールド」という1つの世界観を複数の作品・作者で共有する手法があり、これもある意味スターシステムの一つといえる。

手塚治虫のスターシステム

日本で一番有名なスターシステムを描いた人物は手塚治虫である。
彼は自身の漫画でスターシステムを多く使った。まず彼は7歳ごろから漫画を描き始めたが、その中では友人の祖を登場させたり、が描いたキャラクターを複数の漫画に登場させたりした。
特に友人の祖は何回も何回も複数の漫画に登場する。これは有名な伴俊作という名前も与えられた。(見たからヒゲオヤジとも呼ばれている)
このヒゲオヤジ日本漫画のスターシステム第一号キャラになる。
その他、手塚が描いたキャラなどもサービスや自身が気に入ったこともあって他の漫画にも登場させるようになった。
手塚治虫はスターシステムを使う理由を同じキャラ着を持たせ、小さな子どもでもすぐに新しい漫画でも親しみが持てるようにしているとる。
そのために手塚治虫大人向けの漫画には実はスターシステムは使われていない。(例:陽だまり人間ども集まれ、奇子、上を下へのジレッタ、フースケ、ネオファウスト、グリンゴ、その他いろいろ)

なので「手塚治虫漫画には伴俊作など同じ登場人物がいっぱい出すぎ!」と思っている人は彼の子供向け・少年向け漫画しか読んだことがいと思われる。
でも、子供たちにとっては、伴俊作(ヒゲオヤジ)や鉄腕アトムが他の漫画に登場する事によって、当時はわりと大喜びされていたのである。

やがて手塚脇役キャラへのスターシステム(こうなるともはや"スター"システムではない気もするが)を真似作家も増え、ある時はファンサービスの一つとして、ある時は世界観を繋ぐ一つの手法として、そしてある時は描きわけが出来ない時の言い訳の一つとして、数々の作品で活用されている。

ニコニコ動画上のスターシステム

ニコニコ動画ではアニメ漫画キャラ御三家東方projectTHE IDOLM@STERVOCALOID)やゆっくりSoftalk)、例のアレ系(必須アモト酸パンツレスリング真夏の夜の淫夢、など)、2ちゃんねる発祥のAAキャラに至るまでいろんなキャラクターが本来のキャラクター性をゲーム実況や教養講座仮想戦記モノに役や脇役もしくは動画投稿者の代理として動画に登場している。
キャラ創作者=作品制作者」ではないので漫画のスターシステムとは少し性質が違うが、その様式はスターシステムに通じる所があると言えよう。


スターシステムが適用された人物の一覧


舞台・映画・TV分野/スポーツ/漫画・アニメ・小説・ゲーム


舞台・映画・TV分野


あ行/か行/さ行/た行/な行/は行/ま行/や行/ら行/わ行/英数・記号

名前 代表作品
石原裕次郎 太陽の季節
黒部の太陽
太陽にほえろ!
加山雄三 「若大将シリーズ
川口 処刑の部屋
水曜スペシャル 川口浩探検隊」シリーズ
小林 渡り鳥シリーズ
ザ・ドリフターズ ドリフターズですよ!~」で始まる映画作品群
ドリフ大爆笑
8時だョ!全員集合
ダグラス・フェアバンクス 「ドーグラスの~」で始まる一連の映画作品群
チャールズ・チャップリン チャップリンの~」で始まる一連の映画作品群
ハナ肇とクレイジーキャッツ 「クレイジー~」「日本一の~」で始まる映画作品群
おとなの漫画
シャボン玉ホリデー
マリリン・モンロー 紳士金髪がお好き
7年浮気
和田アキ子 アッコにおまかせ!
野良猫ロックシリーズ
英数 SMAP SMAP×SMAP
夢がMORIMORI

スポーツ


あ行/か行/さ行/た行/な行/は行/ま行/や行/ら行/わ行/英数・記号

名前 競技
荒木大輔 野球
アントニオ猪木 プロレス
イチロー 野球
小川直也 プロレス
亀田 ボクシング
キューティ鈴木 女子プロレス
澤穂希 女子サッカー
ジャイアント馬場 プロレス
高田延彦 プロレス
田村 柔道
長州力 プロレス
中田英寿 サッカー
三浦和良 サッカー
英数

漫画・アニメ・小説・ゲーム


あ行/か行/さ行/た行/な行/は行/ま行/や行/ら行/わ行/英数・記号


次へ»
最終更新日: 19/11/28 22:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ