ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターフォックスシリーズ


ヨミ: スターフォックスシリーズ
掲示板をミル!
664カキコ!

スターフォックス (Star Fox) とは、任天堂から発売されているコンピュータゲームシリーズ、及びそのシリーズに登場する架の団体である。

『スタフォ』と略されることが多々ある。


シリーズの概要


高性全領域戦闘機アーウィン」を始めとする機体に乗り込み敵対勢を撃墜していく3Dシューティングゲームである。
仲間線通信で良く話しかけてくるためダレにくいのも特徴。

計9作品が存在しているが、純3Dシューティングゲームは4作品のみ(リメイク及び未発売「2」を含めると6作)。


各作品の内容


1993年 - スターフォックス(SFC)
スーパーファミコン3Dシューティングゲームとして『スターフォックスシリーズの記念すべき1作が発売された。
ハードSFCであるため、単純な図形を組み合わせ、今となって見ればカクカクを通り越して元の形を描写しているとすら言い難い荒さのポリゴンと、1面につきベタ1色のテクスチャーで構成されたかなり抽的画面であったが、謀にもSFCポリゴン全開のしっかり遊べる3Dシューティングをやってのけた画期的な作品であった。
----年 - スターフォックス2[画像を見る]
SFCでは初代の続編として『スターフォックス2』の開発が進められ完成まで漕ぎ着けていたが、発売中止となった(他社がPSSSなど既に本格的な3D処理機を持った次世代機を出しており、3D理性皆無SFCではどうやっても太刀打ちできないこと、スーパーFX2チップコストが上がりすぎたことに加えてNINTENDO64が発表間近だったのが原因とのこと)。
スクロールシューティングではなくリアルタイムストラテジー要素のあるゲームになっている。
VC化等のリリース機会も長らくなかったが、約20年後の2017年ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンに収録されることが発表され、遂にリリースされることとなった。
1997年 -スターフォックス64[画像を見る]
スターフォックスシリーズの2作にあたり、SFC版と直接的なストーリー時系列上の繋がりはないが、全体のストーリーキャラなどにSFC版と共通する設定が多くあり、ストーリー的にはSFC版の話をリメイク・再設定したようなものであり、本作からコマンドまでのスターフォックスシリーズの原点となっていると言える。
2007年Wiiバーチャルコンソールで本作品の配信が開始されている。
2002年 - スターフォックスアドベンチャー[画像を見る]
スターフォックスシューティングではなくアドベンチャーゲームを作りたい」という思惑と、レア社が開発(開発硬直)していた『ダイナソープラネット』という3Dアドベンチャーの計画が合成されて出来上がったゲームキューブソフトで、本来はスターフォックスではなかったためにシューティングパートはオマケ程度であり、基本的にアクションアドベンチャーゲームとなっている。
また、元がファンタジーのため、世界観が極端にファンタジーに寄ってるのも特徴。
2005年 - スターフォックスアサルト[画像を見る]
(旧)namco開発のゲームキューブソフトアーウィンによる本格的な戦闘が可となったが、シューティングオンリーではなく、火器を駆使して生身で戦うTPSの要素もあるなどの理由で、64ファンからの評価は下がりがちである。
STGTPSそれぞれの出来は十分に良い。
また、対戦モードが非常に面いため、対戦をしたかしないかでも評価が分かれたりする。
2006年 - スターフォックスコマンド[画像を見る]
Q-Games任天堂開発のニンテンドーDSソフト。戦略ゲームのようなスタイルで、全ステージ3Dシューティングであるが、ショット以外がタッチペン操作のため慣れるまでが一苦労であり、同じようなことの繰り返しになりやすく、ストーリー的な意味合いでシリーズ一番の駄作ともっぱらの評判である。
2011年 - スターフォックス64 3D[画像を見る]
スターフォックス64』のリメイク作品であるニンテンドー3DSソフト(初代はまだですか任天堂さん)。グラフィックが向上したほか、幾つかの変更点がある。
2016年 - スターフォックス ゼロ[画像を見る]
プラチナゲームズ任天堂開発のWii Uソフトストーリーとしては64の再構成(時系列リセット)となる。
今回からジャイロ操作によるエイムが可となり、テレビWii U GamePadの両方の画面を使用する場面もある。通常のシューティングオールレンジモード、探索要素を含むステージなどが複合的に存在する。
またお蔵入りされた『スターフォックス2』に存在した、アーウィン(戦闘機形態)からウォーカー(二足歩行形態)に変形する機がまさかの実装となった。ちなみに2014年E3にてプロトタイプ任天堂ブースにて開されていた開発中のソフトを宮本 茂が紹介します|任天堂 E3 2014情報[外部]
2016年 - スターフォックス ガード[画像を見る]
ゼロ』と同様、任天堂プラチナゲームズ合作による、12台のレーザー付き監視カメラを用いたタワーディフェンスゲーム2014年E3では『Project Guard』というタイトルで出展されていた。基本ダウンロード販売でソフトウェアとしては上述のスターフォックス ゼロのツインパック版に同梱されているのみ。

外部出演


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(1999年2001年2008年2014年2018年)
任天堂オールスター(+α)の大乱闘アクションゲーム。発売年度はそれぞれ初代、『DX』、『X』、『for』『スペシャル』を示す。
シリーズを通じてフォックスが、『DX』以降にファルコが、『X』のみウルフプレイアブルキャラとして参戦。また、各作品で、旗艦グレートフォックスの上で戦う、ランドマスターで無双など、シリーズモチーフにした要素も。
BAYONETTA2(2014年)
プラチナゲームズ開発・任天堂発売のWii Uソフト
主人公ベヨネッタジャンヌ衣装としてスターフォックスチーム装がアレンジされて登場。デフォルト武器の四丁拳銃スターフォックスチームの4人のぬいぐるみがついたアーウィンブラスターになるなどのアクセントもあり。
更に、この装を装備してストーリー最初のステージPrologue 混沌の世界」をプレイすると途中で助けに来てくれるジャンヌ普通戦闘機ではなくアーウィンに乗ってサポートしてきてくれる。更に。ストーリーの最終ステージChapter XVI 采配の」では、同ステージ最初のシューティングステージスターフォックス64風になる
誰がここまでやれと言った←これがスターフォックス ゼロの開発フラグだった…?

任天堂の人がプラチナに来て銃突き付けて「お前らスターフォックスの新作つくれ」て言われたい…[外部]

- 神谷英樹氏のTwitterより -

どうやら現実になったようである。
Starlink Battle for Atlas(スターリンク バトル・フォー・アトラス 2018、19年)
Ubisoft(ユービーアイソフト)開発のワールドワイソフト。プラットフォームはNintendo SwitchPS4Xbox Oneだが、スターフォックスが登場するのはSwitch版のみ。2018年6月の『E3 2018』にてPV発表され、その際にフォックス及び新規デザインアーウィン4機の戦闘シーンが披露された。発売は北で18年10月16日日本では19年4月25日発売。

「スターフォックス」チーム


[画像を見る]SFC版と64版では設定が異なるが、下記の設定は設定は原則として64版以降のものである。
現在フォックスが率いているやとわれ遊撃隊で、ライラット系でも1、2を争う戦闘を持つ凄腕の戦闘機乗りである。
元々はフォックスジェームズ・マクラウドとピグマ・デンガー、ペッピー・ヘアの3人組のチームだったが、ピグマの裏切りによりジェームズは急死。なんとか逃げ延びたペッピーは息子フォックスの最期を伝えた。
フォックスリーダーを引き継ぎ、ペッピーと共に新メンバーを加えた新生スターフォックスを誕生させる。


次へ»
最終更新日: 19/04/26 00:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ