ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターライトブレイカー


ヨミ: スターライトブレイカー
掲示板をミル!
332カキコ!

スターライトブレイカーとは、高町なのはの知恵と戦術・最後の切り札である。
キーワードは「全全開」。みんな大好きSLB。 

勇気魔法を込めて放つ、非常に強な集束魔法である。


概要


アビリティランク(※TV版1期の時代のもの)
AAA 射程:C 発動速度:E 魔法ランク:S

周囲の魔を一点に集め、さらに圧縮して一気にぶっ放す集束魔法
その威は、作中で「バカ」と呼ばれているほど。

発動そのものに魔消費はど必要なく、威を決めるのは戦闘時の周辺に散らばった魔+術者が上乗せする形であり、戦闘が長引くほど威が増える。
一方で、使用後魔再利用技術は物凄く難易度が高く、なのは自身は魔を回収しやすいように加工・圧縮したうえでシューターだの撃だのを撃っている。これが上記アビリティランク魔法ランクがSにされている所以。
弱点としては、集束するためのチャージ時間は身動きがまったく取れないことや距離による威減衰が大きいことである。

集束撃と言う属性が付いている以上、他にも同様の魔法があると思われるのだが、現在のところこれ以外の集束魔法は登場していない(フェイトプラズマザンバーレイカーがそうではないかという考察はあるが公式の見解はない)。

意味としては「で(Starlight)打ち砕く(Breaker)」であると思われるが、「ブレイカー」が集束魔法す言葉として使われることもある。英語breakerにはそのような意味はないため、ただ単にスターライトブレイカーからの生で「ブレイカー=集束魔法」として使っているだけなのかもしれないが。あまりの破壊から「も(Star)軽く(Light)ぶっ壊す(Brekaer)」魔法であるとのネタ翻訳もあるほど。


1期目の時間軸


この魔法の初登場は、第1期11話の対フェイト・テスタロッサ戦。
なのはさんは、当時のフェイトの最大威の攻撃魔法である「フォトンランサーファランクスシフト」を食らったにもかかわらず、見たほぼ傷、「ディバインバスター」でフェイトのバリアジャケットが破れるほどの攻撃をぶっ放す。
そのあとに、それがあくまで序章であり、メラゾーマではなくメラだと言わんばかりにスターライトブレイカーを「フェイトバインド両手両足を拘束した上で」ぶっ放すという非常に印的なシーンであった。

これを直撃させた際に
クロノ「なんつーバカ
エイミィフェイトちゃん生きてるかなー」
とまで言われている。

小説版では回収した魔黄色ものが混じっており、フェイトのものも再利用したことが明確にされていて、その際のやりとりも若干追加されている。
フェイト「ズルいっ!」
なのは「ズルくないっ!これが私の全全開ッ!

更に、リメイク版である劇場版1stでは管理局製作による劇中作ドラマCD本編劇場版ゲームキャラがそれぞれ交流しているのでそう言い切れない)ということで、演出が大幅に強化されている。
フェイトの「フォトンランサーファランクスシフト」→「スパークエンド」の直撃を受けていたにもかかわらず、外面上のダメージはバリアジャケットリボンが一部破れたぐらい漫画Movie1stでは折とかしているためこの表記)、そこにバインド拘束をかけ、ディバインバスターを撃った上に、魔を溜め込むスフィア戦闘で散らばった魔により、とんでもないサイズに膨れ上がり脈動している状態でスターライトブレイカーをぶっ放した。
運よく左手だけバインドが掛からなかったため、当然ながらフェイトも防御はした。それも五層。しっかりガードを破られたうえ、余波だけで訓練用フェイクビル群が壊滅するという大惨事に陥った。
高町教官、盛りすぎです……。今からStrikerSラストが想像つきません。


A's以降


その後、威が高いが発動にかかる時間がとても長いという短所を解決するのではなく、逆にチャージ時間をさらに長くし、威を高くするようにしてみたら結界破壊のおまけまで付いたり、A's終盤ではフェイトはやてと一斉に巨大魔法をぶっ放したり(トリプルブレイカー)とやりたい放題。StrikerSではヴィヴィオに「ちょっとだけ痛いの慢できる?」と言いつつ、全全開でぶっ放した。すごく痛そうに見えるんですが……(実際のところ、魔ダメージでのノックダウン的であって、苦しんでいたのはレリックが破壊されることが原因だと考えるのが妥当だが)

なお、なのはさん自身にはその威に自覚があまりいらしく、闇の書の意志がぶっ放してきたときも、「こんなに離れなくても……」と言っていた。経験者であるフェイトさんの言うことは聞きましょう。

StrikerS本編終了後にティアナへと伝授された。伝授した理由は魔量が少ないというティアナの弱点をするのに、自身の魔関係に周囲に散らばった魔を利用する集束撃が都合がいいためである。


スターライトブレイカー使用可能人物



厳密には違うが実質的に使用可能な人物



スターライトブレイカーのバリエーション


上から下に行くほど威が上昇している。「」の名を冠する魔法伊達ではない。
尚、StrikerSで使用したスターライトブレイカーex-fbは魔結合を解除する強AMF(Anti Magi-link Field)下であれだけの威叩き出している。
その制限が解かれた時の威は、少なくとも倍以上はあるとみられる。

上記の2つはいずれも複数の対に放つ魔法であるため、対に対する威は低下する。とはいえ、複数対に十分すぎるほどのダメージを与えることが可であり、「」は伊達ではないことがやはり感じられる。ちなみになのはとティアナが同時に放っており、双方ダメージを受け、なのはは戦闘不能状態となったものの、ティアナはぎりぎりしのぎきった(ただし直後にヴィヴィオソニックシューター戦闘不能となったが)。


関連動画



■sm4159119[ニコ動]

劇場版1stSLBがどれほどの威なのかを実際に計算した動画。いかに桁外れな威なのかが数値でわかる。

■sm20238161[ニコ動]

劇場版の専用BGMフェイト視点だろjk・・・

■sm9482366[ニコ動]


関連商品


■dw64202


関連コミュニティ


■co139602


関連項目



最終更新日: 16/10/09 09:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ