ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スターリングラード


ヨミ: スターリングラード
掲示板をミル!
80カキコ!

スターリングラードとは旧ソ連都市のひとつである。


概要


スターリングラードと呼ばれる以前はツァリーツィンと呼ばれていたが、ヨシフ・スターリンの内戦における功績を記念して名された。

しかし1961年スターリン批判の流れの中でフルシチョフによってヴォルゴグラード名された。

スターリングラード戦を讃え、全体が「英雄都市」の称号を持っている。


第二次世界大戦におけるスターリングラード


スターリングラードは「小タンカーに積んだバクー油田の石油、およびカスからの英支援物資モスクワ方面、方面へ運河や鉄道によって輸送するための交通結節点」であったので、ソ連にとっては特別に重要な場所だった。

1941年6月バルバロッサ作戦ドイツの対ソ侵攻)が開始された後、ヒトラーは自身の的を部下にった。「が来る前に達成すべきなのは、モスクワの占領ではない。必ずクリミアの油田とドネツの工業地帯を占領し、コーカサスからソ連軍への石油供給を切断せよ」独ソ開戦時点でソ連石油の84%がコーカサスの油田(バクーグロズヌイ、マイコップ。このうちバクーだけで72%)で生産されており、モスクワ方面への石油供給はカスから河用タンカーで行われていたのである。

ソ連独ソ戦開始後にバクー油田の設備を疎開させたので燃料補給がままならなくなった。そこで英はソ連への燃料補給を開始することにした。バルトドイツに面しているので不可、バルカン半島ドイツが制しているので不可能、やむなく英国北極経由で、米国はウラジオトクからシベリア鉄道で物資輸送を行ったが量的に十分でなく、ペルシャ湾→イランカスという第三のルートが構築された。カスからはソ連の船に積み替え、そこからボルガ北上して最前線に物資を配ることができた。

1942年6月にスターリングラードとバクーす「作戦」が発動。ヒトラーは恐らくカスから英の援助物資が送られてくるのを察知し、その北上補給の遮断を考えたのだろう。

スターリングラードよりバクー油田の占領を優先しても結果は変わらなかった。確保した石油は、船を使用してボルガ河口からスターリングラードまで行き、そこでミニ運河を使ってドン流に入る…という形でしかドイツに届けられなかったのである(カスの間にパイラインがあったが、独ソ戦開始時に撤去されていた)。


スターリングラードの名称復活


1961年をもってスターリングラードはヴォルゴグラードに地名をめられたが、ソ連崩壊後においてもロシア民の間ではソ連時代の栄は未だに残っており、第二次世界大戦におけるソ連祖国防衛戦で勝った歴史を忘れないようにという意識がロシア民の間で芽生え、ヴォルゴグラードの地名をスターリングラードに戻そうという市民運動が盛んになりヴォルゴグラード称をめる署名運動を始めた。

そしてスターリングラード攻防戦勝利70周年にあたる2013年、以下の記念日に限定しての名称をヴォルゴグラードからスターリングラードに戻すことを決定した。

2月2日 スターリングラード攻防戦終結日(ドイツ軍が降伏

5月9日 ヨーロッパ戦勝記念日(ナチスドイツが降伏)

6月22日 ドイツ軍ソ連に侵攻した日

8月23日 スターリングラード攻防戦開始日(ドイツ軍の大爆で戦開始)

9月2日 対日戦勝記念日(日本が降伏文書に調印し第二次世界大戦が終結)

11月19日 ウラヌス作戦開始日(スターリングラード攻防戦におけるソ連軍の反攻作戦開始)

以上の6日間に限りヴォルゴグラード名はスターリングラードにめられ、次の日には名はヴォルゴグラードに戻される。年に6日とはいえソ連時代の徴であった地名に戻されることを市民が望んで実現したことになるが、それがソ連時代のノスタルジーなのか、対ドイツ勝利での威の回帰なのか、いずれにしても第二次世界大戦中のソ連思い出そうとする市民の考えであることに変わりはない。


関連動画



■sm2290650[ニコ動]

■sm490472[ニコ動]
■sm7393475[ニコ動]


関連商品


■az4056038236
■az4102219218


関連項目



最終更新日: 19/12/02 12:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ