ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スター誕生!


ヨミ: スタータンジョウ
掲示板をミル!
1カキコ!

スター誕生!とは、1971年1983年日本テレビ系で放送された歌手オーディション番組である。

日本テレビ史はもちろんのこと、数多くのスター歌手を輩出したことから日本の歌謡界においても「伝説の番組」としてり継がれている。


概要



画期的コンセプト


一般視聴者から出場者を募り、予選会から本選、そして芸プロダクションレコード会社のスカトマンが開で交渉権を獲得して最終的にデビューさせるまで、新しいスター歌手の発掘の過程を番組化してしまうというコンセプトで始まった、当時としては画期的な番組であった。この企画を発案したのは、番組審員としても参加し、デビュー後の歌手の楽曲の作詞を多く手がけた阿久悠である。

テレビ番組導によってスターを育てようとする企画は「夕やけニャンニャン」(フジテレビ)、「ASAYAN」(テレビ東京)などでも登場したが、現在ではそれらの元祖的番組と呼ばれている。


萩本欽一の出世番組


この番組の初代会者として抜されたのが、当時新鋭のコントグループであったコント55号の萩本欽一である。萩本の芸生活において初めての会番組となった「スター誕生!」は、それまでエネルギッシュすぎて一部の視聴者からは敬遠されていた萩本のイメージを大きく変えることとなり、後に「ちゃんのドーンとやってみよう!」「ちゃんのどこまでやるの!?」「ちゃんの週刊曜日」などの冠番組を抱えて『視聴率100%男』(この3番組の視聴率を足すと100%に達するまでの人気番組にしたため)とまで呼ばれるようになる下地を作った番組だと言われている。

じゃんけん遊びの一種である「あっち向いてホイ」はこの番組のゲームコーナーで行われたのを期に全に広がり定着したとされている。

萩本は1980年に降し、以降、隼人タモリ坂本九石野真子横山やすし・西川きよし会を務めた。


塗り替わった芸能界勢力地図


この番組の始まった1970年代前半、テレビ界においてはクレイジーキャッツザ・ドリフターズ、ザ・ピーナッツ沢田研二キャンディーズなどを擁していた渡辺プロダクション(ナベプロ)が絶大な権を握っていた。
しかし、1973年にかつては懇意としていた日本テレビとの間にトラブルが発生する。
日本テレビの看歌番組であった「NTV紅白歌のベストテン」の裏番組に「スターオンステージ あなたならOK!」(NETテレビ、現:テレビ朝日)というナベプロ導のオーディション番組を始めるので、「紅白歌のベストテン移動か終了させろ」という日テレ側には理不尽な話をナベプロ側から突きつけられたのである。
当然この話はこじれ、日テレが「紅白歌のベストテン」を続行した報復として、一部番組を除きナベプロ所属タレント日テレ番組には出演させないという手段に出ることとなった。
ナベプロスター歌手を出演させることができなくなった日テレがその対策として打った作戦が、当時新プロダクションとして設立されたホリプロ、サンミュージックなどとの 関係を強化して、「スター誕生!」でデビューした新人歌手を積極的に日テレバックアップして売り出すというものである。

結果、山口百恵桜田子、子、ピンクレディー中森明菜などがスターダムにのし上がるきっかけを作り、ナベプロ帝国とまで言われた同社の権が低下し、ホリプロ、サンミュージックなどが今日まで続く繁栄の地盤を築くまでに至った。

なお、日テレとナベプロ1980年代初頭にこの事件について和解をしている。


主な出身歌手


なお、徳永英明本田美奈子.など、後にスターとなった面々の中にも「スター誕生!に応募・オーディションを受けたが落選した」というケースも数多く存在する。後に声優として大成した佐久間レイも出場経験がある。 


関連動画



■sm1127458[ニコ動]

 ■sm12391618[ニコ動]


関連商品


スター誕生!に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/10/01 21:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ