ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スッポンモドキ


ヨミ: スッポンモドキ
掲示板をミル!
27カキコ!

 

スッポンモドキ

スッポンモドキとは、カメスッポンモドキ科スッポンモドキ属に分類されるカメである。
吻端の形状からブタバナガメ、ブタハナガメ、ピッグノーズタートルの他にフライバータートルとも呼ばれる。


概要


学名 Carettochelys insculpta
分布 インドネシアパプアニューギニアオーストラリア
全長 甲長 約5060cm(最大70cm以上)
食性 雑食面に落ちた葉や果実、昆虫など)

ウミガメのような四肢を動かし、河川中を泳ぐ、棲のカメ
その頭部や甲羅からはスッポンを連想させるが、本種は一科一属一種を形成しており、スッポンとは分類上大きく異なる。背甲や甲には甲く、丸く盛り上がった背甲の表面は皺のある皮膚に覆われている。期の終わりになると、砂や泥の中に4~39個程のを二回に分けて産む。の中の幼体は全に成長してもすぐには孵化せず、期まで休眠する。

現在このカメは、環境悪化や食用・ペット用としての乱獲により、野生個体数が減している。
日本でもスッポンウミガメの特徴を併せ持ったような姿が人気を呼び、過去に多くのスッポンモドキがペットとして輸入されたが、2005年に本種がサイテスへと分類されたのを切っ掛けに流通量が減り、価格もそれなりに高騰した。

そもそも、本種を終生飼育するには大変な手間や資必要不可欠となる。
甲長60cmカメがどのくらい巨大かを想像し、そのカメ自由に泳ぎまわるにはどのくらいの大きさの水槽が必要なのかを想像してほしい。さらにの汚し方も熱帯魚ではない為、その大きな水槽を頻繁に交換する必要がある。寿命それなりに長く、20年は生きるとされる。また、気が荒く協調性も低い為、多頭での飼育には向かない。

以上の理由から、スッポンモドキはグリーンイグアナなどと並んで「入手は容易でも飼育は困難な種」と言われている。
実際、かつて熱帯魚店などで大量に売られていたベビー個体のどは、数年で死んでしまったか、飼いによって手放されてしまったと予測される。


関連動画



■sm6469624[ニコ動]

■sm6469667[ニコ動]
■sm9966504[ニコ動]
■sm9006640[ニコ動]


関連コミュニティ


■co5362


関連項目



最終更新日: 12/08/02 23:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ