ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ステルスバイパー


ヨミ: ステルスバイパー
掲示板をミル!
10カキコ!
ゾイド > ステルスバイパー

ステルスバイパーとは、『ZOIDSシリーズに登場するヘビ隠密戦用ゾイドである。
発売当初の名称はスネークスだったが、1999年の復刻の際は商標登録の問題から名称をめられた。
よって本稿ではスネークスについても合わせて記載する。

機体解説

ステルスバイパー
STEALTH VIPER
基本情報
RMZ-025
RZ-020
所属 ヘリック共和国
モチーフ ヘビ
スペック
全長 20.8 m
全高 3.0 m
全幅 4.2 m
重量 23.6 t
最高速 180 km/h
220Km/hという記載もあり)
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

ステルスバイパー

ヘリック共和国が奇襲戦用に開発したヘビゾイド
完成当初はスネークという名称であった。

その細長く柔軟な機体は岩場や森林といった入り組んだ不整地形において高い走破性と侵入性を発揮し、さらに地中および砂地などに潜り込んでの待ち伏せや遁走も可になっている。
それでいてコンパクトな体と移動時の静寂性から敵の認識性も低く、奇襲や不意打ちにおいても大きな効果を得られている。

マシンガン対空ミサイルなど豊富な射撃武器を持ち、視性の悪い場所に潜り込んで接近してきた敵ゾイドを撃ち倒すというスナイパーのような戦法を得意とするが、その分格闘兵装に乏しく、直接的な対ゾイド戦は苦手と思われるものの、いざとなればその長い胴体に巻きつけて締め上げる事で敵ゾイドを攻撃できる。

活躍したのは中央大戦争の一時期だけで、時代を経るに連れてその有用性は失われていったが、第2次大陸戦争ではその名称をRZ-20ステルスバイパー”にめられて再就役を果たし、西方大陸での戦いにおけるゲリラ戦で大きな戦果を上げ、地上ゾイドでありながら敵飛行ゾイドを恐れさせる数少ない存在となった。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2034年ロールアウト。第2世代共和ゾイドとしてスネークスの名で開発された。

とは言え、この頃は特に具体的な活躍の機会のないまま歴史の中に消えていった。

しかし、その後の第2次大陸戦争においてステルスバイパーとして再就役された際には未開の地の多い西方大陸でそのステルス性を遺憾なく発揮する機会を与えられ、砂漠森林地帯を侵攻しようとした帝国軍を尽く妨し、その攻撃を失敗に終わらせている。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』と『ゾイドジェネシス』まで登場。


ゾイド -ZOIDS-』では第2部よりヒルツの配下の乗機として登場。

ヒルツオーガノイド、アンビエントが貸し与えられており、このアンビエント融合する事で全長が倍近く延長し、基地一つ落とせるほどの戦闘力を発揮できるようになっている。バンのブレードライガーとの戦闘では口内に仕込まれた煙幕攻撃でバンを翻弄したが、バンにそのを利用されて逆転された。

他にもモブ役としてステルスバイパーが登場する場面もあった。


/ZERO』ではゾイドバトル選手機として登場。

チームチャンプの所属機としてベンジャミンチームブリッツと交戦。他にもこのステルスバイパーのみで構成された別チームが存在したが、ゾイドバトルに臨もうとしたバックドラフト団の乱入を受けて全滅した。


ジェネシス』ではルージ達が最初にやってきたハラヤードの町を縄りとするならず者の乗機として登場。

他の仲間と共にルージ達に因縁をつけて襲いかかったが、レインボージャークとムラサメライガーの前に最終的には敗れ去った。


余談だが、上山道郎版『機獣新世紀ZOIDS』のアーバインコマンドウルフではなくこのステルスバイパーを機としており、さらに後にはステルスドラゴンとして強化されるに至っている。

お絵カキコ

[画像を見る]

関連動画

スネーク


■sm9520113[ニコ動]

こっちはステルスバイパー

■sm15837724[ニコ動]

関連商品

■azB0002U3L7C

スネークスもどうぞ。

■azB0012HSRPK

関連項目


最終更新日: 15/10/24 11:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ