ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ストライカー・カスタム


ヨミ: ストライカーカスタム
掲示板をミル!
16カキコ!

触れる物 皆り捨てる
その姿はまさに 抜き身の
の如

ストライカー・カスタム(RGM-79FC)とは、漫画機動戦士ガンダム カタナ』に登場するモビルスーツである。

本記事ではフルアーマー・ストライカー・カスタム(カタナ)も扱う。


概要


STRIKER CUSTOM
ストライカー・カスタム
RGM-79FC
頭頂高 18.0m
重量 52.2t / 76.3t(全備)
1,380KW
94,000Kg
備考 妖刀システム
搭乗 イットウ・ツルギ
ユージアルカナ
ボンチャイヤスビッチ
兵装 インビームサーベル
スパークナック
バーストナック
ナックル・ダガー×2
フカサク

地球連邦の創設から続く対破壊工作特殊捜部隊「バーゲスト(BGST)」に属する格闘特化モビルスーツ連邦の懐と畏怖されるBGST部隊を築いたツルギの先代カネサダツルギの子息、イットウ・ツルギ中佐の専用機。

一年戦争時のジム系最高峰に位置するRGM-79FP「ジム・ストライカー」を終戦後に改造した機体で、ガンダムの頭部を持つが実際はガンダムTR-1[ヘイズル]水中型ガンダムなどと同様、ジムMSに分類される。

前作「オレら連邦愚連隊」で活躍したMS教導部隊「ネメシス」で培ったジム・ストライカーの実戦データをフィードバックジオン系の技術を採り入れた新武装は新とまで言われ、武装の装着の為に新バックパックに変更している。

ジム・ストライカーと同じく、炸の作動で衝撃を相殺する増加装甲式「ウェラブル・アーマー」で全身を覆っているため実弾には滅法強い。
またイットウ中佐は武を重んじるツルギの出身である。彼自身が相手の動きを見切って回避しつつ必殺の間合いを制するスタイルのため、ストライカー系の格闘性ポテンシャルを極限まで引き出す事が出来るのも強み。

この他、ジム・ストライカーコンセプトを継承したRX-81ASジーラインアサルトアーマー」形態のように宇宙でも運用可となった。
ストライカー系の次世代モデルに恥じぬ進化を遂げたジムFCは、パイロット《妖刀システム》を含めた性一年戦争における陸戦機の最高峰「ガンダムピクシー」すらも圧倒すると言っていい。

なお、当初は元ネメシス部隊のユージアルカナ中尉パイロットとして予定されていた。ユージアルカナは戦中に悲運に見舞われ、の中で軍を退役していたが、後に同僚の誘いもあって軍に復帰している。
アルカナ中尉の乗機「ジム・ストライカー」はシン・フェデラル軍によって妖刀システム搭載ガンダムヘッドに変更、ストライカー・カスタムに修された。


妖刀システム


ストライカーカスタムの頭部に搭載されていたシステム。発動時にデュアルセンサーくなり、人体では耐えられない速度で機動するようになる。
正体はEXAMシステムと、NTの兆があったイットウの感波を元に作られた感応AIである。

元来はBGSTの創設者であるイットウの祖ムラマサツルギが人心を正しく導き、地一心に至るために開発した精修行法の器だった。しかしムラマサ息子である先代カネサダツルギが、全人類のNTへの進化を促進させるためにを誤った使用法を模索するようになり、このシステムも姿を変えることになる。

イットウのストライカーカスタムに積まれた妖刀システムは、先代カネサダ、そしてカネサダが生み出した強化人間プロジェクトに対する憎悪を増大させていた。
現在の妖はイットウのカネサダに対する憎悪を取り込み、破壊衝動に駆られている。これによりカネサダが関与した他の妖や人為的な強化兵(強化人間)に反応し、自立起動する妖刀システム》が発動するリスクも持つ。言ってしまえばガンダムカタナ版のEXAMシステム

妖刀システムの波動(サイコウェーブに近い物)は“妖波”と呼称される。
波動を転用して「振動」を浴びせ、対物質を砂にする兵器としても利用できる。ツルギ流の居合術・義「底気」を科学的に再現したものとされている。


カタナ(フルアーマー・ストライカー・カスタム)


FA STRIKER CUSTOM
カタナ
FA-79FC
重量 122.2t(全備)
備考 妖刀システム
搭乗者 イットウ・ツルギ
兵装 頭部バルカン砲×2
インビームサーベル
スパイクシールド
ナックル・ダガー×2
二連ビームキャノン
背部ロケット
胸部ミサイルベイ×2
脚部ミサイルポッド×2
フカサク

振動を抑制するため重装甲化したフルアーマー形態。
通称:KATANA-カタナ-

修はハーモニーⅠにおいてムラマサツルギ導で行われ、シン・フェデラル軍のアレックス増加装甲試験ジム・ストライカー共食い修理が為された。

ガンダムNT-1の増加装甲をセカンドアーマー代わりに装着し、武装面では2連ビームキャノンや背部ロケット、各種ミサイル兵装、コールサーベル「フカサク」を追加。

頭部にはジム・ストライカーの妖刀システムのコピー移植している、イットウ中佐の技術から振動の再現も可であったが、機体や搭乗者へのが懸念され、増加装甲はそれを抑制する為の「」としてつけられた。

ガンダムにおける重装化は「高火力の兵装をいっぱい搭載して凄く強い」とはならず、どこかしらに短所を抱えてしまうため一元にパワーアップとは言い辛い側面もあり、それが本機では顕著に表れている。
原作者いわくパワーダウンハンデを背負わせるために重装化したとの事(ただ単純な火力ではストライカー系列の中では群を抜いているのだが…)。

なお、イットウ中佐は壊滅的なまでに射撃が下手だが、妖刀システムの射撃コントロールもあり、命中率はスナイパー並に補正がかかっている(つまり搭乗時だけ欠になる)。


武装 / 奥義



関連動画



■sm19213334[ニコ動]


関連商品


■az4047154148


関連項目



最終更新日: 20/03/30 13:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ