ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ストライクガンダム


ヨミ: ストライクガンダム
掲示板をミル!
447カキコ!

ストライクガンダムとは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場するMSであり、前半役機体である。

概要

STRIKE GUNDAM
ストライクガンダム
GAT-X105
全高 17.72m
重量 63.0t
搭乗者 キラ・ヤマト
ムウ・ラ・フラガ
装甲 フェイズシフト装甲
武器

地球連合軍とオーブのモルゲンレーテ社が共同開発した新モビルスーツコロニー・ヘリオポリスで極秘裏に開発されていた5機のGの1つで、正式名称「GAT-X105 ストライク」。

中立隠れ蓑にしてヘリオポリスで開発が進められた。機体と武装そのものは既に完成していた。専用のパイロットも養成されていたが、OSだけは未完成でまともに動かす事すら出来ない致命的な欠点があった。

ザフトヘリオポリス襲撃事件において、Gの強奪を狙うザフトから本機を守る為、技術士官マリュー・ラミアスによって起動。しかしOS未完成だったため、戦闘どころか基本的な動作もおぼつかない様な状態であった。

危うく撃墜される所を、緊急避難の為同乗していたコーディネイター、キラ・ヤマトがその場でOSを書き換え、ザフトモビルスーツジンの撃破に成功。その後、同じくヘリオポリスで建造された運用母艦アークエンジェルと合流した。このためストライク一、ザフトの強奪を逃れたモビルスーツとなり、以降はアークエンジェルの戦として戦い続ける事になる。

しかし、キラが組み上げたOSは非常にピーキーな設定がされており、に劣るナチュラルに扱える物ではなくなっていた(OSを以前の物に差し戻す案もあったが、ストライクはまともに戦闘が出来なくなるため却下された)。アルテミスに入港した時には、ストライク悪用されないようロックを施した事もあった。なし崩し的にキラストライクパイロットとして、自身や友人が乗り込んだアークエンジェルザフトから守るため戦うことになる。しかし自分にしか動かせないという理由でストライクに乗せるマリューたちに対し、キラは「卑怯だ、あなたたちは!」と吐き捨てている。それでも友人を守るため戦った。

当初は他のG4機が全てザフトに強奪され、それがアークエンジェルの追撃用戦として運用されると言う圧倒的劣勢ではあったが、キラパイロットや、エースパイロットであるムウ・ラ・フラガの搭乗するMAメビウスゼロによる援護、そして本機の汎用性の高さもあり、戦を潜り抜け地球へ降下に成功。

地上での戦闘でも、「砂漠の虎」と呼ばれるアンドリュー・バルトフェルド率いるバルトフェルド隊や、強奪されたGの1機、ブリッツを撃墜する等大活躍した。しかしアスラン・ザラが搭乗するイージスガンダムとの戦いでイージス自爆により大破してしまう。

その後オーブ軍によって回収・修復された本機は、完成したナチュラルOSを搭載され、ムウ・ラ・フラガパイロットとして再びアークエンジェルの戦として舞い戻る。修復後初の出撃となるオーブ解放作戦では、MSでの実戦が初となるムウパイロットとしながらも、量産型ストライクダガーや、より新であるカラミティガンダム相手に善戦した。その後は三隻同盟の戦の一つとして活躍。

最終決戦となる第二次キンドゥーエ攻防戦において、クルーゼプロヴィデンスガンダムとの戦いで中破、アークエンジェルに着艦しようとした際に発射されたドミニオンローエングリン陽電子からアークエンジェルを身を挺してい、爆散した。ヘルメット?知りません

本編だけで同じ機体が2回も撃破されている上、同機も最終的には似たり寄ったりな運命を辿る事が多い悲運の機体でもある。が、パイロットの命は事な事が多い為、パイロットに尽くす機体でもある。

キラは初搭乗の際、OS動画面に表示された本機OS頭文字GUNDAMをガンダムと呼称し、それがきっかけで
自機にガンダムペットネームを付け続ける事になる。フリーダム乗り換えてもこの趣味は変わらなかった(これは、フリーダム初見した際のラクスとのやり取りの影もあるが)。逆に他の人物からは常にストライクと呼ばれており、ガンダムと呼ばれる事はかった。(機体名に『ガンダム』を持つのは外伝ライゴウガンダムのみ)

ストライカーパック

ストライクガンダムの最大の特徴は、「ストライカーパックシステム」と呼ばれる装備換装機構。戦況によって装備を換装する事により、撃戦、接近戦など様々な状況に臨機応変に対応する事が出来る。

このシステムの有用性が実戦で明された事から、連合では105ダガーなど本機の量産型に当たるMSが作られ、ザフト側でもストライカーシステムの技術試験機「テスタメントガンダム」が作られる。

テスタメントから「ウィザードシステム」やインパルスガンダム専用の「シルエットシステム」が開発されるなど、ストライカーパックの思想や設計を発展させた物が生み出され、C.E.世界MSに大きな影を与えた。

エールストライクガンダム

■im2107726(静画)

高機動戦闘ストライカーパック「エールストライカー」を装備した形態。
赤い翼が特徴的なストライカーで、自在な飛行こそ出来ないものの、滑を利用した中戦が可。続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でストライクルージュが装備していたものはで飛行が追加されている。
パックの固定装備がビームサーベルしかないものの、逆にそれ以外にエネルギーを食う兵装がない事、ソードやランチャーストライカーべ大のためエネルギーの容量も他のパックとべて多い。

そのためビームライフルの使用に適しており、最も汎用性に長けている。基本3パックの中でビームサーベル一装備する形態でもある。劇中で1番使用され、対ビームシールドビームライフルと一緒に装備して出撃することが多かった。
タイトルバックを飾ってるのもこの形態。
特に多数の敵に対しての防衛戦が多かったキラ搭乗時には最も有効度が高かった。

なお、実質的な基本形態ながら最も登場が遅い。

ストライクガンダムの模型化も基本はエールストライクであり、HGハイグレード)MGマスターグレード。後にバージョンアップ)RG(リアルグレード)HGCE(ハイグレード・コズミックイラ)でリリースされている。

ソードストライクガンダム

近接格闘戦用ストライカーパック「ソードストライカー」を装備したストライク

対艦「シュベルトゲベール」を筆頭に接近戦用の武装がっている。但し、そのシュベルトゲベール未完成武器であり、本来は敵戦艦薄しての対艦攻撃が眼の装備のため、逃走・迎撃が基本のアークエンジェルではあまり有効に運用されていたとは言い難い。
地味に劇中最初に装備されたストライカーパックであり、これで初陣を飾ったキラは襲撃してきたミゲルを撃墜している。そしてこの事実キラアスラン友情に最初の裂を入れることになった。

対艦シュベルトゲベール
ソードストライクガンダムの兵装。身の丈ほどもあるレーザー、実体複合の大剣。柄の部分にビームが搭載してあるが、ストライクの物は試作のため外装のみとなっている。
マイダスメッサーとの連続攻撃でミゲルを撃墜した武装である。

マイダスメッサー
左肩にアーマーとともにマウントされるビームブーメラン。大容量バッテリーを搭載しており、投げつけて手元から離れてもビームを維持したまま弧を描いて手元に戻ってくる。戻ってくる原理は不明。

パンツァーアイゼン
左腕に装着されるロケット推進式のアンカーアンカー先端にはクローがついており、これで対を捕縛する。また、左腕のアンカー基部はシールドの役割も持つ。

ブリッツを撃墜したのもこの形態であり、その際のり方は「ガンダムVS.ガンダム」に採用された。通称「ニコルり」。「ガンダムVS.ガンダムNEXTPLUS」では再現出来る。ニコルゥゥゥゥゥゥゥ!!


続編のEXVSシリーズではブリッツガンダムも参戦しているが、これの敗北演出がこの「られて爆散するシーン再現」になっている。

ランチャーストライクガンダム

距離撃戦用ストライカーパック「ランチャーストライカー」を装備したストライク

320mmインパルス「アグニ」を始め、遠距離用の武装が豊富。対MSには向いておらず使用された回数は少ないが、本編で最初に装備されたストライカーパックがこれ。

アグニ
正式名称[320mmインパルス「アグニ」]
シュベルトゲベールと同じく身の丈程の身長を持つビームバックパックには保持用のアームが備わっており、これとストライク本体のマニピュレーターで保持する。MSを一撃で溶解させるほどの威を持つが、大火力、大故に取り回しが悪い。発射には本体のエネルギーを使用するため消費エネルギーも大きい。

コンボウェポンポッド
右肩に装着される緑色のアーマー兼複合兵装ユニット120mm対艦バルカン砲350mmガンランチャー(2連装ミサイルランチャー)で構成される。な用途は敵の接近を防ぐための自衛用など。


ロボットアニメ主人公機はり合いしてる方が絵になるものなので、戦装備なんて大抵こんな扱いである。
が、一応作中ではアークエンジェル上で固定砲台として活躍することもあった。また、エールストライカーで窮地に陥った時に宇宙空間で換装を行う(しかもデュエルガンダムに狙われながら)というキラがやってのけ、彼らのピンチを救っている。爆煙の中から突如ビームが放たれ、かわし損ねたデュエルの腕を跡形もなく溶解させるシーンが有名かもしれない。


次へ»
最終更新日: 20/01/19 12:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ