ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ストーム


ヨミ: ストーム
掲示板をミル!
6カキコ!

ストームとは、

  1. 」のこと。
  2. X-MENの登場人物。
  3. 映画ドラえもんのび太とふしぎ風使い』の登場人物。
  4. OVA真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』のOP題歌。「STORM」も参照。
  5. マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)の。初出は2003年発売の『スカージ』。MTG黒歴史のうちのひとつである。

この項では5.について詳説する。


概要


ストームは、スタック上で機する誘発である。「ストーム/Storm」は「あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにこの呪文より前に唱えられた呪文1つにつき、この呪文コピーを1つスタックに積む。この呪文が対を取るなら、あなたはそれぞれのコピーの対を選びなおしてもよい。」を意味する。

引用元[外部]

ターンの間に他の呪文を唱えれば唱えるほど、コピーが大量生成されるキーワード。例として《苦触手》というカードを挙げる。

Tendrils of Agony / 苦触手 (2)()()

ソーサリー

プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。

ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対を選んでもよい。)

引用元[外部]

このカード、単体で使うと4マナライフを2点吸い取るだけの効率の悪いカードである。しかしストームがあるため、1ターンの間に9つ呪文を唱えてから使えば、9つのコピーが発生するので、本体と合わせて初期ライフ20点を吸いきることができる。その性から、多くのストームデッキのフィニッシャーとして採用された。

Dragonstorm / ドラゴン (8)()

ソーサリー

あなたのライブラリーからドラゴン(Dragon)・パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)

引用元[外部]

スタンダードで大暴れしたストーム呪文といえば《ドラゴン》が有名。9マナと重たいが、マナ加速呪文を使えばストームを溜めるのと同時にマナを増やせる。当時は《ボガーダンヘルカイト》という、戦場に出たときに5点ダメージを与えるドラゴンがいたため、ストーム3で《ドラゴン》を唱えれば《ボガーダンヘルカイト》が4枚出てきて試合終了である。低確率だが1ターンキルも可

ストームが登場する前のコンボデッキと言えば、特定カード依存していることが多かった。しかし、ストームの相方になる呪文は「マナを増やす」「カードを引く」呪文ならばなんでもよく、その環境で一番優秀なカードを使える。また、ストームは呪文コピーを大量につくるため、《対抗呪文》や《意志の力》といった強な打ち消し呪文でも対応しにくい。

特にエクステンデッドなどのカードプールが広いフォーマットでは、歴代の強マナ加速呪文・ドロー呪文を選び放題なため猛威を振るい、ストーム登場直後のタイプ1(現在ヴィンテージ)の『ロング・デック』は、当時制限カードガバガバだったこともあり、MTG歴代でも最強クラスデッキとして知られている。スタンダードでも前記の《ドラゴン》を使った『ドラゴンストーム』などが後の時代で活躍した。

現在でも、モダンの『けちストーム』やレガシーの『ANT』など、ストームを中核にしたデッキは活躍している。ストームデッキがらみでの禁止カード(特にマナ加速呪文)も多く、コモン限定構築のPauperではまともに使えるストーム呪文はすべて禁止されている。特に酷いのが《精神の願望》であり、使用解禁からわずか0日でタイプ1で制限、タイプ1.5(現在レガシー)で禁止カードされている。

ストームという自体も、“発掘”や“親和アーティファクト)”などと並ぶブッ壊れシステムと認識されており、今後一般エキスパンション(=スタンダードモダンで使える)での再録はほぼありえないと開発チームの偉い人からも釘を刺されているストーム値:『タルキール覇王譚』ブロック[外部]


関連動画



■sm41598[ニコ動]

■sm25744631[ニコ動]


関連商品


■azB0146G5YNQ
■azB0152BVUFU
■azB005OVIZ8O
■azB00AXPPIGS
■azB01FC2SXDG
■azB005OVIC1Y
■azB0062DV2QU


関連項目



最終更新日: 17/12/21 08:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ