ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スノーギラン


ヨミ: スノーギラン
掲示板をミル!
9カキコ!

スノーギランとは、『ウルトラマンA』に登場した超獣である。作中では「スノギラン」と発音される。また、本項ではスノーギランを操るナマハゲについても解説する。

スノーギラン

別名「超獣」。ナレーションでは「雪だるま超獣」と呼ばれていた。

超獣:スノーギラン
登場作品 ウルトラマンA
登場エピソード 第38話「復活!ウルトラの父
身長 49メートル
体重 27,000トン

概要


ナマハゲによって操られる超獣
体はヒダに覆われており、発器官のついた突起が頭に二つ生えている。頭部からは人間を失明させる怪線を、管状の口と両腕からは吹雪を発射する。

春風園という児童養護施設に贈られた発泡スチロール製の雪だるまの中から出現し、手始めに春風園の職員を失明させた。その後、閃光と共にに現れて失明者を続出させる。

TACとの戦いでは、TAC隊員たちが防護グラスでを護っていたため怪線は通用しなかったものの、吹雪を吹き付けて勝利
続くウルトラマンエースとの戦いではメタリウム線にも耐え、吹雪と怪線の連続攻撃でエースを倒しその体を踏み付けた。

エースが倒れた後はを破壊し、人々を次々と失明させていった。しかし、サンタクロースに扮して春風園を訪れていたウルトラの父巨大化し、エースを復活させてしまう。
更にウルトラの父によってナマハゲが倒されると逃走を謀るがエースによって阻止され、2発メタリウム線を浴びてついに絶命した。

スノーギランが失明させた人々は、ウルトラの父が呼んだ南夕子の線で視を取り戻した。

伝説怪人ナマハゲ
身長 2メートル
体重 75キログラム

ナマハゲ


スノーギランを操る怪人ライダー怪人でお染みの沢りつお。
の面に、手には包丁というナマハゲそのものの姿をしている。八百万らず、異を崇めクリスマスを持て囃す人々に対し怒りを抱いている。

かなりのハイテンションでスノーギランに命を下していたが、ウルトラの父ファザーショットを食らって殺された。

ウルトラマンメビウス』の時代では、クリスマスの時期にウルトラの父地球を訪れることが多かったため「ウルトラの父降臨祭」が開かれているが、ナマハゲの行動が異どころか異人が崇められるきっかけの一つとなってしまったのは皮と言えよう。


余談


作中で子供たちが番組の主題歌を歌うシーンがある。あれ?エースの正体バレてる?


関連動画



■1229320408[ニコ動]


関連商品


■azB004AM75MU
■azB007IDPW3W
■az4434041002
■azB0068EM384


関連コミュニティ


■co5772


関連項目



最終更新日: 12/12/24 17:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ