ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スピードシンボリ


ヨミ: スピードシンボリ
掲示板をミル!
5カキコ!

スピードシンボリとは、日本の元競走馬・種である。
一時代を築き上げた大生産シンボリの総帥和田、ひいては日本産地に「世界で勝つ」、特に「凱旋門賞を勝つ」ということを大標として植えつけるきっかけとなった名である。 

(以下、齢表記は現在の表記法で記述、敬称略)


概要


は大種Royal Chargerの直ロイヤルチャレンヂャー、スイートインハイペリオンの産駒であるライジンライトという血統である。今となってはようわからん血統である。
幼駒の時代は足長でひょろりとした体で、買いこうとするバイヤーと将来性を高く買う和田との折り合いが付かず、結局シンボリの持ちとしてデビューする事になった。

2歳(現在齢表記)のデビュー。しかし4着2回と勝ちきれなかったものの、3戦で勝ち上がると3連勝を飾り2歳シーズンを終える。
クラシックシーズンにそこそこ有望なとして臨んだが、京成杯を勝ったくらいであった。それでも、ダービーでは28頭立ての8着となかなかに健闘してみせたのは才の表れであったか。
は才開き始め、古相手の京成オータハンデで斤量が軽かったとは言え2着、セントライト記念敗したヒロイサミとの差を0.6詰め3着、菊花賞ではナスノコトブキを大外強襲で追い詰め僅差の2着。
有馬記念でも覚醒した勢いそのままに一流の古相手に一歩も引かず3着。遅れてきた大物感をたっぷり発揮したを締めくくった。 

4歳になるともうとどまるところを知らない強さと形容すべき勢いで驀進。3連勝で天皇賞を奪取。終戦日経賞も勝ち4連勝。当時天皇賞は一回勝つと出られなくなるため、有馬記念しか標がなくなる古も多かった。
しかしそこはで知られた和田有馬らしく当時アメリカで行われていた際招待競争・ワシントンDCインターナショナルに向かう。 
当年のアメリカ二冠Damascusアイルランドダービーセントレジャー勝ちのリボッコら精鋭9頭がったこのレース、スピードシンボリは2番手を追走し、勝ちのFort Marcyと2着のDamascusにかわされると失速したが、りにり、1着から8身差の5着に入る。
ちなみに、タケシバオータカマガハラらスピードシンボリ以前や以後に日本の王者級のが8頭遠征しているが大体最下位、かつ20身以上ちぎり捨てられて勝負に一切ならなかったということを考えれば、スピードシンボリの卓越したというものが分かっていただけると思う。
後、一ヶしか間のない有馬記念に強行出走しさすがに疲れきっていたか4着に敗れた。しかしタケシバオーすら遠征後はひっくり返ってしばらく休んだというのに凄まじいタフネスである。

5歳時は標がなく、さらに前年度のは全くらしからぬ走りであった。にはきっちり復活し3連勝を飾るが、有馬記念では3着に敗れてしまった。
6歳になると再びの海外和田の夢である欧州遠征を計画。日本で4戦して2勝した後キングジョージに遠征。先行して見せ場たっぷりに行くが5着に敗れる。ちなみに付けられた差は8身3/4。彼と世界との差はだいたいこんなものだったのだろう。
この後は凱旋門賞フランスに転戦。ドーヴィル大賞典(シルフィードでシルフィードがステップに使ったレース)では逃げ潰れて10着ブービーに敗れ、本番もボロ負けかと思われたが
凱旋門賞では追い込みに切り替え、10着となんとか形は作ってみせた。ドーヴィル大賞典で負けたDjakaoには先着してみせたし、当時のレベルでは上々であろう。
そして、帰して有馬記念に出走。帰直後は引退寸前の衰弱っぷりだったとは思えない走りで菊花賞を勝った上がりアカネテンリュウの勢いを止め、クビ差振り切り勝利。ついにグランプリホースとなった。

7歳となっても現役を続行。これはJRA際招待競争を作るという話があったため、世界と戦ってきた彼をそのレースに出さずして終われるか!という和田プライドの発露だった。
しかし、この案は競走馬輸入自由化決定でキレた生産界の感情に配慮しポシャってしまった。 ジャパンカップ創設までに更に10年の時間を要することになる。
しかし彼は現役続行。宝塚記念を制すなど絶好調であったが、には成績が落ち込み始める。それでも営は「際招待競争がないなら、有馬記念はきっちり取って引退させよう」 と有馬記念連覇のみに絞って調整。
その想いは報われ、前年度のリベンジを図ったアカネテンリュウハナ差抑えこみ連覇達成。 ちなみに7歳でのGⅠ級制覇はこの後オフサイドトラップまで達成されなかった。

この後種入りしたが、種としては抜群とまでは行かず、精密機械的なラップ刻みで逃げたステイヤー・ピュアシンボリが精々であった。
しかし、としてシンボリルドルフを輩出。彼が果たせなかった日本際招待競争・ジャパンカップ勝利を達成し海外に羽ばたこうとしたが、海外制覇の夢はわなかった。
そんな孫の挑戦を見届けた後、1989年5月に亡くなった。26歳であった。

和田騎手調教師としてシンボリルドルフを育てた野二の影から、いつしか日本競馬界の重鎮達が凱旋門賞制覇を夢とするようになり
彼の夢を継ぐ者達が次々と凱旋門賞に挑んだ。しかし、エルコンドルパサーナカヤマフェスタオルフェーヴル(二回)が2着に食い込んだのが精一杯。
彼や周囲の人間が作った夢という名の「呪い」あるいは「呪縛」 を振りほどく競走馬は出現するのだろうか…


エピソード



関連動画



■sm8298875[ニコ動]

■sm6819612[ニコ動]
■sm5637178[ニコ動]


関連商品


スピードシンボリに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


スピードシンボリに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/10/07 14:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ