ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スピードデュエル


ヨミ: スピードデュエル
掲示板をミル!
164カキコ!

スピードデュエルとは、遊戯王OCGにおけるデュエルシステムである。
ゲーム作品では以前から採用されていたものだが、2016年頃から初心者向けに制定され始め、2017年度のスターターデッキから公式ルールブックにて採用されている。
アニメでは『遊☆戯☆王ヴレインズ』で初登場。


概要


気軽にデュエルをすることが出来るスピードルールのことであり、基本1デュエルにかかる時間がノーマルべて速い。また、どのルールOCGの通常ルールべて使用するカードが少ない。


全マスタールール共通ポイント


マスタールールの癖で動いてしまうと、メインフェイズ2の有で戦術が大きく狂ってしまうため、注意したい。バトルフェイズを行った後にカードを伏せたり後続を召喚することができない。

2017年度OCG版(新マスタールール対応)

マスタールール4の施行により、エクストラモンスターゾーンが追加されている、現行最新のスピードデュエル。ペンデュラムゾーンの移動もあり、ペンデュラム召喚の使用が不可能であり、仮にペンデュラムモンスターを使用してもただ墓地に行かないだけのカードになってしまうため、基本的には使用は推奨されない。

以下、この新マスタールール版を基準とした各媒体での相違点を記載する。

デュエルターミナル版

一番最初に登場したスピードデュエルルール
後年追加されたルールには当然ながら非対応として、な相違点はデッキ枚数が10枚+エクストラデッキが最大4枚なところ、フィールド魔法ゾーンが存在しないところ。そして何より、デッキが10枚しかないためか、最後のデッキ切れの場合の措置が他のルールと大きく異なる。
また、初期はライフ3000、開始時の手札が3枚だったが、後に現在のスピードデュエルと同様の形に調整された。

アーケードゲームという性質上、OCGルールではどうしても1回の遊戯が長くなってしまうため、このような簡易ルールが開発されたと思われる。

最強カードバトル!版

当時のマスタールール3準拠のため、ペンデュラムゾーンが別個に存在し、スピードデュエルでペンデュラム召喚を行うことが可
また、フィールド魔法が一切収録されていない。

デュエルリンクス版

初代のキャラクターを中心としているためか、新マスタールール後も初代に近いルール継続しており、エクストラモンスターゾーンが導入される気配がない。
なお、OCGにない特殊ルールとして、使用アバターごとに設定された“スキル”というものを使用できる。

VRAINS版

基本的なルール2017年OCGルールと同じだが、アニメの特殊ルールとして、デュエルリンクス実装されているような”スキル”というものが存在。ライフ回復やモンスター値強化など、様々な効果をプレイヤー自身が発動できる。
ただしこのスキルには1デュエル1回という制約があり、デュエルリンクスよりさらに厳しい縛りとなっており、ゲーム外の要素の乱発が不可能となっており、過去作品にあった不満点をある程度解消している。

アニメではデータストームを利用して行うデュエルであり、データストーム消失と共に作中では行われなくなっており、忘れ去られていた。しかし、謎の生命体Ai」がデータストームを引き起こしたことで再びスピードデュエルを行うことが可になっている。ハノイの騎士Playmakerと戦う際にも行われている。
リンクレインズでは、アバターの時に受けたダメージ現実世界体にもフィードバックされる為、障物への突やDボードからの落下の危険性を含むスピードデュエルはには規制されている。


関連動画



■sm30971524[ニコ動]


関連商品


スピードデュエルに関するニコニコ市場の商品募集中。
■az4086185741


関連項目



最終更新日: 18/07/05 21:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ