ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スマートファルコン


ヨミ: スマートファルコン
掲示板をミル!
23カキコ!

スマートファルコンとは、JRA競走馬である。 →競走馬の一覧

な勝ち2010・2011年JBCクラシック(JpnI)連覇2010・2011年東京大賞典(JpnI/GI)連覇2011年帝王賞(JpnI)2012年川崎記念(JpnI)、など重賞19勝


概要


ゴールドアリュール
ケイシュウハーブ  :ミシシッピアン  半ワールドクリークマジックミラー

ケイシュウハーブは自身・近親とも競走成績が振るわず、マイナーな種と配合されるとか一時は繁殖失格の烙印を押されかけたが、ワールドクリーク東京大賞典を制し、ドバイワールドカップに出走(6着)したことによりその繁殖が見直される。
配合する種の質も向上し、その中でゴールドアリュールと配合され、生まれたのがスマートファルコンである。

デビューしたのは2007年10月ダートで活躍したことから最初はダートを走っていたが、芝のOPで勝ちをあげたためクラシックすことに。しかし、重賞では通用せず皐月賞では最下位という惨敗。これを期に小崎厩舎へと転厩し、地方ダート路線へ再転向。
再転向初戦となるジャパンダートダービーではクラシック最下位仲間サクセスブロッケン2着と惜敗。続いて古相手の初勝利ゴールドアリュール産駒初の重賞制覇を経てJBCスプリントに出走するが、また2着と惜敗する。それ以降地方各地を転戦し、G2・G3合わせて9勝を挙げる。地方のG2大将として君臨しながら、肝心のG1には出走しないという姿勢ゆえにファンからは「スマートファルコンは地方でドサ回りしているぞ」と評され、1年半ぶり出走したG1帝王賞において6着と敗したことからそうした評価がさらに定着しつつあった。

しかし2010年9月に、騎手だった岩田騎手折したため、武豊騎手ヘ乗りかわりとなった。これがスマートファルコンの転機となる。
初戦の日本テレビ盃では地方競馬の雄フリオーソの3着に敗れる(2着はトランセンド)。この影で、続くJBCクラシックで4番人気まで人気を落とすが、「逃げ」をかましてフリオーソ相手に7差の圧勝。
続く浦和記念でも、「逃げ」の脚質で6差。 眠っていた潜在が、武豊によって引き出された。
兄弟制覇かつ親制覇という記録のかかった東京大賞典では、辱を期すフリオーソとの対決。しかし、1.3/4身で快勝し、レコードタイム叩き出した。
この活躍を受け、NARグランプリダートグレード競争特別賞に選出される。 
(中央・地方を問わずその年のダート路線で最も活躍したに与えられる賞である。) 

2011年に入り、ドバイへの遠征が計画されるが、疲れが抜きれないとしてこれを回避。初戦のダイオライト記念で8差で圧勝。6月に行われた帝王賞では、この頃のダート最強の一であったエスポワールシチーとの対決となり、どのような結果になるか盛り上がっていた。しかし結果は、2着のエスポワールシチー9差をつける圧勝。

この突然覚醒に、「なぜスマートファルコンは、ついこの前まで地方ドサ回りしてたんだ?」と不思議がるファンも続出した。武豊と出会ってから、ハイペースで脚色衰えず楽勝するレースを続けるようになり、「ダートサイレンススズカ」と呼ぶファンも現れ始める。そして2011年帝王賞後に、武豊本人の口からもそう言わしめた。ただ、サイレンススズカは途中で故障し予後不良となっているので、そこまで被ってほしくないという心がある。

からは去年同様日本テレビ盃から始動し、4身差で勝利。続くJBCクラシックではドバイワールドカップ2着トランセンドと約1年ぶりに対決。全なマッチレースとなる中、1身差まで詰め寄られたものの勝利日本ダート最強の座に君臨することになった。その後、ジャパンカップダートにおけるトランセンドとの再戦が競馬ファンの間で望まれたが、疲労を理由にこれを回避。連覇がかかる東京大賞典ではワンダアキュートにあわやという所まで追いつめられるが、3.5センチハナ差でこれをぎ史上2頭の連覇、そして年間敗を達成。
上記の成績から2年連続でNARグランプリダートグレード競争特別賞に選出された。

明けて2012年、衰えも囁かれたが初戦の川崎記念ではロケットスタートからいつもの形に持ち込み、ヴァーミリアンレコード2縮めるタイムで圧勝。
営はドバイワールドカップ挑戦をついに観念したか表明。ドバイ立った。
アメリカンな勝ち方をしてきたため、かなりの期待を集めたが…まさかの出遅れ後方待機で惨敗というもうなんとも残念としか言いようがない結果に終わってしまった。
ゲートに突進して頭突きしてしまって下がった間にゲートが開いたとか、ソーユーシンクに寄られたとかあったらしいが
ともかく、惨敗という結果だけが残ってしまった。残念。
他の有もいいとこなしだったのが一の慰めではある。 

後、とんと話題を聞かなかったが競馬の始まるころ、なんと引退というニュースが飛び込んできた。
バイでの消耗が予想以上だったのであろう、ついに脚を痛めてしまい、年齢を勘案して引退となったようである。 
結局、中央で走ったのは2008年小倉以降一度もなかったが、地方で見せた凄まじい快速っぷりは見逃せなかったのかなんと社台スタリオンステーションで種入りが決定した。カネヒキリがすっごい顔で見てるぞ。
願わくば、一度ブリーダーズカップクラシックなんかで駆ける姿を見たかったものである。その夢は、これから生まれる彼の血を引くに期待していいかもしれない。


血統表


ゴールドアリュール
1999 
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ニキーヤ
1993 鹿
Nureyev Northern Dancer
special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal
ケイシュウハーブ
1988 
FNo.9-c
*ミシシッピアン
1971 鹿
Vaguely Noble *ヴィエナ
Noble Lassie
Gazala Dark Star
Belle Angevine
キョウエイシラユキ
1980 
*クラウンプリンス Raise a Native
Gay Hostess
*アリアーン *シルバーシャーク
Nucciolina

産駒成績


2014年産
2016年産

関連動画



■sm16594662[ニコ動]

■sm16071728[ニコ動]
■sm14883674[ニコ動]
■sm14329803[ニコ動]
■sm13164600[ニコ動]
■sm12661049[ニコ動]


関連商品


■azB004I3Y0XI
■az4331654125


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 19/11/09 17:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ