ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スラッシュアックス


ヨミ: スラッシュアックス
掲示板をミル!
1532カキコ!

スラッシュアックスとは、ゲームモンスターハンターシリーズに登場する架の武器である。初出はMH3

概要

スラッシュアックス
ガンナー

モードモード2種類の形態に変形する高機機械武器(MH3説明書より)。
""とも呼ばれる。公式読み方は不明だが、"けんぷ"又は"けんふ"だと思われる。
特殊なビンを内蔵しており、モードではこの効果を使って攻撃する(モードでは効果なし)。

モードリーチの長さから尻尾などの高所への攻撃に優れ、モードモードべてリーチはないが同じ軌の連続攻撃が可でビンの特殊効果を活かした一点への集中攻撃に優れる。
また、攻撃後の左右の回避がステップなのも特徴である(前に入すると前転)。
ガードはできないが回避がしやすい武器で、納、抜歩行が遅いため移動も回避が体となる。

MH4からはこの武器の醍醐味である「変形」から生した「合体」をテーマにしたチャージアックスという新武器が登場する。こちらについては該当記事を参照のこと。


斧モード


攻撃方法として「縦り」「横り」「斬り上げ」の3つと「斬り上げ」から生する「振り回し」更に生した「なぎ払いフィニッシュ」移動中に行える「突進突き」そして「変形」「変形り」「リロード」がある。
「振り回し」ラッシュ攻撃でスタミナを少しずつ消費しながら大きく字にスラッシュアックスを振り回す。スタミナが続く限りボタン連打で振り続ける事ができる。ここからMHP3から「縦り」MH4から「振り回しフィニッシュ」に生できる。

Rボタンモードへ変形させる事ができる。また「突進突き」の後のみ、モードに変更しながらの攻撃「変形切り」が可で、スムーズモードへの移行が可


剣モード


モード中はスラッシュアックスに内蔵された特殊なビンの効果が適用される。変形抜り、モードからの変形でこのモードに移行する。
ビンの種類は武器によって決まっており、攻撃が強化される「強撃ビン」、武器の属性効果が強化される「強属性ビン」、攻撃に属性を追加する「滅ビン」属性が追加されるビン」麻痺属性が追加される麻痺ビン」、減気効果があり、スタンさせる事もできる「減気ビン」が存在する。
これらの効果があるため、全体的な性モード時より高いものの、モードの時より抜時の歩行速度が低下する他、攻撃の際には「スラッシュゲージ」を消費するという特徴がある。
このゲージがなくなると自動的にモードに戻ってしまい、その際に多大な隙が生じるが、その前に納、任意でモードに変形をする事で回避できる。また、スラッシュゲージが一定値以下(ピンクゲージ)の場合、変形する事が出来ない(この際にRELOADの表示が出る)。
スラッシュゲージは納モード時に時間経過で回復するが、モードでRELOADと表示されている状態で変形or抜変形りを行うとリロードし、スラッシュゲージが一定値回復する。

モードでもと同様に基本的に「縦り」「横り」「斬り上げ」で攻撃する事になる。モードべて攻撃が素く、畳み込む事ができる。「横り」はモードはの変形切りが可。やや後退する。
MH4では新モーション「2連り」が追加、後述する。

モードの一番の特徴として「弾かれ効(自動心眼)」がある。ウラガンキンや希少種の頭などの堅い部位でも
弾かれる事なく攻撃できるため、これらの部位を破壊する場合にはかなり便利である。
そして、特殊かつ高火力の攻撃として属性解放突き」がある。前後の隙が多く、ゲージを大きく消費するため連続して使う事はできないが、モンスターの隙に合わせて要所要所でタイミング良く使って行くとダメージを稼ぐ事が出来る。ガンランスでいう所の竜撃砲のような攻撃。
大きく溜めつつスラッシュアックスの機構が開き、正面に突き出す。ボタン連打で攻撃時間を延長しヒット数を上げる事ができ、最後まで出し切るとスラッシュゲージを大きく消費し、大きな反動を伴った爆発のような強な攻撃が発生、強制的にモードに変形する。
途中でボタンを連打しなかったりA(○)ボタンで横りに生して攻撃をキャンセルする事が可(この場合はモードのまま)。
属性解放突き→フィニッシュの直前で横りに生→属性解放突きというループさせる事が可MH4からはクイック解放突きがあるため、横りの後に二連りを挟む場合が多い。

「縦り」「斬り上げ」を繰り返すループ行動は狭い部位への攻撃に優れ、仲間を巻き込みにくい。


MH4、MH4Gでのスラッシュアックス


MH4ではの「振り回し」中にRボタンで新モーションの「なぎ払いフィニッシュ」生が可に。
さながらチャージアックス属性解放のような大きく任せにを振るって文字通り振り回しループとなる技で、威も高く、さらにそこからRでへの「変形攻撃」に、MH4GからはAでそのままの「横切り」に生しフィニッシュ後のスキを減らす事ができる。

モードには新たに「二連り」が追加。「横切り」からXでで出せる技。その名の通り右→左と二回連続でる少し長めのモーションで較的高い威を誇るが、その分ほんの少し前進してしまう。ちなみに「二連切り」からXA属性解放突きを繰り出すと、解放突き前の「ぐっ」という溜めを省略して以前よりもかなり素く発動が可。さらにMH4Gからは「横切り」につながるようになり「横切り」「二連り」のループ攻撃は非常に高いダメージ効率を誇る。

しかし、ここ最近のスラアクは作品を追うごとに少しずつ技の威を下方修正されがちなようで、MH4ではそれが顕著化。特にモード当たりがだんだん厳しくなり、だった「縦切り」はMH3の時とべて75%程度の威まで下げられてしまった。対してモードは各技の威こそわずかに従来より抑えられつつあるものの、較的高威な「二連り」の追加とMH4Gでの横・二連ループの強さが注される。


MHXでのスラッシュアックス


事前評価は芳しくなかったものの、体験版で評価が一変。縦の火力が戻った事はスラアク民を大いに喜ばせた。
スタイルブシドーでのぶん回しフィニッシュの爽快さとエリアルでの踏みつけりあげの火力が高評価。不安視されていたトランスラッシュも火力自体は良好である事、方向転換が可である事からまずまずの評価を受けた。ビン調整への不安は依然残ったものの、『使って楽しいスラアク』を予感させた。

発売後、体験版では未開だったエネルギーチャージが中にゲージを充填できてしまうほどの高性である事が発覚。モードの維持が可になった。とはいえ、スタイル毎のバランスは良好。まだ未検証な部分も多いので、今後に期待したい。

狩技

トランスラッシュ
り付け、最後に属性解放でる大技。火力は高い半面、発動時間が長く、攻撃のたびに前進する(方向転換は可)ため弱点に当て続けるにはコツが必要。下記の状態で繰り出すとフィニッシュ技が変化するギミックも。なお、最後のフィニッシュ時にスラッシュゲージが足りないと不発する。
形態
属性エネルギーを高め、状態の火力を高めるバフ技。時間制ではなく、スラッシュゲージの残量分だけ持続する。
エネルギーチャージ
スラッシュゲージを大きく回復した後り付ける技。要はリロードなのだが、モードでも発動できるのがポイント。効果は地味だが、ゲージ量は上記2つの狩技にも関連するだけにMHXでのスラアクの生命線といえるかもしれない。

ギルドスタイル

ギルドスタイル
基本的に従来の操作、モーション。
ストライカースタイル
なぎ払いフィニッシュ・2連りが使用不可。
ブシドースタイル
なぎ払いフィニッシュ・斬り上げが使用不可。
ジャスト回避後に()2連斬り上げ/()なぎ払いフィニッシュに生。
モード斬り上げから変形攻撃に生、2連斬り上げから縦りに生。
エリアルスタイル
突進切りが使用不可。
モード斬り上げから変形攻撃に生。
モードでは踏みつけ跳躍時に自動で乗り蓄積攻撃が発動する(手動で追撃が可)。
属性解放突きは中のみ使用可

MHWのスラッシュアックス


今作では、スラッシュゲージ仕様や変形りの仕様も含めかなり大幅にテコ入れされた。そのため、項に分けて紹介する。

斧モード

今作では、初段で「振り下ろし」は出せなくなり、「横り」、「振り上げ」、「振り回し」、「突進突き」が初段で出せるモーションとなった。また、「振り回し」も初段で出せるだけでなく、「振り上げ」以外のモーションからも生するようになり、他のモーションから繋ぎやすくもなった。

初段で出せなくなった振り下ろしはβ時点では、「振り回し」の1段や振り上げから出すことが可になり、「振り下ろし」から「振り回し」と「振り上げ」が出せるため打点の高い定点ループ攻撃も可になった。

全体的な技のスピードも少し向上している。

また、少し下がりながらりつける「り下がり」も追加された。

そして坂滑りからの攻撃が変形なしのの攻撃の中で一番高い威を誇る。

剣モード

今作では、大きくモーションが見直されリーチも長くなり、今までボタンに相当するものに割り振られていた「縦ループ」は削除され、「縦り」→「右斬り上げ」→「左斬り上げ」になった。

また、〇ボタンに相当するものに割り振られていた、「横り」、「二連り」も大きく変わり、「二連り」、「飛天連撃」と変更された。二連りは「左斬り上げ」から生すると一度横りを挟む仕様である。

全体的に大振りで、定点攻撃がしづらくなったため、モード上では「属性解放突き」が重な定点攻撃要因で、「属性解放突き」も味方を吹っ飛ばさないようになった。

高出力状態

攻撃でスラッシュゲージの後ろにあるい高出ゲージが溜まり、MAXにするとビンが覚醒し、「高出状態」となる。

高出状態は45間、攻撃にビン効果を持つ追加ヒットが付与されるため、DPSが向上する。また、「属性解放突き」も強化され、り付いた場合の「距離属性解放突き」は威あっても使う状況の少なさやコンボループも威あったため使われにくかったが、ver2.0以降では技の使用時に耳栓4もつき威が上昇したため、かなり実用的になった。

「二連り」、「飛天連撃」はこの高出ゲージが溜まりやすく、必要に応じてこの技を選択することで覚醒ゲージの上昇をめることが出来る。

また、乗り全体の仕様が変更となり、この武器種ではからでもからでも乗りフィニッシュ攻撃は「属性解放突き」になり、こちらは高出状態でない場合で、高出ゲージが9割くらいまで溜まり、高い威が出せる。

変形斬りとスラッシュゲージ

今作ではスラッシュゲージが大幅に調整され、自然回復量が従来の倍どころじゃないスピードで回復するようになった。ただし、リロードでのスラッシュゲージ回復量が若干低下し、リロードラインも下げられたため、実質的にリロードが出しづらくなった。また、モードでのスラッシュゲージ消費量が大きく増加したため、のみで立ち回ることが困難になった。

変形りはほとんどの攻撃から生可。また、変形りでゲージが回復するようになり、その回復量はの変形りのゲージ消費量を上回り、連続して変形りが出せるため、モードゲージ調整として使うことも可である。

モードの「薙ぎ払いフィニッシュ」は「薙ぎ払い変形り」に変更され、強制的に変形(リロード)入るようになるが、こちらは威が非常に高い

モードの「変形り下がり」は機動の低いモードにとっては非常に重要な存在で、位置調整として利用可である。そのモーションの威は通常のの変形りの倍近くあり、これはの「振り下ろし」よりも高い威である。

また、前転回避からも変形りを行うことが出来、モンスターとの距離調整や変形の離脱の利便性が向上している。

ビン

高出ゲージのたまりやすさは「滅ビン>強属性ビン・減気ビン>強撃ビン・状態異常系」である。また、集中の影も受け、集中lv3状態の滅ビンは殴り続けられた場合、覚醒する。また、今作では様々なビンが仕様変更になっており、今作で見られる特徴は以下の通りである。


次へ»
最終更新日: 19/09/24 13:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ