ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スラヴァ級ミサイル巡洋艦


ヨミ: スラヴァキュウミサイルジュンヨウカン
掲示板をミル!
25カキコ!

スラヴァ級ミサイル巡洋艦とは、ソビエト軍(現ロシア軍)及びウクライナ軍が保有する巡洋艦である。艦名のスラヴァはスラヴで「栄」を意味する。

ロシア語ではミサイルロケットは同意である為、「ロケット巡洋艦」と訳される事もある。
ちなみに西側諸でのミサイル艦はロングビーチタイコンデロガ級のように高性対空ミサイルで武装した個艦防・艦隊防に優れた艦をすが、東側諸では対艦ミサイルガッガチに武装した艦をす。

艦級名となった1番艦は後に「モスクワ」に名されたが、その後もスラヴァ級の名で知れ渡っている(キーロフ級もその例)。
NATOコードネームは「ウラシナ級」であったが、まもなく1番艦の名称が発覚した為、かなりマイナーな呼び名になっている。

計画名は1164号計画「アトラーント」。


概要


本級の設計が始まったのは1960年代後半。

当初は対・対潜を担当していたカーラ(ベールクト)級巡洋艦を大化し、URPK-3テル対潜ミサイルをP-500バザーリト対艦ミサイルに換装して対水上打撃艦にするという案を当時のソ連元帥ゴルシコフが直々に提出。
設計変更には難色を示されつつもアイデア自体は評価され、カーラ級の拡大発展ではなくそれをベースにした新設計艦として開発が許可された。

大急ぎで設計が進められ、模型試験すら省いて設計を完成させたが当時はソの潜水艦合戦のっ最中で対潜艦であったカーラ級の建造が継続されていたために工が始まったのは設計完成から2年後であった。

カーラ級に搭載されていたM-11シュトゥルム艦隊防ミサイルから新のS-300Fフォールト艦隊防ミサイルに換装。準イージスとも呼べる防にVLSの採用で大幅な省化に成功した。

東側のミサイル艦が対艦攻撃を重視しているとは先程も述べたが、決して防を軽視している訳ではなく、むしろ対艦ミサイルを積む為に大化した分対兵装を充実させる事ができたのだ。

諸元

基準排水量 10,000トン
満載排水量 11,280トン
全長 187m
全幅 20,8m
 7,5m
最大速度 32ノット(59km/h)
巡航速度 15ノット(28km/h)
航続距離 巡航時9000里(16,668km)                                 

機関

COGASAG方式
巡航用M70ガスタービンエンジン(10,000) 2基
加速用M8KFガスタービンエンジン(27,500) 4基
補助用蒸気タービン(8,000) 2基
2軸スクリュー                                                   

武装

AK-130 130mm連装速射 1基
AK-630 30mmCIWS 6基
S-300Fフォールト(NATOグランブル)艦隊防ミサイル8連装VLS 8基
4K33オサーM(NATOゲッコー)個艦防ミサイル連装発射器 2基
P-500バザーリト(NATOサンドボックス)対艦ミサイル連装発射器 8基(後にP-1000ヴルカーンに換装)
RBU-6000スメーチ2 対潜ロケット 2基
533mm5連装魚雷発射管 2門

艦載機

Ka-25/Ka-27 対潜・ヘリコプター 1機


航空母艦の撃滅者


本級の最大の特徴は何といっても艦体側面にズラリと並べられた8基ものP-500バザーリトの2連装対艦ミサイルランチャーであろう。
見るからに攻撃的な外見だが、このレイアウトは当時の西側の軍事評論家達の議論の的となっていた。

ぶっちゃけランチャーに被弾したらヤバくね?」

この疑問に対し、1991年に2番艦「マーシャル・ウスチーノフ」がアメリカを訪問した際、身の程知らず勇敢なアメリカ海軍の士官がウスチーノフの士官にその事を質問してしまった。

だが彼は栄の名を冠する船の乗員に恥じない対応を披露した。

「ご心配なく。あなた方の攻撃が届く前にスラヴァのミサイルランチャーは発射されてっぽになってますよ。あなた方に向かってね」


現在


ソ連崩壊後の氷河期より寒い財政により多くの艦が建造中止・期退役に追い込まれる中、本級は建造された全艦が現役で活発に活動しており、その性軍の厚遇ぶりが伺える。

とはいえガスタービンと蒸気タービンのハイブリッドという独特の機構成や、ガスタービン等の要部品の多くがウクライナ製である事などからメンテナンスにはかなり気を使っているらしい。


同型艦


1番艦「スラヴァ」(名後モスクワ)

艦隊旗艦。

ミズーリでの降伏調印よろしく、冷戦終結を取り決めたマルタ会談の会場として提案された事もある(結局は客船のマクシムゴーリキーが会場となった)。

ソ連崩壊時にはオーバーホール中でロシアウクライナの「艦隊分割・帰属問題」のあおりを受けてしまう(アドミラル・クズネツォフの項でも触れられている)。
1995年現在モスクワ名。1997年ウクライナ妥協によりようやく艦隊に復帰するも今度はオーバーホール了する為の予算がぇ。

これを見かねたモスクワが「ウチの名前を冠した艦だし…」と2000ドルポンとくれたぜ。
おかげで2000年にようやく現役復帰し、艦隊旗艦に返り咲いた。

オーバーホールの際、CIWSを2基撤去した代わりにP-500を新P-1000ヴルカーンに換装。射程が従来の550kmから700kmと大幅に延伸された。

2番艦「マーシャル・ウスチーノフ」

北方艦隊に所属していたが、1990年代半ばにオーバーホールを受ける。
その後しばらくバルトバカンスを楽しんだ後、モスクワより先にP-1000を装備し、1998年北方艦隊に復帰する。

2014年現在では修理近代修のため再びオーバーホール中。
年内には了し、順次モスクワとヴァリャーグの近代修も行われるとのこと。

3番艦「チェルヴォーナ・ウクライナ」(名後ヴァリャーグ)

未完成に終わったアドミラル・クズネツォフ級2番艦(現中国人解放空母遼寧」)の名を襲名。
建造時からP-1000を搭載。

太平洋艦隊旗艦。

4番艦「ウクライナ

ソビエト最後のミサイル巡洋艦

ウクライナの造船所で建造されていたが、進に漕ぎ着けた所でソ連が崩壊。ウクライナ政府の所有になるが当時ロシアに負けず劣らずウクライナ完成させる余裕などあるはずもなく、絶賛放置プレイされる事に。

そしてウクライナお得意の中国への売却を論む。だがアメリカはこれに反発し、NATO加盟の承認と経済援助を阻止

その後はロシアと共同で完成させ、どこかに売って山分けしようとか。「やっぱり買い戻すよー」とロシアが提案してきたとか。「いやいや就役させるよー」とティモシェンコ内閣が意気込んだりと色々あったが今後は不明のまま。

…しかし2010年5月ウクライナのヤヌコヴィッチ大統領が「ロシア完成に協してくれる」と発表。今後に期待である。
しかし現実は非常である。

5番艦「アドミラル・ゴルシコフ」

計画のみ。

艦名はキエフ級及び新フリゲートに引き継がれた。

6番艦「オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ」

計画のみ。


関連動画



■sm13200326[ニコ動]

■sm16496448[ニコ動]


関連商品


■azB005M0ZE7M


関連コミュニティ


スラヴァ級に関するニコニコミュニティ紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/05/06 05:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ