ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スルッとKANSAI


ヨミ: スルットカンサイ
掲示板をミル!
2カキコ!

(株)スルッとKANSAIとは、近畿地方を中心とした鉄道バス事業者による乗車カードSFカード)の協議会、およびその体会社、そして乗車カードの名称である。
本部所在地は大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福心斎橋ビル8階にある。


最新情報


2018年1月31日の最終列車・最終バスをもちまして自動札機・カードリーダーでの取扱は終了致しました。
(阪急阪神神戸高速・北急・勢はラガールカード・らくやんカード・パストラルカード・レジオンカード・モノカード・レールウェイカードに限り2019年9月30日終電まで自動札機での利用は可です。)

これに伴い、2018年2月1日より今後5年間をメドに全額払戻を実施しています。払戻手数料は一切かかりません。
払戻はカード裏面に記載されている発行事業者でのみ実施します。
払戻場所や条件等については各事業者の公式HPをご覧下さい。


概要


阪急電鉄が導入していた「ラガールカード」を元にしており、1996年より阪急阪神電鉄系の関西私鉄営事業者において共通サービスが導入されたのが創始である。1999年南海電鉄京阪電鉄等、2001年近畿日本鉄道が参加したことで関西大手私鉄を網羅することとなった。

2004年にはポストペイ交通系ICカードPiTaPa」を導入。これには静岡鉄道岡山電気軌道なども参加しており、スルッとKANSAIの加入事業者は関西圏に留まるものではなくなった。

2008年に同様の仕組みによる関東の交通系磁気カードであるパスネットが、2011年には名鉄名古屋市交通局によるトランパスが販売終了する中、スルッとKANSAIエリアではプリペイド交通系ICカードの導入がされず、磁気カードが存続していた。

2011年より順次近鉄京阪南海大阪市交通局などがJR西日本の発行する「ICOCA」の販売を順次開始することとなり、それを事実上の代替とする形で2017年3月31日販売終了、2018年1月31日の営業終了をもってより自動札機・カードリーダーでの利用が全終了。

なおICOCAの販売予定がない阪急阪神北大阪急行能勢電鉄では、2017年4月1日より4社限定の磁気交通カード阪急阪神勢北急レールウェイカード」が導入されたが、2019年2月28日販売終了。


カードの種類



一般カード


カード 発行事業者(加盟社局) 導入日 備考
ラガールカード 阪急電鉄 1996年3月20日
阪急バス 1997年9月1日
2012年9月30日
hanicaに切替
大阪空港交通 1999年3月15日
2009年9月30日
川西系統路線
止のため
神戸高速鉄道 1999年10月1日
2010年9月30日
運営管理整理
による
伊丹市交通局伊丹市営バス 2000年3月1日
阪急田園バス 2000年5月1日
2012年9月30日
hanicaに切替
高槻市交通部高槻市営バス 2003年3月17日
阪神電気鉄道神戸高速線 2010年10月1日
パストラルカード 能勢電鉄 1996年3月20日
らくやんカード 阪神電気鉄道 神戸高速線は除く
尼崎市交通局尼崎市営バス 2000年3月1日
2016年3月19日
全線阪神バス
に移管のため
阪神バス 2002年3月1日
2015年9月30日
hanicaに切替
尼崎交通事業振興阪神バス 2004年4月1日
レインボーカード 大阪市交通局 1996年3月20日
大阪トランスポートシステム(OTS 1997年12月18日
2005年6月30日
運営管理整理
のため
大阪シティバス(旧大阪運輸振 2002年1月27日 IKEA線は不可
レジオンカード 北大阪急行電鉄 1996年3月20日
コンパスカード 南海電気鉄道 1999年4月1日
和歌山バス和歌山バス那賀
南海バス 2000年3月1日
南海りんかんバス 2000年10月1日
南海ウイングバス金岡 2001年12月1日
南海ウイングバス南部 2002年3月1日
スルッとKANSAI Kカード 京阪電気鉄道 1999年4月1日 石山坂本線は除く
京阪バス 1999年10月1日 一部コミュニティバス
は不可
京都バス 2001年10月20日
京阪宇治交通 2002年3月1日
2006年3月31日
京阪バス
吸収合併
京福電気鉄道嵐電 2002年7月1日
京阪シティバス 2003年3月1日
2014年3月31日
京都京阪バス
に吸収合併
比叡鉄道比叡坂本ケーブル 2003年4月1日
京都京阪バス(旧京阪宇治バス 2003年12月1日 一部路線は不可
京阪宇治交通田辺 2003年12月1日
2006年3月31日
京阪バス
吸収合併
叡山電鉄 2004年3月1日
2016年1月31日
ICカードに切替
京阪京都交通 2008年3月31日 一部路線は不可
ブルーライナーカード 泉北高速鉄道 1999年4月1日
すずらんカード 神戸電鉄 1999年10月1日
北神急行電鉄
神鉄バス 2000年5月1日
スルッとKANSAIこうべカード 神戸市交通局 1999年10月1日
神戸新交通
神戸交通振興山手線バス 2002年8月1日
エスコートカード 山陽電気鉄道 1999年10月1日
山陽バス 2003年3月21日
モノカード 大阪高速鉄道大阪モノレール 2000年2月1日
スルッとKANSAI都カード 京都市交通局 2000年3月1日
スルッとKANSAIカード 近鉄バス 2000年8月1日
近畿日本鉄道 2001年2月1日 青山町駅以西で
のみ使用可


その他加盟社


後述の事業者はスルッとKANSAIに加盟しているが、スルッとKANSAIカードは使用不可、PiTaPaICカードは利用できる。


企画チケット


2016年9月末に全版の販売終了、同年10月末に利用終了した。さらに関西限定版は同年12月11日に販売終了、同25日に利用終了した。


キャラクター「スルッとちゃん」


■im6074375(静画)

チャームポイントトンガリ帽子をかぶり、ワンピースを着ている魔法少女で、カードの上にかけている。
年齢は8歳ロリ星座牡羊座血液型AB型まほうの出身である。好きな食べ物はチョコレートケーキ
趣味はお出かけ、占い。性格はとにかく新しいもの好きで好奇心旺盛で、社交的で何事も熱中しやすい。口癖は「お出かけしよーよ」、など公式サイト内の「スルッとちゃんのお部屋」で紹介されていた。

PiTaPaキャラクターとしては使用されていない。交通系ICカード相互利用の際の記念カードには風船が代わりに描かれていた。さすがに運営は相互利用開始イベント風船を出すわけにはいかないと思ったのだろうか、スルッとちゃんを出張させていた。その後、忍者モチーフとした知名度が低く、一時戦力外通告されそうになった「ぴたまる」が別に制定された。


廃止後の代替プリペイドカード


スルッとKANSAIカードが止後に各社が導入する(または、すでに切り替わっている)プリペイドカードを紹介する。

 和歌山バスグループ南海りんかんバスの磁気カードリーダーバスカード専用になる予定であり、ICカード2018年の共通カード発売終了時点で導入する予定がない。


次へ»
最終更新日: 19/08/18 10:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ