ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーガンダム


ヨミ: スーパーガンダム
掲示板をミル!
3カキコ!

[画像][外部]

スーパーガンダムとは、機動戦士Zガンダムに登場するモビルスーツの俗称である。


概要


グリプス戦役序盤こそ新鋭機として活躍したガンダムMk-Ⅱであったが、続々と投入されるティターンズの新に備えるため、新たに火力支援戦闘機Gディフェンサーを開発。ガンダムMk-Ⅱ背中とGディフェンサーが合体する事で、スーパーガンダムとなる。

ちなみに正式名称はMk-IIディフェンサー
スーパーガンダムという呼称は商品名であるため、劇中で使用されたことはが、従来のガンダムMk-Ⅱと区別するために、ガンプラゲーム等ではこの名前が使われている。
(但し、機動戦士ガンダムZZの第一話「プレリュードZZ」内のシルエットクイズでは、字幕台詞でスーパーガンダムと説明されるシーンが存在する。)
それにしてもスーパーガンダムという安易なネーミングはいかがなものかと・・・。

Gディフェンサーとの合体により火力や機動性、防御が強化され、また簡易的ながらGフライヤーへの変形も可。スーパーガンダムになる事で、ティターンズの新と対等に渡り合えるようになった。一説によるとZガンダムと同等の性を持つという。ガンダムMk-Ⅱの汎用性を損なっておらず、「エゥーゴvsティターンズ」等のゲームでは宇宙でも地上でも使用可である(本編では宇宙でのみ運用)。
しかしビームサーベルは使用不能になってしまい、近接戦闘は出来なくっている。このため先述のゲームではロングライフルの柄で殴ったり、蹴りを入れたりする格闘技になっているが使いにくい。ロングライフルによる大砲を保有した事で火力は大幅に強化されたが、取り回しが難しい欠点がある。


作中では


ガンダムMk-Ⅱエマ中尉が、Gディフェンサーはカツが操縦。合体後はGディフェンサーの操縦もエマ中尉が行うようになり、用済みとなったカツは脱出する(コクピット部はコア・ファイターとして分離される。大した武装は搭載されていないため、基本的に戦域から離脱することが想定されていると考えられるのだが…)。

ロングライフルの威は凄まじく、対艦・対モビルスーツ戦闘で活躍。直撃したハイザックが一撃で撃墜されている。
またヤザンに利用される形で、アレキサンドリアの艦ロングライフルを命中させ、ジャマイカンを戦死させた。しかしガンダムシリーズではしくを破壊された程度では沈まなかった。

ガンダムMk-ⅡとGディフェンサーが同時運用される場合でも必ず合体するとは限らず、意外と出番が少ない。ハンブラビ隊との戦闘では互いに良い連携を見せ、ウミヘビ拘束から逃れる。その後、隙を突いてスーパーガンダムに合体し、ロングライフル隕石ごと貫いてハンブラビ2機を撃墜した。だが、直後に別のハンブラビから攻撃されGディフェンサーを失っている。


余談



関連商品


■azB00030EV8E
■azB00030EUGC


関連項目



最終更新日: 19/06/15 00:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ