ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパードンキーコング2


ヨミ: スーパードンキーコングツー
掲示板をミル!
184カキコ!
ドンキーコングの関連項目一覧 > スーパードンキーコングシリーズ > スーパードンキーコング2

スーパードンキーコング2とは、英国レア社が開発し、任天堂から発売されたアクションゲームである。スーパードンキーコングの続編。正式名称はスーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー
SFC版を本作品として、若干仕様の異なるGB版とGBA版も存在する。

概要

スーパードンキーコングシリーズ
スーパードンキーコング2
DONKEY KONG COUNTRY 2
基本情報
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
ゲームボーイアドバンス
開発元 レア
発売元 任天堂
発売日 SFC:1995年11月21日
GBA:2004年7月1日
人数 1-2人
バーチャルコンソール
対応機種 Wii
Wii U
Newニンテンドー3DS
発売日 Wii:2007年10月23日
Wii U:2014年11月26日
New N3DS:2016年4月6日
価格 Wii:800wiiポイント
Wii U:823円
Newニンテンドー3DS:823円
ゲームソフトテンプレート

本作では、敵であるクレムリン軍(ちなみにボスキャプテンクルール)に捕らえられたドンキーコングを、相棒ディディーコングとそのガールフレンドであるディクシーコングが助けに行くというストーリーである。

前作との相違点としては、相棒を乗せて投げるといった「チームアップ」が使えるようになったほか、「アニマルバレル」を用いてプレイヤーが直接アニマルフレンド変身できるようになった。この変身は乗るのと異なって自由に解除できないため、アニマルフレンド必須又は強制のステージが登場することになり、ステージがさらに多になった。
それに伴い、溶岩洞やテーマパークなどワールドごとのステージの個性がかなり強くなっている。
そのほか、やり込み要素としてクレムコインDKコインが新たに加えられた。特にクレムコインは隠しステージである「ロストワールド」へ行くために必要であって、ボーナスステージの意義が大きくなった。一方で、セーブワールド移動には通貨に当たるバナナコインが必要(つまり「有料」)になってしまった(このシステムは次作で止になった)。

シリーズ通じてBGM定評があるが、特に有名な「とげとげタルめいろ」と「タルタルこうざん」、及び「ゴーストコースター」は本作に登場する楽曲である。

なお、改造マリオとして有名なVIPマリオに使われたネタが最も多い作品である(再現コースがいくつか存在する)。

シリーズ比較

B(太字)が今作

1 2 3 R
隠し
トークンボーナス × × ×
アニマルバレル × ×
チームアップ × ×
ボーナスステージ内のアイテム × ×
ボーナスステージクリア報酬 ×
ボーナスバレル × ×
ワールド自由行き来(ファンキー未使用時) × ×
ファンキー使用の有料 × × -
セーブの有料 × × -
ショートカットワープ ×

:2;ゴールターゲッターとして応用。3;(ディンキーチームアップで開く)割れ目として応用

*:ファンキーは一度そのワールドバナナコインを払えばその後は無料で乗れる。逆にセーブは最初は無料だがその後はバナナコインが取られる。

登場キャラクター

コングファミリー

主人公プレーヤーが動かすキャラクターである。

アニマルフレンド

前作のようにアニマルフレンドに乗るほか、本作からは『アニマルバレル』が登場し、コングが直接アニマルフレンド変身する場合があり、この場合任意に解除できないためアニマル必須、いは一種の縛りとして機する。
アニマルには乗ることが出来ない。

クレムリン島紹介

コングべて全体がかなり急峻な山になっており、接すら困難な要となってる。
敵のだけに1や3のように自然豊かというよりはどこか暗いステージが多い。
テーマパークや砦など人造物が極めて多いのも特徴。
立地はコングから見て画面前方向に当たるようで、背景にコングが見える。

かいぞくせん バッドクルール

恐らくドンキーコング1で最終決戦舞台となった船(大分カイけど)。
今は船になったものの数多くのクレムリンが住み着いている。
最初のステージながらロープアクション水中面、アニマルフレンドの活躍と盛りだくさんの内容となっている。
尚、コングに帰れるぐらいの位置にあるようで、ファンキーの位置はコング上になっている(SFC版)。
尚、GBAではSFCのクレムクエイの位置で船されている。

ボスはゾッキー。踏むだけだったボスノーディとはわけが違い、1ボスとしてはなかなかの強さを誇る。

マグマのどうくつ クロコドーム

溶岩が煮えたぎり、蒸気や熱湯が噴き出す洞窟
マグマステージクロコやねっききゅうにのって突き進む他、熱湯冷やしながらダイビングしたり、鉱山でタル大砲を操ったりと全体的に足場の悪さとの戦いになる。

ボスは巨大な剣、クリバー中のフックを飛び移るジャンプアクションの精度が試される。

ふねのはかば クレムクエイ

難破した船や船になった船が打ち寄せられる薄暗い泥潟。GBAでは逆の位置になっている。
マップサイズが広く(SFCは横長に)なっており、ステージ数も多い。
泥潟の上を巨大なガマの穂に捕まりながらいはタル大砲クロコに乗って飛び回るなど、足場の悪さとの戦いは相変わらずとなっているが、暗闇をダイビングしたり、沈みゆく難破船をクライムしたりとやることが多い。
そんな中で「ラトリーにだいへんしん」だけは曲もステージも明るく、曲自体も人気がある。
また、イバラステージが初登場する。

ボスクラッバそっくりな巨大クレムリン、グラッバ。
ジャンプの着地の度に震が起こるため、ジャンプで振動を避けるべし。

尚、GB版ではクロコドームと共に1つステージになっており、クロコドーム後半はこちらのステージが登場する。
ボスクリバーの方が採用されており、桟の上をクロコで飛び移って戦うことになる。

はちみつパーク クレムランド

ジンガーの巣があるエリアと巨大なテーマパークの二つにエリアが分かれており、パークの外⇒テーマパーク内⇒またテーマパークの外という順番で攻略していく(SFCでは2画面切り替わり、GBAでは1枚のマップになっている)。
ジンガーの巣のステージでははちみつにへばりつくことでを登っていく。当然ジンガーが多い。
テーマパーク内のコースターは危険ではあるものの、屈した面ばかりだったためなかなか楽しい気分になれる。

ボスキングB。直前のステージ後半でこちらへ向かってくる、こっちくんな
スコークス変身して戦う。針を飛ばしたり分身したりと攻撃手段は豊富。
何故オス?と思うかもしれないが、これは前作でクイーンBが出たためである。

あやしのもり ダークレム

いかにも亡霊が出そうな暗くておどろおどろしい
おばけロープなどゴースト系の敵が多く登場するが、中にはいいもいるようで…
ゴーストコースターがあるのもここ。

ボスは復活したおばけボスゾッキーで、縦長のマップを上に上がりながら戦っていくことになる。
移動中も容赦なく攻撃してくるため前回よりかに強い。

きりのもりDKコインは多分もが取得に苦労すると思う。

さんちょうのとりで クロコブルグ

レムリンの山頂に立てられた石造りのいかめしい砦。
前作のクリスタルトンネルのように美しいこごえるちかすいろ、ロープアクションで登っていくクサリのとう、クラッパーの万性こおりのみずうみ、無を取得クラッシュエレベーターGB版ではエレベーターが故障したのか?ダンジョンデンジャー、そして死のメロンソーダことどくどくタワーとどのステージも記憶に残る最後に相応しい難しさとなっている。


次へ»
最終更新日: 18/03/18 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ