ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーマリオ オデッセイ


ヨミ: スーパーマリオオデッセイ
掲示板をミル!
1920カキコ!

マリオ世界へ。

スーパーマリオ オデッセイとは、2017年10月27日任天堂から発売されたNintendo Switch専用ソフトである。

概要

スーパーマリオ オデッセイ
基本情報
ジャンル 3Dアクション
対応機種 Nintendo Switch
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1~2人
発売日 2017年10月27日()
価格 5,980円(税別)
年齢 CERO:B
その他
ゲームソフトテンプレート

2017年1月13日の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で初開。

Nintendo Switch向けの3Dマリオシリーズ全新作で、GCの『スーパーマリオサンシャイン』以来実に15年ぶりとなる、庭探索3Dアクションゲームとされている。

今回は"とある"地球舞台で、ピーチ姫クッパ結婚式阻止すべく、マリオキノコを飛び出して様々な""を冒険するというストーリーメキシコ砂漠地帯、カラフル野菜とお料理世界リアルな頭身の人間達が暮らす現代都市ヨッシーとはまた違うリアル恐竜が生息する孤、などなどこれまでのシリーズとは毛色が違う非常に個性的なステージが多数登場する。

今回の冒険のお供は帽子の形をした幽霊のような生き物キャッピー」。彼が持つ特殊キャプチャー」を使って、マリオが被る帽子を始め、様々な敵や物に取り付いてステージ攻略していく事となる(詳細は後述)。

ちなみに、今作はマリオシリーズ歴史上初となるCEROB」のソフトとなっている。「B」に区分された具体的な理由は不明だが、公式サイトで表記されているディスクリプターアイコンによると「犯罪」「暴力」を想起させる表現があると見なされた模様。

システム・新要素

ゲームの構造

今作は『サンシャイン』以来となる庭探索3Dマリオである。
その為、どのステージにおいても『スーパーマリオ3Dランド』や『スーパーマリオ3Dワールド』のような分かりやすいゴール地点は基本的に存在せず、プレイヤーが任意でカメラを動かしながらステージを駆け回り、新しい""に行く為に必要となる「パワームーン」(『スーパーマリオ64』におけるパワースターにあたる物)と呼ばれるアイテムを探し集め、マリオが乗る帽子飛行船オデッセイ」をパワーアップさせて次のへ進み、またパワームーンを集める…というのが基本的な流れとなる。

パワームーン

パワースターやシャインのように今回収集すべき標物であり、「エネルギーの塊」と紹介されている。
ステージ内に隠されているものやそのの住人からの依頼をこなすことで貰えるものなどがあり、1UPキノコのような感覚でその辺に置かれているもの、スターと同等ののりが必要なもの、全体を巻き込む巨大なイベントになるもの、極一部だがほかので何かする必要がある物まで取得難易度は様々。

にはこれまでの3Dマリオと同じく、1本アスレチックパズルコースの入り口も存在しており、どの場合はその中でパワームーンが2個取得できる。
中にはパワームーン3個分の価値があるグランドムーンという種類もあり、各で登場する大ボスを倒す事などによって取得する。グランドムーン及び一部のパワームーンは、取得することでイベントが起こり、そのの状況が変化するものもある。
また、パワームーンにはそのグランドムーンを全てえた後でないと取得できない物、エンディング到達後にとある条件を満たしてから初めて追加される物もあるので注意。

パワームーンは取得してもステージから脱出する事はなくそのまま探索を続行でき、全体としては『64』や『サンシャイン』における120枚よりもかに多くの数が隠されている。

体力と残機の仕様

マリオの体は『スーパーマリオギャラクシーシリーズと同様、パワーアップ状態に依存しない3つのライフ制。ステージに散らばる「ハート」を取る事で回復を行い、「ライフUPハート」を取る事で一時的に最大ライフ数を増やす事が出来る。なお、今作では後述のコインの役割変更により、コイン取得による体の回復は出来なくなっている。

そして本作ではスーパーマリオシリーズ本編としては始めて残機の概念がくなっており、どれだけミスをしてもゲームオーバーになる事はい。ミスで発生するペナルティはそれまでに取得していた従来のコインを10枚失うというもので、仮に持っているコインが9枚以下でも枚数がゼロになるだけでゲームオーバーとはならない。ステージ内での制限時間も存在しない為、今までに通例化していたシステムプレッシャーされる事なく、気楽に探索を進める事が出来る。
反面、体の回復手段に乏しく死にやすいバランスでもあるため、一様に楽になったという訳でもない。

ローカルコインとクレイジーキャップ

マリオシリーズにおいて欠かせない存在であるコインは今作でも当然各ステージに配置されているのだが、従来のコイン紫色コインの2種類が存在する。
従来のコインはどのにいても見つける事ができ、万共通のアイテムパワームーンの隠し場所のヒントを得る時、何らかのゲームにチャレンジする時などに必要となる。また、ミスしたりステージに入り直したりした場合は復活する。
紫色タイプローカルコインと呼ばれ、ごとに種類が異なっており、各に一定の枚数が存在している。これは、それぞれのに点在するお店「クレイジーキャップ」で限定の衣装おみやげなどを買う為に必要な通貨となる。買った衣装論その場で着用でき、いつもとは違った感覚を演出する。
衣装はそれぞれのの雰囲気や土を反映した物が多いが、中にはスーパーマリオ本編シリーズとは直接関連のい別シリーズで身に着けていた、コアマリオファンにしか元ネタが分からないような物も含まれている。
おみやげは購入した時点でオデッセイ号の外装・内装として反映され、冒険の先々でえればえるほど、船が爛になっていく。

アクション

マリオジャンプ系のアクションと操作性は『64』や『ギャラクシー』に準じており、シンプルながら使いこなせば高い機動を発揮できる。しゃがみ中にYボタンを押せば『3Dランド』で搭載された「転がる」も使う事が出来、高速で移動したい時に役立つ。
ここからは今作で新たに追加された新アクションについて詳しく解説する。

帽子投げ

読んで字の如く、前述した冒険のお供キャッピー憑依した帽子を投げるアクション。Yボタンジョイコンを振る動作で使用。軌ブーメランに近く様々な方向への投げ分けが可なだけでなくかなり自由に軌コントロールでき、Yを押し続けると帽子をその場にボールドすることもできる。敵を倒す以外にもアイテムを回収したり仕掛けを動かしたり投げた帽子を足場にして二段ジャンプに使うといった芸当も出来る。

キャプチャー

帽子投げから発動する今作の最も特徴的な特殊で、帽子を投げつけて被せた対憑依するというとんでもない特殊憑依出来る対クリボーキラーといった敵のみならず、人間恐竜のようなリアル生き物、果てには生き物ですらない様々な物にまで及ぶ。当然憑依した後に出来るアクションはその対によって異なる。

ボディアタック

64DS』以来13年ぶりに実装された特殊アクション
過去作とは使用方法や仕様がかなり異なり、ジャンプ中にZLを押すとヒップドロップの構えになるので、その間にYを押すことで好きな方向にボディアタックで飛び出すことができる、というものになっている。予め「帽子投げ」をしておくと自動的に帽子へ向かって飛ぶ性質があり、Yボタンを押しっぱなしにしていれば、その帽子を踏んで二段ジャンプが可(これは公式で「スペシャルわざ」と称される)。さらにそこからもう一度ボディアタックが出せるので、走り幅跳びや三段跳びなどと組み合わせればかなり長い距離を跳ぶことができる。
さらに、今作では慣性を視して好きな方向に飛び出せるため、中で「へ」の字に軌を変えて障物を回避したり、壁キック後に使えばキックしたの上に着地したりといった非常に変則的な動きが可となる。

スナップショットモード

Nintendo Switch本体にはゲーム画面を画像として撮影・保存する機が標準搭載されているが、本作はソフト側に撮影及びズームインズームアウトや画像の回転、フィルター効果など撮影を補助する機が盛り込まれている。本体側の撮影機と組み合わせれば画像をSNS投稿することも可

また、この機に関連して公式ツイッターにおいて「ベストショットでっせい」という企画を実施しており、ハッシュタグをつけて投稿された画像の中で優秀なものは公式サイトで掲載されるとのこと。

おたすけモード

本作ではアクションが苦手なプレイヤーでも楽しめるように「おたすけモード」が実装されている。通常モードとの違いは、

といった感じで、まさに至れり尽くせりの機である。ちなみに2つのモードの切り替えは自由にできるので、最初は通常モードで進めて行き詰まったらおたすけモードに変更、または逆に最初はおたすけモードプレイゲームに慣れてきたら通常モードに変える、といった利用法もある。

冒険の舞台

前置きの通り、久々庭探索3Dマリオである本作はそれなりの規模のフィールドを持つ一つの大きな"”が複数箇所存在しており、それらを多アクションを駆使して自由に探索し、的となる物を探していくスタイルとなる。これまでの「マリオらしさ」から外れたものをしたとのことで、これまでのマリオお約束ステレオタイプから外れたや、作画や絵作りというレベルで大差がありホントに同じゲームなのかと突っ込みたくなるなど多岐にわたる。

それぞれのにいる時に-ボタンを押すと、に関する情報が書かれた観光パンレットを閲覧する事が出来る。そのに済むな種族、均気温、発達した産業などの基本的な知識や、そののおすすめスポットや特徴的な文化などが詳しく記されているので、一見の価値あり。

帽子の国「カブロン」

伝統と格式を重んじる、モノクロな外観の
帽子を模したなど、デザイン性の高い建築の町が存在する。

滝の国「ダイナフォー」[画像]

大瀑布がおりなす地上最後の秘らしい。
太古の昔に生息していたという恐竜ティラノサウルス」が生きたまま登場する。

砂の国「アッチーニャ」[画像]

均気温40℃という灼熱の砂漠ピラミッドなどもあるがエジプトよりメキシコの要素が強く、カラフルな町と陽気な住人が出迎えてくれる。
初めて訪れた際は異常によりあちこちに氷が発生するほど寒い状態になっており、マリオを放置すると凍えているのが分かる。

森の国「スチームガーデン」[画像]

ステージ全体が巨大な温室の中という、植物機械ユートピア
有機物ではなく管理用のロボットたちが住人となり、の生育がな産業となっている。
上層部は製の建物で出来ており、下層部のには背の高い木が沢山生い茂っている。

都市の国「ニュードンク・シティ」[画像]


次へ»
最終更新日: 18/11/07 13:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ