ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーマン


ヨミ: スーパーマン
掲示板をミル!
157カキコ!

スーパーマンとは、アメリカンコミックスに登場するヒーローの名称であり、同時に彼を役とした一連の作品のシリーズタイトルでもある。
版権はバットマンなどと同じDCコミックス社にある。


概要


1938年、アクションコミックス創刊号にて初登場する。全身タイツコスチューム、大きなマント、透視線や8マイルをひとっ飛び出来るジャンプなど、後世のヒーローに受け継がれたりそうでなかったりする多くの特徴を当初から備えていた(飛行からの熱線、弱点のクリプトナイトなどは後付けや他メディア設定の取り込みである)。アメコミ歴史において、まさにスーパーヒーローの元祖と呼べる存在である。
すぐ後にデビューしたバットマンワンダーウーマンと並んで、現在DCコミックスの看ヒーローとして活躍している。

また映像作品も多数作られており、日本では原作漫画よりもそちらの方に触れる機会の方が多いと思われる。現在において最新の実写映画2016年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。今後は海外ドラマスーパーガールシーズン2で従妹との共演を果たし、2017年の『ジャスティスリーグ』でも役を務める。1978~87年にかけて発表された実写映画四作を記憶に留めている人もいるだろう。


背景設定


新聞社デイリー・プラネットで働く男性クラークケント。彼は地味ながらも堅実な内容を書く社会記者として知られており、同僚からは屈強な体格の割に大人しく優しげな男だと思われている。
しかしひとたび事件の報を聞けば、クラークスーツを脱いでその下に着込んだコスチュームを露わにする。胸に大きな“S”のアルファベット、背にはマントを翻し、窮地に陥っている人々を救うべく大を飛ぶ。

だ!」「飛行機だ!」「いや、スーパーマンだ!」

スーパーマンことクラークケントは、実は地球人ではない。
かつて宇宙の彼方に存在した惑星クリプトンには非常に高度な文明が築き上げられていた。しかしそのものに避けられない崩壊の時が迫っており、執行官ジョーエルは当時まだ赤子であった息子カル・エルを脱出ポッドに乗せ、未開の惑星であった地球に向けて送り出したのだった。
その直後にクリプトン全に崩壊。故郷を失った赤子を拾い育てたのは、カンザス州スモールヴィルに暮らすケント夫妻だった。カル・エルは彼等の息子としてクラークという名を授かり、立に成長してゆく。

そして成人したクラークは大都市メトロポリスに移住し、デイリー・プラネットに入社。クリプトン人としての強大なを人々の役に立てる一方、その優れたでは救えない人々は記者としてペンで救う事を信条とし、スーパーヒーロー記者という2重生活を送っている。

尚、設定に関しては1986年の「マン・オブ・スティール」という短期刊行誌をに「旧設定」と「新設定」が存在しているとされるが、これは前述の「マン・オブ・スティール」が邦訳された際の説明を踏襲したものであり、現在の邦訳誌などでは「プレクライシス期」「ポストクライシス期」とされる時期それぞれの設定として説明されることが多い。これはアメコミ60年代に平行世界世界観に導入したことによる設定の雑化と、それを解消する為の大連動企画である1985年の「クライシスオンインフィニットアーシズ」(COIE)による、作品内での平行世界融合による歴史改変を理由とした、設定の大幅な変を行ったことによるものである(余談ではあるがこのCOIE現在アメコミクロスオーバー形態の基礎を築いた「伝説」であり、アメコミにおいて作品内の出来事による歴史改変という形での設定変更が横行しがちになっている発端ともいえる作品ともいえる)。
本稿では基本的に新旧共に採用されている設定と、新設定以降に加わった物を取りまとめた形にしてある。


コスチュームに関して


代名詞ともいえる程特徴的な全身を覆うタイツマント地球で彼を育てたマーサ・ケントのお手製で、特別な布ではないが後述する体表を覆うフォーフィールドのお陰で強耐久性を有すコスチュームとなっている。ただし体から離れているマントフォーフィールドの範囲外となり損傷しやすい。尚、旧設定の頃はこのコスチュームに使われた布自体がクリプトンからスーパーマンと共に送られてきた地球外の特別な物質であるために、強耐久性を有しているとされていた。胸に刻まれている「S」マークも、当初「SUPERMAN」の「S」であったがその後の設定変更により、生まれ故郷のクリプトンにおけるエル家紋であり、アルファベット「S」に似てるのは偶然という事になった。

2011年の「フラッシュポイント」においてDCコミックスの設定・世界観刷新が行われた以降の世界ニュー52」では、コスチューム下部のパンツはなくなり(代わりにいベルトが付いた)、リブート作『マン・オブ・スティール』にもこのデザインが踏襲された。


能力


特定の種類の太陽エネルギーとする事で発揮される超能力
細胞バッテリーの様に太陽エネルギーを蓄積出来るので、間に活動不可能になるという訳ではない。また、地球黄色太陽とは違うクリプトン太陽のような赤色太陽は逆にスーパーパワーを減衰させる)頭スーパーコンピューターを圧倒する解析・計算を持ち、視覚(望遠・透視が可で、赤外線・X線での感知も可。ただしだけは透視出来ない)・聴覚が鋭敏で群集の中から個人のを聞き分け、80トンの重量を持ち上げる腕、最高で時速800万kmの飛行速度に加え、全身を覆うフォーフィールドにより40メガトンの核爆発にすら耐える防御を有し、更にはから発する高温線(ヒートビジョン)で物体の破壊や溶解、口から発する低温の吐息スーパーレス)で物体を冷凍させたり、この吐息は本気で吹くと竜巻さえ起こせる。

ある程度の催眠術も有している様で、普段周りの人間クラークとスーパーマンの類似に気付かないのは、
この催眠波で暗示を与えてるおかげで正体を気付かれない。

…などなど各種のチートを有し、DCコミックの中でも彼に匹敵するスペックの持ちは少ない(そこそこいる)…が、最近は(バットマンを始めとする他のヒーローとの共闘を考慮すると「もう全部あいつ…」状態になりかねないので)若干弱体化してる雰囲気がある(弱くなったというより、過剰な「最強演出」を抑えた感じ)。
尚、人間と同じ酸素呼吸ではあるが、肺に吸気を圧縮させる事で宇宙空間での活動も可である。


弱点


クリプトナイトと呼ばれる鉱物。かつて爆発した惑星クリプトン内部で複数の元素爆発の際の圧融合・変化して出来た鉱物(プレクライシス期には未知の放射性を通過したクリプトン欠片が変化した鉱物)であり、これから放たれる放射線を浴びればスーパーマンの体は通常の人間レベルにまで弱体化してしまう。さらに長時間放射線に曝され続ければ、それだけで死に至る。地球人にはど効果がないが、長期間放射線を直に浴び続けると人体に局部的な悪影が出てしまうことがある。DNAを変質させるレッドクリプトナイト、死に至らないものの人的を奪うゴールドクリプトナイトといった変種も存在する。

他にも地球黄色太陽とは違う太陽スーパーパワーの減衰をもたらしたり、フォーフィールドを突き抜ける“魔法”やそれ由来の怪力にはやや弱かったり、テレパシー(読心)等も持たない為、その人を疑わない純な性格を利用され敵方のにはまる事も多々ある。


代表的な悪役(ヴィラン)



関連動画



■sm3781951[ニコ動]

■sm2446469[ニコ動]
■sm1286553[ニコ動]
■sm11498829[ニコ動]


関連商品


■azB000JJ5GVK
■azB000FJH7B6
■az4796870709
■azB000FPEMXG
■az4796870792
■az4796871438
■az4864910790
■azB00KIL7UY0


関連項目



最終更新日: 18/04/25 23:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ